JAPANITALY Travel On-line



検索
HOME PAGE

わが町観光自慢
ワイン料理紀行
南イタリア小都市探訪
知られざる博物館

フレッシュレポート
ホテル!
グルメ!
ショッピング!
トピックス!
イベント!

イタリア自然紀行
温 泉
アグリツーリズム
スキー

読み物・エッセイ
イタリア映画の旅
クレモナの工房から
元OL料理修行記
ローマ子育て日記
スポーツ万歳
旅会話レッスン

読者参加スペース
アンケート
メールマガジン申込
私のお気に入り
とっておきの旅

イベントinジャパン
日本で楽しむイタリア
日本における
  イタリア2001


イタリアカレンダー

ア−ト・デザイン
オペラ・バレエ・
クラシック

伝統行事
スポ−ツ

旅行便利帳
旅行前の心得
為替・物価情報リンク集
交通情報リンク集 
イタリアマップリンク集
イタリア情報リンク集
 
JITRAについて
掲載記事一覧

スペシャルガイド
宿泊先
レストラン
ショップ
サービス・その他
州別観光情報
 
バックナンバー
我が町観光自慢
ワイン料理紀行
小都市探訪
知られざる博物館
フレッシュレポート
イタリア自然紀行
読み物・エッセイ

 
イタリア自然紀行 バックナンバー 温 泉
 
   
20 Agosto 2002
アドリア海の砂風呂で、肩こり・腰痛を癒す


グラード
Grado




フリウリ−ヴェネチァ・ジュリア州
Friuli-Venezia Giulia
photo



1. グラードGrado について
日本ではあまりおなじみではありませんが、ヴェネチァ Venezia の右手、ヴェネチァから続くラグーナに浮かぶ Isola d'oro(黄金の島)。この地方は第1次大戦までオーストリアの領地でした。海を持たないオーストリア人がイタリアから略奪した理由がわかる気がします。ローマ司教の夏の保養地として、またオーストリア皇帝 Francesco Giuseppe も訪れていました。ムッソリーニの命により建設された5kmにわたる道がラグ−ナの間をまっすぐ私たちを島へと導きます。

2. 温泉を楽しむ
ここではイタリアでも数少ない砂風呂を楽しむことができます。まず、ドクターチェックを受けます。心臓病をわずらっている方、血圧が極端に低い方にはあまりお勧めできません。私はかろうじて血圧が100以上でしたので、まず3分から始めてみました。(通常12回コースで徐々に時間を増やしていきます。最長20分。)男女別々の砂浜に50ほどの砂のベッドが用意されています。横になり両腕、下半身を砂に埋められます。子供の頃の砂遊びの記憶がよみがえってきますが、ここの砂は真っ白サラサラ!砂浜の砂ではなく、海底から採取され、毎日海水をかけ熟され、塩分をたっぷり含んでいます。海底の砂は粒子が粗いため、体に軽く負担がかからないとのこと。澄んだ空気(海岸近くは、車はおろかバイクも通行禁止!イタリアの歩道は自転車も走れません。余談ですが、私は2回お巡りさんに注意を受けました!)と、サンサンと輝く太陽に暖められます。3分はあまりに早く、7分まで延長しました。もちろん顔には日よけ付き!その後サンルームにて15分毛布に包まれ休みます。その日は38℃を越える猛暑でしたが、汗の出ること、私の一生の中で一番汗をかいたのではないでしょうか?毛布をとると身体には水滴が。体中の老廃物が全て出ていってくれたようです。ドクターが2kg減と言った事が信じられそうです。

3. 一言アドバイス
ドクターチェック26ユーロ。『砂風呂スペシャル Sabbiatura reparto speciale』 31ユーロ。6回セット167,35ユーロ、12回セット294,40ユーロは、砂風呂+海水プール、海水浴場入場料(パラソル、ベッド)バスローブ付き。砂風呂のみは『Sabbiatura reparto normale』 11,80ユーロ。6回セット66,65ユーロ、12回セット123,95ユーロ。シャワー、ロッカー、ドライヤー付き、スリッパまたはサンダル持参。ロングヘアーのかたは、ヘアーキャップがあると便利。 併設のビューティーサロンでは、フェイス、ボディ合わせて30種類のパックも面白い!スイスのEdes(エデス)社のコスメ。美白・アンティエイジ・リフティング・セルライトなど目的に合わせ、パーソナルパックが楽しめます。36,50ユーロ。6回セット196,00ユーロ。

