JAPANITALY Travel On-line

イタリア旅行情報サイトJAPAN-ITALY Travel On-line
イタリア自然紀行 テルメ(温泉)
 

15 luglio 2006

ナチュラルファンゴテルメ

エオリエ諸島 ヴルカーノ島/
Isole Eolie, Isola di Vulcano


シチリア州/Sicilia


1.ヴルカーノ島/Isola di Vulcanoについて
シチリア島の右上、ティレーノ海/Tirrenoに散らばるエオリエ諸島/Isole Eolieの大小7つからなる島の一つ。諸島の中でリパリ/Lipari、サリーナ/Salinaにつづき3番目に大きな、シシリア島から一番近い島です。渡航方法として、カラブリア州からが船に乗っている時間が少ない。ただ、私の訪れたのは6月初旬でしたので、船は1日1便。そのためナポリから高速船/aliscafoで、今も噴火活動を続けるストロンボリ/Stromboli、パナレ−ア/Panarea, サリ−ナ/Salinaをまわって約6時間!
入り江に近づくと誰も間違える人はいないでしょう!?なぜって、硫黄のかおり。とたんに疲れが取れたような気分になります!

2. 温泉を楽しむ
レバンテ港/Levanteから硫黄のかおりに沿って徒歩3分。私の目の前に現れたのはドロの池。右手の岩山は硫黄で黄色に染まっています。池は一番深いところでも60CMほど、水温は39度ほどでしょうか?私の訪れた6月初旬は午前中はまだ涼しく、海には入れないほどでしたが、池は丁度よい水温。みんな池の中に座ってお喋りに興じていました。
ここではすべて、セルフ・サービス、イタリア流ですと、ファイ・ダ・テFai da te。皆各自で池底からファンゴをすくって、自分に必要なところに塗ります。ファンゴは粒子も細かくとてもなめらか、もちろんフェイスに塗ってもよいのですが、硫黄成分が強いため、にきび肌、肥厚肌には適しますが、敏感肌のかたは避けた方がいいでしょう。どうしても試したい方は、Tゾーンなどに。

3. 一言アドバイス
入場料は2ユーロ。朝7:00-20:00まで。基本的に1日有効ですが、チケット売り場の係が午前と午後に入れ替わりますので、ランチなどで外に出た場合は係員の承諾が必要です。
池の水温は低いのでのぼせてしまうということはありませんが、温泉ですので15分ほど入浴した後は外に出て休みましょう。岩場には蒸気が湧出ていますので腰痛の方はぜひトライしてみてください。また、岩場の下は海!ここにも海底からガスが噴出して水温はやや高め、温泉と海水浴が同時に楽しめます。
要注意!!! 池から出るときは、必ずファンゴを池のなかで落してから外に出てください。ここに7年も通っているおじさんによると、昔は10CMもドロが池底にあったとのこと。今はかろうじてすくえる程度です。皆さんマナーを守って下さいネ。

4. お勧め情報
エオリエ諸島観光は、火山巡りでしょうか。ここヴルカーノはイタリア語でそのまま火山です。最後の噴火は1888-1890年、噴火口まで現在も登ることができます。料金は3ユーロ。山の管理人、ジュゼッペ/GIUSEPPEさんによると391Mの頂上まで早い人で1時間、ゆっくり行って2時間とのこと…私はもちろんゆっくり行きました。
山頂からみるヴルカネッロ/Vulcanello(火山活動により出現した島,紀元前183年から紀元1550年という気の遠くなるような歳月をかけヴルカ−ノ島に結合した)のパノラマはすばらしいの一言!レバンテ港の反対側、黒い砂浜、ポネンテ港/Ponenteも見渡せます。
また、ヴルカ−ノ島からエオリエ諸島巡りの観光船もおすすめ。現在も噴火活動を続けるストロンボリ島、日没の21時ごろ、昼間には見えなかった大自然のスぺクタクルの始まり!5分から15分ごとに噴火を繰り返し火柱をあげ、山肌を真っ赤な溶岩が流れおちる様子は圧巻!


■データ
アクセスインフォメーション
ナポリから高速船にて約6時間、フェリーは約14時間。
TERME VULCANO
開館時期:基本的には年中無休
開館時間::7:00-20:00, 夏季7:00-21:30
電話はありませんので、町のインフォメーションオフィスへ(6月中旬〜10月)
電話(国番号+39)090-9852028
URL: www.isoladivulcano.com



著者プロフィール

TOMOKO
メイクアップア−ティスト、ビューティコンサルタント。日本においてShu uemuraのトレーナーとしてスタッフ教育、また一般女性を対象にメイクアップ、美容セミナー、メイクアッップショー、雑誌等で活躍。
1995年渡伊。最近の作品ではエルデコやヴァニティフェアでも紹介されたPhilippe STARCKのLondon Sanderson Hotelのeye chair。またVERSACE,REPLAYのSHOWやTV、アドバタイズメント、ミラノコレクション等で活躍中。現地旅行会社とのコラボレ-ションにより、イタリアンテルメ体験、ヘア・メイク研修もオーガナイズ。メールアドレスは tomoko@libero.it




| イタリア自然紀行 |
自然・テルメ・アグリ・スポーツアルキーヴィオへ このページのTOPへ HOME PAGEへ
 
http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.