JAPANITALY Travel On-line


   
編集後記
2009年2月16日


JITRA編集室 大島悦子


■87年の歴史を持つフリウリのモザイク学校
イタリアの北東部に位置し、北はオーストリア、東はスロベニアと国境を接するフリウリ - ヴェネツィア・ジュ-リア州。サン・ダニエルの最上級生ハムや個性的なDOPモンタジオ・チーズなど豊かな食文化でもこのところ注目度の上っている州である。


先週、この州のスピリンベルゴSpilimbergoという小さな町にあるモザイク学校を訪れる機会を得た。正式名称は「フリウリ・モザイク師養成学校」Scuola Mosaicisti del Friuli。小さな職人工房のような学校という事前の先入観とは異なり、広く近代的な設備の整った校舎にまずは驚く。3年制のこの学校には『プロのモザイク師』を目指す学生が地元やイタリアだけでなく世界20数ケ国から集まってきている。毎週27時間も実技に当てるとあって、生徒たちの共同制作のモザイクの床や、歴代の卒業制作の秀作、あるいは世界的アーティストとの共同作品まで実に多様な作品が3階建ての校舎の壁から床、はては階段までそれは見事に展示されている。校舎内をたどっていくと、古代ローマに始まり、ビザンチン、現代モザイクと展開するモザイクの広さ、深さ、豊かさを体験できる仕組みにもなっている。


創立は1922年だから今年で87年になる。もともとこの地域ではモザイク職人の歴史があり、ベネツィアのサン・マルコ寺院の有名なモザイクもこの地の職人が手掛けたというのが地元の自慢だ。山頂を美しい雪で覆われたアルプスを望む『モザイクの里』スピリンベルゴは、ポルデローネやウーディネからおよそ30キロの場所にある。
同校では毎年、夏には初心者用に1週間の短期コースを開催している。プロではなく趣味でモザイクを試みたい人のためのものだが、コース修了時には小さいながら自分の作品を完成させるという。おだやかなフリウリの町でモザイクを楽しむ、一味違うイタリア体験、JITRA読者の方でチャレンジしてみたい方はいらっしゃいませんか。 (Etsuko Oshima)

Scuola Mosaicisti del Friuli 
Via Corridoni 6、33097 Spilimbergo (PN)
www.scuolamosaicistifriuli.it info@scuolamosaicistifriuli.it

 

編集後記
もっとイタリアを知る アルキーヴィオへ このページのTOPへ HOME PAGEへ

 
http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.