JAPAN-ITALY Travel On-Line

イタリア旅行情報サイトJAPAN-ITALY Travel On-line
イタリアのロマネスク 
5 Novembre 2017

第5回 

ログドーロ
サルデーニャの珠玉の聖堂巡り

  
文と写真  Saba彩子 


●人里離れた場所にあるサッカルジャの聖堂
私がこの聖堂を知ったのは写真ではなく図解イラストでだった。そのあまりにも完璧なロマネスクの外観に一目惚れしたが、場所を調べて落胆した。サッカルジャはサルデーニャ島北部ログドーロLogudoro地方、しかもサッサリからひどく離れた場所にあった。リグーリアやトスカーナで慣れ親しんだ白黒の縞模様の簡素な作り、フィレンツェやピサを思わせる幾何学的な図柄が象嵌されている。よく見るとアクセントを添える丸い模様は焼き物のようだ。

何より荒野にポツンと打ち捨てられた姿が、確実に本物のロマネスク僧院だったことを証明して、いよいよ愛おしさを増す。そもそも僧院は人里離れた場所にあった。聖ベネデットは意図的にそうしたのだから、ロマネスク聖堂が行き安い場所にある方が間違いなのだ!と自らに言い聞かせ、数年を要したが訪問出来た時は感動もひとしおだった。

写真トップ@サンティッシマ・トリニタ・ディ・サッカルジャ、回廊跡側から
写真上Aサンティッシマ・トリニタ・ディ・サッカルジャ、遠景

●独自の文化が色濃く残るサルデーニャ
地域差が大きいイタリア中でも、サルデーニャはシチリアに負けず劣らず独自の文化が色濃く残っている。多くのイタリア人と知り合ったが、あるサルド(サルデーニャ男)は特に気難しかった。彼はとても繊細で、若いのに詩や歴史の話をしてご機嫌かと思えば、全く黙り込んで不機嫌だった。郷土愛は強烈で、彼によればアルゲーロはサルデーニャではなく(これにはアルゲーロ人も同意していた)、真のサルデーニャは島の中心部のヌオロのような所だった。彼は毎日そこで湖に潜っていた。当然最終的には個人個人様々だから一様には言えないけど。

●サルデーニャ最高のロマネスク聖堂「サンティッシマ・トリニタ聖堂」
サッカルジャのサンティッシマ・トリニタ(聖三位一体)聖堂はサルデーニャ最高のロマネスク聖堂だが、到達する交通手段はない。サッサリからタクシー、もしくは後から紹介するように、ログドーロ地域のロマネスク聖堂巡りとして1日車をチャーターする事をお勧めする。貧乏、無謀で言葉が出来る私は、バスの運転手に停留所もないのに聖堂脇で降ろしてもらい、そこで出会ったドイツ人夫婦の車でサッサリの宿へ帰った。

写真上左Bサンティッシマ・トリニタ・ディ・サッカルジャ、ファサード   
写真上右Cサンティッシマ・トリニタ・ディ・サッカルジャ、座る動物浮彫彫刻

●不思議な動物にまつわる伝説も
1112年頃建立されたバジリカ様式のこの聖堂には伝説が幾つかある。一つは動物がここに座って祈ったというもので、それを象った彫刻もある。悪魔っぽい顔をした不思議な動物はいかにもロマネスクだ。サッカルジャという名は方言で「斑点のある毛の雌牛」という意味らしいから、祈ったのはそんな雌牛だったんだろう。サルデーニャでは唯一ポルティコ(入り口前の回廊)があり、ルッカの職人によって付け足されたらしい。ルッカにある幾つもの聖堂もこの白黒横島スタイルだ。

写真Dサンティッシマ・トリニタ・ディ・サッカルジャ、内陣フレスコ

シンプルだが力強いロマネスクの内陣にはフレスコが残っている。こちらはピサの職人によるものか。当時の社会が陸路の距離の近さではなく、海路によって強く繋がっていたのがよく分かる。聖堂外には、修道士たちが1日の多くの時間を過ごした回廊跡があり、動物を飼ったり野菜を植えたりしていたのを想像する。バスもないのになぜか結構なお土産を売っていて、管理人が迷い猫をそこで育てていた。

