JAPANITALY Travel On-line



検索
HOME PAGE

わが町観光自慢
ワイン料理紀行
南イタリア小都市探訪
知られざる博物館

フレッシュレポート
ホテル!
グルメ!
ショッピング!
トピックス!
イベント!

イタリア自然紀行
温 泉
アグリツーリズム
スキー

読み物・エッセイ
イタリア映画の旅
クレモナの工房から
元OL料理修行記
ローマ子育て日記
スポーツ万歳
旅会話レッスン

読者参加スペース
アンケート
メールマガジン申込
私のお気に入り
とっておきの旅

イベントinジャパン
日本で楽しむイタリア
日本における
  イタリア2001


イタリアカレンダー

ア−ト・デザイン
オペラ・バレエ・
クラシック

伝統行事
スポ−ツ

旅行便利帳
旅行前の心得
為替・物価情報リンク集
交通情報リンク集 
イタリアマップリンク集
イタリア情報リンク集
 
JITRAについて
掲載記事一覧

スペシャルガイド
宿泊先
レストラン
ショップ
サービス・その他
州別観光情報
 
バックナンバー
我が町観光自慢
ワイン料理紀行
小都市探訪
知られざる博物館
フレッシュレポート
イタリア自然紀行
読み物・エッセイ

 
イタリア自然紀行 バックナンバー 温 泉
 
   
14 June 2001
チロルの丘のフィトテラピー HEUBAD


フィェ・アッロ・シリア−
FIE’ ALLO SCILIAR 




トレンティーノ・アルト・アディジェ州
Trentino - Alto Adige
photo



1. FIE' ALLO SCILIAR/VOLS AM SCHLERN フィェ・アッロ・シリア−について
ヴェローナからトレント、ボルツァーノと北上し、オーストリアのすぐ手前、ドロミテ山塊をのぞむ南チロル地方。オーストリア・ドイツの支配下におかれていたため、イタリアでありながら共通語はドイツ語、町の表示はすべてイタリア語・ドイツ語の両方で書かれています。人々も建物もイタリアのイメージとは違い、さながらドイツにいるような錯覚におちいります。
ボルツァーノから、曲がりくねった山道をどんどん登り、標高908mの人口わずか2,700人のチロルの村、眼下には雪解け水をうけたIsarco イサルコ川が悠々と流れ、ヨーロッパ最高峰、最大のシウジ高原Alpe di Siusiが目の前に広がります。このなだらかで豊かな牧草地は、昔から放牧がさかんです。

2. 温泉を楽しむ
今回は、お湯ではなく、なんと干草! 干草風呂、ドイツ語でHeubad=ホイバットといいます。私はその名のままのホテル"ホイバット"Hotel Heubad の干草風呂/Heubadにて、フィトテラピーを体験しました。

パンフレットを見て、ぜひとも試してみたかったところの一つで、写真をみるかぎりでは干草の中に入るのだと思っていました。10年前は確かにそうでしたが、現在はウォ−ターベットの上に1時間お湯に浸した干草を敷き、その上に直に横たわりまた干草で覆います。初めは痛いのではと、すこし抵抗がありましたが、以外や以外、お湯に浸された干草は素肌になんの刺激もありません。

干草の香りに包まれ、もう全くのハイジ状態です。45-48℃に保たれたウォ−ターベットと、発酵状態の干草によって10分ほどすると、汗がでると説明がありましたが、ファンゴ(泥)パックのときほどではありませんでした。 ところが、20分ほど干草につつまれた後、別室に移って30分ほど休むのですが、このとき、汗の出ること出ること! 自分でも驚くほど、汗が出ました。身体の中の老廃物をすべて出しきり、さらにフィトテラピーで心身ともに、すっきり・リフレッシュ!

