JAPANITALY Travel On-line


   
編集後記
2011年3月15日
JITRA編集室 大島悦子

●東北関東大震災の犠牲者の方々、被災地、及び被害にあわれた方には心からお見舞い申し上げます。また日本の皆様のご無事を心よりお祈り申し上げます。


●イタリアの人々からの励ましのメッセージをお伝えします。
イタリア時間の3月11日(金曜)の朝、RAIの定時TVニュースで日本の地震発生を知りました。刻々と伝わってくる地震の大きさ、そして津波の想像を絶する被害。イタリアのどの新聞もTVニュースでもトップは日本の地震と津波、そして今は福島原発関連いう現象が続いています。
在イタリアの日本人の友人たちと連絡をとったり、あるいは日本の家族や親類、友人・知人と電話やメールで連絡をとりあいながらも、日本から遠くミラノにいる身にとっては心配や不安は募る一方です。そんな中でイタリアの友人・知人、近所の人々からの励ましの一言は心に響きます。

昨日14日午後、福島の原発関連ニュースをTVで見た後、外出し、トラムに乗ると隣に乗り合わせた40歳位の女性が「日本人の方ですか」と声をかけてくれました。「大変なことになりましたね。テレビでみて心配しています。日本のご家族は大丈夫ですか?」と。私が理解している範囲で状況を説明すると、周りの人々もうなずきながら聞いてくれました。

マテーラに住む友人アンナから今朝(3月15日)に届いた真心のこもったメールを下記に紹介しましょう。
「すべてのイタリアの人々と同様、私も刻々と伝えられる映像を通して、日本の悲劇を自分のことのように体験しています。この苦しみに日本の方々が立ち向かっているその勇気、威厳、そして落ち着いた態度を心から尊敬しています。貴女や貴女のご家族が皆さん無事であることを心から願っています。
何もできませんが、日本のためにそして事態がいい方向に向かうことを祈るばかりです」
JITRA 編集長
大島悦子 Etsuko Oshima


 

編集後記
もっとイタリアを知る アルキーヴィオへ このページのTOPへ HOME PAGEへ

 
http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.