JAPANITALY Travel On-line


   
編集後記
2012年4月15日
JITRA編集室 大島悦子

●旅行便利帳に「ミラノ総領事館 安全・安心情報」のページが出来ました。
旅行といえば、楽しい体験、新しい発見が沢山あると思いますが、せっかくの旅行が台無しにならないように旅の安全・安心にも気をつけたいですね。
ミラノでは、ミラノ総領事館が「安全対策連絡協議会」という会合を設けておられ、私もJITRA編集長として、そのメンバーをおおせつかっています。以前と異なり、団体旅行ではなく、個人でイタリアを旅行する方が増大する中、どうしたら、在留邦人や邦人旅行者等の安全を確保するための様々な情報を提供できるか?というのが大きな課題となっています。そんな中で、ミラノ総領事館からの依頼を受けて、イタリア旅行情報サイトとして定着しているJITRAやメルマガを使って、安全安心情報普及のお手伝いをさせていただくため、JITRA旅行便利帳に「ミラノ総領事館 安全・安心情報」のページを設けました。
日本人が巻き込まれるイタリアでの犯罪や被害はどんなものが? イタリアで犯罪・被害にあってしまった際は?などすぐに役立つ情報が掲載されています。是非、ご活用ください。
「ミラノ総領事館 安全・安心情報」詳細は下記URLで   
http://www.japanitalytravel.com/benri/anzen.html

●東日本大震災を記念したミラノとトリノの草の根イベントを紹介します
東日本大震災を記念してミラノとトリノで開催された草の根交流イベントのメッセージがミラノのハンドメイド雑貨店ラ・ザッカ代表、今 真由美(Kon Mayumi)さんからJITRA編集部に届きましたので、先号に続いてご紹介したいと思います。


「日本からのメッセージ〜震災から私たちが学んだこと〜」
3月11日から17日までミラノで、18日はトリノで開催された震災チャリティーイベントは、津波の瞬間を収めた写真展(元南三陸新聞・及川氏の写真展)/イタリアで活躍するアーチストさん作品のバザー/日本の文化講座(新聞バッグ、折り紙、キャンドル)からなり、日本好きなイタリア人を中心に多くの方々にお越しいただきました。
震災後に日本で生まれた新しい流行・価値観を知ってほしいという企画で、新聞紙バッグやツナ缶キャンドルを作ったりというワークショップが盛況でした。来場者からは、被災地の方々がこの1年間示してくれた「踏ん張り」に対して高い評価の声をいただきました。
手仕事で復興支援&交流というテーマだったこともあり、被災地の方が作った作品とイタリアの女性の作ったものを物々交換したりと、温かみのあるイベントになりました。
集まった募金1600ユーロは、宮城のNPO「海の手山の手ネットワーク」さんに寄付されます。 

La Zacca 代表 今 真由美さん http://lazacca.com

もうすぐゴールデンウイーク。そしてあと3ケ月もすれば夏休みシーズンですね。
この機会にぜひ、イタリア旅行をエンジョイなさって下さい。 

JITRA 編集長
大島悦子 Etsuko Oshima


 

編集後記
もっとイタリアを知る アルキーヴィオへ このページのTOPへ HOME PAGEへ

 
http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.