JAPANITALY Travel On-line


   
編集後記
2013年10月15日
JITRA編集室 大島悦子

●ガリバルディ駅近くの新超高層ビルにミラノのホットスポット「ガエ・アウレンティ広場」が誕生しました!
保守的で変わらないといわれているイタリアの都市空間。 毎シーズンごとに流行の変化するファッションやデザインの都ミラノも都市空間自体はほとんど変わりません。 とはいえ、2015年開催の「ミラノEXPO201」を控え、ミラノの姿も変貌しつつあります。その一つがガリバルディ駅近くの「ポルタ・ヌオーヴァ Porta Nuova」地域です。 

写真下:ガリバルディ駅近くの新しい超高層ビル

果てしないほどの長い工事間を経て、ガリバルディ駅周辺には、少しずつミラノの新しい顔が現れ始めています。その代表ともいえるのがイタリアを代表する銀行「ウニクレジトUNICREDIT」の超高層ビル前に設けられた「ガエ・アウレンティ広場Piazza Gae Aurenti」でしょう。ガエ・アウレンティは、現代イタリアを代表する女性建築家&デザイナーです。作品のうち有名なものには、パリのオルセー美術館など既存の建築を改修した美術館建築が含まれています。2012年に逝去したため彼女を記念して同広場の名前となりました。10月初めの土曜日、好奇心一杯にこの広場を訪れてみました。

メトロ(あるいは国鉄)のガリバルディ駅を降りると、あたかも新宿副都心のような超高層ビルが建っていて驚きました。同駅前の横断歩道を渡り、屋外エスカレータを上ると、ガエ・アウレンティ広場が広がっています。広場の目玉の一つとなっているのが、イタリア最大手の出版社Feltrinelli社経営の「レッドRED」と呼ばれる複合ショップです。

写真上左:広場の目玉 複合ブックショップ、「レッドRED」  写真上右:同ショップ内  

「RED」は、「Read, Eat, Dream」の略。本を買うだけでなく手に取って読んでみたり、お茶や軽食、食文化を楽しんだり、一息いれることのできる場所です。レッドを基調とした斬新でいて暖かみのある店内には持参のPCで「勉強中」の人もいればコーヒーを前に談笑中のグループ、ギフト用の本を探す人などで一杯でした。

広場には「MUJI」のショップもあれば、素材にこだわるジェラートで知られる人気のGROMが店をだしています。広場の真ん中は「水辺」になっていて小さなさざなみがよっていました。春から夏にかけては気持ちのよいスペースになること間違いありません。

写真上左:「MUJI」ショップ   写真上右:広場の真ん中の「水辺」

日曜に訪れたためか、家族連れ、犬連れの人が大勢、新しい広場にやってきていました。 超高層ビルにできた新しい広場ですが、楽しい路面店と人の賑わい、交流の場、まさに、イタリアの伝統的な広場のコンセプトをここでも再現しているようです。

写真上左:「ガエ・アウレンティ広場」の標識 写真上右:ガルバルディ駅下車、同広場へのアクセスとなる階段と屋外エスカレーター(エレベータもあり)

住民にとっても旅行者にとっても新しいミラノのホットスポットとなりそうです。

JITRA 編集長
大島悦子 Etsuko Oshima


 

編集後記
もっとイタリアを知る アルキーヴィオへ このページのTOPへ HOME PAGEへ

 
http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.