JAPANITALY Travel On-line


   
編集後記
2009年6月15日


JITRA編集室 大島悦子


●ミラノ中心部にあるミッソーリ広場の遺跡が一般公開中です。
ミラノのドゥオーモ広場から徒歩で5分位の場所にミッソーリ広場Piazza Missoriがあります。この広場は交通の要所で幾つもトラムが通り、人通りも多く、高いオフィスビルもあれば、ショップもホテルやレストランなども沢山ある場所です。実はこの広場、これまで何百回と通っているのですが、そのたびに広場の真ん中にある濃茶色の古ぼけた廃墟のような遺物が気になっていました。戦争で爆破されてしまったのかしら?何だろう?と思いつつも、回りの柵も閉まっているためそのままになっていました。
たまたまミラノ県の情報誌を見ていて、この遺跡が5月半ばから一般公開されているのを知りのぞいてみました。


わかったのはミッソーリ広場の真ん中に残っている「残骸」は「サン・ジョバンニ・イン・コンカ」という「聖堂」の一部であること。この聖堂は、紀元5世紀ごろに建てられたミラノ有数の初期キリスト教教会の跡に11世紀ごろに再建されたもの。そしてその後、高い鐘楼も建てられ立派な聖堂となった時代もあったものの数奇な運命をたどり、結局は戦後の1948年、ミラノ中心部の道路拡充計画のため、「解体」されてしまったことを知りました。戦争で爆撃にあったのではなく戦後の発展の「犠牲」になった歴史的建築物だったのです。そのおかげで、現在の活気のあるこの広場があるのですから、都市近代化と歴史保存の関係は何とも複雑といわざるをえませんね。


●ミラノの歴史の証人 クリプト(地下祭室)を気軽に見学してみませんか。
幸い、この聖堂地下にあるクリプト(地下祭室)は残り、その後内部は修復されました。今回一般公開されているのはこのクリプトなのです。階段を下ってクリプトに入ると清清しい空間があります。広さは学校の教室位で大きくはありませんが、クリプトのさらに下にあった帝政ローマ時代の豪邸の貯水槽も残されており、さらにローマ時代や中世の彫刻や作品も展示されています。

ミラノのファッションストリートと目の鼻の距離にあるミラノの歴史を語る証人ともいうべき遺跡。ミラノ散策の途中でのぞいて、タイムスリップしてみませんか。涼しいので強い日差しをしのぐ場所としても悪くなさそうです。
これまでは予約をしないと見学できませんでしたが、年内は一般公開が続きます。開館時間:火曜ー土曜 9:30−17;30 (日曜・月曜休み) 入館無料。
写真 上段:ミッソーリ広場、中段:左 かっての同聖堂の姿を示す1734年の版画 右 クリプトへの階段、 下段:左 クリプト内部  右 動物を描いた柱頭 (12世紀) 
(Etsuko Oshima)
 

編集後記
もっとイタリアを知る アルキーヴィオへ このページのTOPへ HOME PAGEへ

 
http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.