●ログドーロ地方の聖堂めぐり
ここまで行く気合のある人だったら付近の聖堂を巡ってしまおう。「サン・ミケーレ・ディ・サルヴェネーロ聖堂」は厳格なヴァッロンブローサの修道士たちのもので11世紀建立。「サンタ・マリア・デル・レーニョ聖堂」は1107年に聖別されている。

写真上左Eサン・ミケーレ・ディ・サルヴェネーロ聖堂   写真上右Fサンタ・マリア・デル・レーニョ聖堂 

「聖アンティオコ・ディ・ビザルチョ」は11世紀後半にピサによって建てられた。他の聖堂と違いゴシック時代に入って改築しようとした跡が興味深い。「ノストラ・シニョーラ・ディ・カストロ聖堂」は起源は古いが12世紀後半にロンバルディア風に改築された。湖畔に立つ姿はのどかで映画のようだ。

写真上左Gサンタンティコ・ディ・ビザルチョ聖堂   写真上右Hノストラ・シニョーラ・ディ・カストロ聖堂

「サン・ピエトロ・ディ・シンブラノス聖堂」も1113年の記録がある。ファサードには修道院長と二人の修道士のとても楽しそうな浮彫があり、祈っているというより踊っているようだ。これも孤立無援の立地条件といい、サッカルジャと並んで魅力的な聖堂だ。

写真上Iサン・ピエトロ・ディ・シンブラノス聖堂  

●聖ベネデット派「ノストラ・シニョーラ・ディ・テルグ聖堂」
ツアーの最後を飾るのは「ノストラ・シニョーラ・ディ・テルグ聖堂」。ここには西洋修道制の父、聖ベネデットのモンテカッシーノ(ローマ近郊)からやって来た修道士たちが住んでいた。そのためか他の可愛い聖堂と違ってどこか威厳がある造り。今もミサがあげられていて祭壇周辺は新しいところも違っている。その上、カステルサルドから遠くなく行き安いのもあってか、今だに生きた聖堂なのに驚かされる。

写真上Jノストラ・シニョーラ・ディ・テルグ聖堂

●旅をする感慨の湧き起こる聖堂巡り
駆け足でサルデーニャ北部、ログドーロのロマネスク聖堂を紹介しました。近隣の都市はサッサリだけど、サルデーニャは正直言って旅行者には難度の高い所。さらに修道院付きロマネスク聖堂は人里離れた場所にあるのが鉄則なので、最高難度と言っていいかも。でもそれだけに分厚い石の深い冷たさを肌で感じたり、他に一軒も建物が見えない場所で、何百年もそこにいる面白おかしい彫刻たちと顔を突き合わせていると、空間だけでなく、時間においても旅をしているという感慨が沸き起こって来る。ごった返す観光地をチラッと見ては団体バスで移動する旅の、真逆の旅がここにある。

筆者プロフィール
Saba彩子(サバサイコ)
こんにちは。Saba彩子(サバサイコ)です。東京生まれ。渋谷、青山、新宿辺りに出没。美大とイタリアの外国人大学卒業。デザイナーを10年ほどやった後、大学院に行き直し、中世の木彫磔刑像と巡礼について修士論文を書きました。現在は通年で首都大学東京オープンユニヴァーシティ、放送大学では集中講座を受け持っています。内容は西洋美術史とイタリア史に関するもので、詳細はその時々により様々です。ボクシング、ロック、芸術映画、欧米社会派犯罪ドラマが好きです。 「人はパンのみに生きるにあらず」を実践していけたら最高です。 美術と主にイタリア関係のサイトをやってるのでどうぞよろしくお願いします。 http://www.fedesperanzacarita.com   http://tutto-italia.seesaa.net

http://www.japanitalytravel.com
© JAPAN PLUS ITALY - MILANO 2013 All rights reserved