4. お勧め情報
オーストリア Austria, スロヴェニァ Sloveniaと国境を接するこの州は、文化的にもさまざまな影響を受けてきました。グラードからさらに1時間ほど海岸に沿って車を走らせ、トリエステ Trieste へ。この町は古代ローマ時代からの歴史をもつ美しい港町、海に面したPiazza dell'Unità ウニタ広場(イタリア統一広場)は、1982〜1918年までオーストリアの領地であったため、その建築様式にはまるでウィ−ンにいるような錯覚におちいります。ローマ劇場や、サン・ジュスト教会 San Giusto のモザイクも必見。美しい砂浜と岬にそびえる白亜のミラマーレ城 Miramare は、オーストリア皇帝の弟マッシミリアーノ Massimiliano とその妻、悲劇のプリンセス シッシ Sissi がこよなく愛した城です。 そして、フリウリといえばトカイ Tocai 白ワイン!この地方ではスロヴェニァのすぐ手前ゴリツィア Gorizia には広大なブドウ畑が広がっています。今回おたずねしたカンティーナ、コルモンス Cormons (www.cormons.com)。1985年から発表しているVINO DELLA PACE (ヴィーノ・デッラ・パーチェ=平和のワイン)は、オノ・ヨーコをはじめ世界中のアーティストが毎年3種類のラベルを手がけます。ヴェネト・フリウリ地方の白ワインのボトルはスマートなデザインが特徴ですが、このボトルのエレガントなフォームはいっそう眼を引きます。トカイはあまりに有名ですが、私のお勧めはリボッラ・ジャッラ Ribolla Gialla、白ワインにしてはCorposo(こくのある)芳醇なワインです。ソムリエいわく、シトラスの香りが魚料理に合うとのこと。(※『イタリアワイン探検記 第4回 Ribolla Gialla 〜国境を越えて〜をご参照ください。)ラグーナがもたらす海の幸もさることながら、山の幸にも恵まれています。生ハムといえば、日本ではパルマ産がおなじみですが、この地方のサン・ダニエレ San Daniele はイタリアではあまりに有名。そしてフリコ Frico というモンタジノ Montasino というチーズでつくるチップスのようなもの。スナックのようにワイン・ビールのおつまみに、またポテトや野菜と一緒に軽い食事にもなります。もう、くせになってしまうおいしさ! 今回お世話になったグラードのホテル・フォンツァーリ Fonzari (www.fonzari.com) は、全室スイート40u〜60uで広々ゆったり、キッチン付きですから長期滞在にも便利。イタリア語学校も町にはありますので、語学留学とバカンスを1度にしてしまうことも!ホテルのパノラマの素晴らしさはもちろんのこと、前方には古代ローマ時代の遺跡もあり、夜はライトアップされとてもロマンチックです。




アクセスインフォメーション

電車利用:ヴェネチァ・メストレ Venezia Mestre から、トリエステ Trieste 行きにてチェルヴィ二アーノ アクイレイア グラード Cervignano Aquileia Grado 駅下車、約1時間10分。バスにて20分。
車利用: 高速道路A4にてヴェネチァ Venezia からトリエステ Trieste 方向へ、パルマノヴァ Palmanova 出口下車、国道352より26Km。
施設の開館時期:4月〜11月初旬(砂風呂は6月中旬〜8月下旬/プールは、通年営業)
開館時間:8:00-18:30
電話:(国番号39)0431-899309 FAX 0431-899209
e-mail: info@gradoit.it
HP:www.grado.it




著者プロフィール

TOMOKO
メイクアップ アーティスト。 Shu uemura 東京インストラクターとしてスタッフ教育にあたり、 また一般女性対象の各種セミナー・メイクアップショウ・雑誌等で活躍。1995年渡伊。 ミラノコレクションから各ブランドのアドバタイズメント、一般女性対象のメイクアップ、スキンケアセミナー等で活躍中。



 

イタリア自然紀行バックナンバー 温泉
このページのトップへHOME PAGEへ


 
http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.