この地方では、200以上も前から行われている療法で、医学的にも関節炎・腰痛・神経痛・痛風・外傷の後遺症・痩身などに効果が認められています。
ここで使われる干草は、標高2000mのミネラルをたっぷり含んだ土地で肥料を一切使わず栽培されたものを使っていますので、衛生的にも信頼できます。 なんと一人あたりに使われる干草の一回の量は3〜4kg。10年前、ウォ−ターベットのなかったときは、部屋に干草を敷き詰めていました。
ホテルのオーナーのKompatscherコンパーチャーさんいわく、現在では、高品質の干草を確保することがむずかしくなってきているとのこと。彼のこの伝統ある干草療法にかける情熱が、いつまでもわたしたちを心身ともにリラックスさせてくれることでしょう。
ここではまたオリジナルの10種類以上のTisanaハーブティを目的に合わせて、療法の前には、利尿効果のあるもの、療法後には水分補給と味わうことができます。

オーストリアの自然化粧品keuner'sもここで手に入れることができます。今回私の試した、schmiereは、ボディ用のリフレッシュオイル。肩こり、腰痛、足のむくみに効果的で、カンファーがやさしく作用します。

3. 一言アドバイス
春のアスパラガスのシーズンは、療法と宿泊、食事のセットになったお得なメニューが、1週間で 1,100,000リラ、10日間で、1,550,000リラ。5/20〜8/26までは、1週間で 1,200,000リラ〜、10日間で 1,680,000リラ〜。
7月には、水彩画教室と、療法+マッサージ各2回がセットになって1週間で 1,000,000リラ。
10/28〜11/4療法と宿泊、食事のセットになったお得なメニューが、1週間で 1,100,000リラ。
ビューティパックが、療法+マッサージ各2回、リンファドレナージュ、フェイストリ−トメント、ペティキュァさらにプール・サウナ・ミストサウナ・ジャグジー込みで、350,000リラは、とってもお得!
干草風呂 45,000リラ、マッサージ(50分)60,000リラ
宿泊の方は、バスローブ、ドライヤー付き、スリッパは、持参して下さい。
療法のみの方は、ロッカー、シャワールーム、ドライヤーあり、スリッパは、持参して下さい。
屋内外のプール、ジャグジーを目的の方は、水着・水泳帽子を持参して下さい。
療法は、お湯で柔らかくなった干草を使いますので、違和感はまったくありませんがコスチュームを使っても問題はありません。ただ、草の色がつきますので、あらかじめご了承下さい。

4. おすすめ情報
このチロル地方では、豊かな大地からたっぷり恩恵を受けた、四季折々の材料を使った料理を、村中のレストランにおいて味わうことができます。村中のレストラン主催のグルメ祭りGourmet Festaが、春と秋に行われます。
6月には、自然食材を使った、ナチュラル料理祭Cucina Naturale。 10月は、伝統料理祭、それぞれのレストランが、伝統料理を現代風にアレンジし、自慢の特別料理を披露します。この地方の特産物きのこfunghiや栗castagnaが、ふんだんに使われます。
療法は、痩身にも効果的ですが、あまり期待できないでしょう....!?

ドイツのロマンッチック街道のお城を思い出させるプロセルス城Castel Proselsでは、結婚式も行うことができます。

ドロミテまでは30分、冬にはパウダースノーをお楽しみいただけます。




アクセスインフォメーション

(電車利用)ミラノからミュンヘン行きの電車が便利!乗り換えの必要がありません。ボルツァーノBolzano下車、約3時間20分。または、ミラノ、ヴェネチアよりヴェローナ乗換え。
ボルツァーノBOLZANOより、バスにて、フィェ・アッロ・シリア−Fie' allo Sciliar下車、約20分。

(車利用)ミラノ・ヴェネチアより高速道路A4、ヴェローナから高速道路A22にてトレントTrento方面へ、ボルツァーノ北Bolzano Nordの出口、フィェ・アッロ・シリアーまで約11キロ。

施設の開館時間:月〜金7:00-12:00/15:00-18:00 土7:00-12:00
電話:(国番号39)0471-725020 / FAX: 0471-725425
e-mail:hotel.heubad@dnet.it
HP:www.bagnidifieno.it




著者プロフィール

TOMOKO
メイクアップ アーティスト。 Shu uemura 東京インストラクターとしてスタッフ教育にあたり、 また一般女性対象の各種セミナー・メイクアップショウ・雑誌等で活躍。1995年渡伊。 ミラノコレクションから各ブランドのアドバタイズメント、一般女性対象のメイクアップ、スキンケアセミナー等で活躍中。



 




イタリア自然紀行バックナンバー 温泉
このページのトップへHOME PAGEへ


 
http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.