JAPANITALY Travel On-line


   
編集後記
2012年5月15日
JITRA編集室 大島悦子

●「オススメ旅行先」のレイアウトを刷新しました。
5月はじめ、JITRA編集部に読者の長谷川直美さんから寄稿が届きました。南イタリアのサレルノで体験された料理教室の紹介で、今号の「オススメ旅行先」に掲載させていただきました。

神奈川県横浜市在住の長谷川さんは、長年の夢であったイタリア各地での2−3ケ月の「ロングステイ」を2009年からご主人とともに楽しんでいらっしゃいます。短期間の旅行だけでなく、少し腰を落ち着けた「ステイ型」のイタリアを楽しみたい方にも、参考になる内容だと思います。
なお、今号を機に、オススメ旅行先の写真サイズを拡大しレイアウトを刷新しました。これからも多くの読者の方々からの当欄への寄稿をお待ちしています。どうぞよろしくお願いします。

●ミラノのドゥオーモ前広場にドキッとするインスタレーション!
4月末のことです。何気なくドゥオーモ前広場を通ると、ドゥオーモ広場に2010年12月にオープンした「1900年代美術館 Museo del Novecento」脇に、「え?」と驚くシーンが見えました。


作業着を着た大勢のワーカーが「行進」をしているインスタレーションです。ただし、行進をしている人々に「頭」はありません。近くに寄ってみると、「100 Sogni Morti sul lavoro」すなわち、「労災事故による死亡者100名の夢」というアート作品でした。 ミラノ市が、労働災害や労災死傷者を防ぐためのキャンペーンとして5月1日のメーデー(イタリアでは「Festa del lavoro(労働の祭)」)を機に4月21日から5月2日まで設置していることがわかりました。ミラノの顔であるドゥオーモ前でアートの形で強い社会的メッセージを発するこの試みに強い感銘を受けました。

JITRA 編集長
大島悦子 Etsuko Oshima


 

編集後記
もっとイタリアを知る アルキーヴィオへ このページのTOPへ HOME PAGEへ

 
http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.