JAPANITALY Travel On-line

イタリア旅行情報サイトJAPAN-ITALY Travel On-line
200周年 ミラノ・ブレラ美術館の楽しみ
 

15 dicembre 2009

続編 カルロ・クリヴェッリの特別展でしめくくり

石橋 典子


●没後300年を経て世界的名声を
1809年、ナポレオンの希望で設立されたブレラ美術館は、今年創設200周年を迎えた。その記念にいくつかの特別展が開催されたが、そのしめくくりは、11月26日から来年3月28日まで開催されるカルロ・クリヴェッリ展である。

カルロ・クリヴェッリCarlo Crivelliは、1430年ごろヴェネツィアに生まれ、マルケ地方の内陸アスコリ・ピチェーノやカメリーノの宗教画を描いて活躍する。「ゴシック」とも「ルネッサンス」とも分類できない、不思議な魅力をもった画家である。

ベッリーニやマンテーニャと同時代人だが、彼らのように有名ではなく、特にヴァザーリが取り上げなかっため、美術史上ほとんど無名だった。クリヴェッリは、生まれ故郷のヴェネツィアには戻らず、もっぱらマルケ地方の教会のための巨大な黄金に輝くポリプティク(多翼祭壇画) などを製作した。

写真トップ:カルロ・クリヴェッリの「聖母子像」
写真左・中・右:カメリーノの聖ドメニコ教会収蔵の「多翼祭壇画」

●巨大な黄金に輝く多翼祭壇画
今回展示されている3つの多翼祭壇画のうち最も古い聖ドメニコ教会のそれには、鍵、杖、宝石が三次元的にはめ込まれている。教会に飾られてあった彼の絵が世界的に有名になるのは、それから300年以上たってから。
美術館創設から2年後の1811年に、ナポレオンの命令で、マルケ州から戦利品として没収する絵画を収集した役人たちは、1400年代後半のクリヴェッリの作品13点、祭壇画2点、カメリーノの大聖堂、聖ドメニコ教会の二つの祭壇画を構成していた絵10点をミラノのブレラに運ぶ。新設の美術館、美術学校のためにという目的で、これほど大量の作品がミラノに持ち込まれたのだが、やがて、それはばらばらにされ、多くが失われる。
聖ドメニコ教会の多翼祭壇画は、ミラノにほぼ完全な形で運ばれたものの、額は外され、戴冠の3つのシーンは、他の画家の作品の購入のために交換で手放された。同様にしてアスコリ・ピチェーノから運ばれた「受胎告知」はロンドンのナショナル・ギャラリーに、「聖ピエトロの鍵」はベルリン博物館に展示されるようになった。
このように、ブレラ美術館創設直後に集められた彼の作品は、画商や古美術商を介して、ブレラから手放され、やがてヨーロッパへと広がっていき、ヨーロッパのその他の都市での美術館開設に一役買うことになったのである。


写真:ロンドンのナショナル・ギャラリーから来たカルロ・クリヴェッリの「受胎告知」

ヨーロッパに散り散りになったクリヴェッリの祭壇画が、今回200年を記念して、再びブレラ美術館に、元の形で展示されるので、これを見逃してはならないだろう。

なお展覧会には、クリヴェッリの絵画の脇に、絵の中に描かれた絨毯(その後この絵の模様からクリヴェッリ絨毯と呼ばれることになった)、ナイフ、つぼなどが展示されている。


データ

ブレラ美術館
Pinacoteca di Brera

Via Brera 28、20121 Milano
http://www.brera.beniculturali.it/
tel. 02722631 - fax: 0272001140
開館時間 8:30から19:30 (入場は閉館45分前まで)
休館日 月曜、1月1日、5月1日、12月25日
入館料 10ユーロ  年間入館券 20ユーロ

●カルロ・クリヴェッリの特別展
ミラノ、ブレラ美術館、XX、XXI、XXII展示室にて
2009年11月26日から2010年3月28日まで

ブレラ美術館 200周年記念 今年のイベント
●1月18日〜3月29日、カラヴァッジョ特別展
●3月19日:ラファエロの『マリアの結婚』修復後のお披露目
●4月7日〜6月2日:ロンバルディアの風景画展(1817〜1822)
●5月5日:修復されたアントニオ・カノーヴァ作のナポレオンの石膏像
●6月11日〜9月20日:初代館長ジュゼッペ・ボッシの時代展
●10月15日〜2010年2月5日:クリヴェッリ展
●11月11日〜2010年1月10日:第1次、第2次世界大戦時代のミラノ(写真展)


石橋典子(Ishibashi Noriko)
東京大学薬学部、文学部イタリア文学科卒。イタリア語通訳、翻訳家、
訳書:「無意識の証人」「眼を閉じて」(文春文庫)。ミラノ在住

アート・カルチャー・イタリア語 200周年 ミラノ・ブレラ美術館の楽しみ
アート・カルチャー・イタリア語 アルキーヴィオへ このページのTOPへ HOME PAGEへ

http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.