JAPAN-ITALY Travel On-Line

私の自然紀行 − 読者からの投稿記事 バックナンバー

6 Maggio 2002




サルデニアのヴァカンス村体験 


サルデニア − アルバタックス
Sardegna − Arbatax



木村 春海


来たかいがあった!白い砂浜





昨年夏、念願のサルデニアに行った。サルデニアといえば、エメラルド海岸 Costa Smeralda に代表される北部の海岸が有名だが、8月は「東京都内のプールなみに混む」と聞いていたので、私たちは北部を避けてすぐに南下した。第一の目的地はアルバタックス。途中、宿を探しながら、いくつかの海岸に寄ったが、どこも満室。地図を見れば、アルバタックスへ行くには、ジェンナルジェントゥ Gennarugentu という、サルデニアの壮大なキャニオンを通らねばならない。何せ初めての土地なので、時間を気にしながら内陸へ。そして、深々と続く渓谷の景色に思わぬ感動をした。ジェンナルジェントゥなんて、名前からして「一体ここはどこ?」って感じだが、この島の自然は海だけじゃなく、内陸も素晴らしいのだなということを知った。

アルバタックス近辺には、ボートでしかたどり着けない、サルデニアでも指折りの美しい入り江がいくつもあると聞き、到着してすぐに宿探し。8月の下旬とはいえ、どのホテルも満員。部屋数の多いヴァカンス村も2件あったが、旅行会社を通じてしか予約は取らないと門前払いだった。最後の頼みで、通りがかりの比較的こじんまりしたヴァカンス村に寄ったら、3日間だけなら空いてるとすぐにチェックイン。そして、そこは広い砂浜を陣取った、緑豊かなとってもいいホテルだった。ヴァカンス村というと、スポーツ行事に無理やり参加させられたり、夜はディスコで音がうるさいなど、嫌なイメージしかなかったが、このヴィッラジョ・サラチェーノは"強制的なアクティビティー"などはなく、とにかくどの部屋も緑の庭に面しているのが心地よかったし、庭掃除も行き届いていたし、カヌー無料貸し出し、入り江までの半日海水浴ツアー50,000リラ(01年8月)など、良心的なサービスが"花マル級"だった。しいて言えば、夕飯がビュッフェ形式だったので早い者勝ち!せっかくの美しい海の眺めのテラスが、"夕飯争奪戦の場"と化していたのが残念だった。あれが、ろうそくの灯るロマンティックなディナーだったら1週間くらい滞在してもよかったな…。

photo2
手入れの行き届いた
ヴァカンス村のビーチ
photo3
魚になった気分!

最大の見所のボートでしか行けない入り江。これゾ、雑誌で見るサルデニア!真っ白の砂浜!透ける海!もう大興奮の一日。本当に水が透けていて、この時ばかりはスノーケルをつけるのすらもったいないような、肉眼で海の中を見たい、泳ぎたいと思わされた。童心に返るとはこのことか、彼も私のはしゃぎぶりにビックリ。ゴロリゼ Goloritzè などの小さくて美しいいくつかの入り江で泳ぎ、そのあと深い洞窟の中にもボートで入った。暗い洞窟に光が反射して、蛍光に発色している水が神秘的。洞窟で泳ぐのは嫌いな私も、この時は「どうしても泳ぎたい」と、ボートから飛び込んだ。楽しい時間があっという間にすぎ、ホテルへ戻る途中で、スタッフが突然シャンパンを出してきた。予期せぬサービスに大歓声! 波のない岩場にボートを止め、みんなで乾杯をした。私の彼は飲めないので、私はいつものごとくちゃっかり2杯分いただき、夕暮れの海を見てほろ酔い…。「おまえの目がこんなに輝いたのを見たのは久しぶりだ」と、彼に言われてしまった。本当に海を満喫。名残惜しい3日間だった。

その後、西海岸へも行き、南西端のサン・ピエトロ島にも寄った。サルデニア南西は交通の便も悪く、車がない人にはちょっと難しい。海は、特にコスタ・ヴェルデ Costa Verde がきれいだった。砂丘の真中に建つ、素晴らしい1軒宿に泊まったが、年中風が強く、アクセスも困難なので、日本から行くにはレンタカーで長期滞在しないと意味がないと思う。南西側ではさすがに同郷人には出会わないな、と思っていたら、なんと、サン・ピエトロ島で若いご夫婦に遭遇。一緒に高波の中、ボートで島巡りをした。改めて日本人観光客のヴァイタリティーに脱帽である。

【寄稿:木村春海 東京のイ系会社勤務 学生時代にイタリアに留学。イタリアーノの彼とともにしょっちゅう旅をしている。趣味は生後半年の愛犬と戯れること】  




私の自然紀行データ

アルバタックス Arbatax (サルデニア州)

●アクセス:本島から飛行機でアルバタックス空港まで。出迎えは各ホテルがサービスしているはず。海路なら、サルデニアの玄関オルビア Olbia までトラゲット(連絡船)で一泊。最近のトラゲットはリニューアルされていてとても豪華。ジェノヴァ Genova、リヴォルノ Livorno、チヴィタヴェッキア Civitavecchiaなどから毎日出航。8月は早めの予約が必要。料金は曜日によってかなり異なる。オルビアからアルバタックスまでは車で2〜3時間。

●ホテルデータ:Villaggio Saraceno
住所:Zona S. Gemiliano, Arbatax 08041 (Nuoro) Sardegna
電話:(国番号39)0782-667318 Fax: 0782-667621
E-メール: villaggio_saraceno@hardnet1.net
HP:www.arbatax-hotels.com
近くに同じ経営の4ッ星ホテル La Bitta もある。こちらは小さな海岸に面していて、ヴァカンス村よりも静か。テラスの食事がとても心地いい。

●日本から予約するには :本文にある通り、旅行会社を通じなくても直接メールやファックスで予約可能。ファミリータイプの部屋やツインなど、通常1は週間単位で受けるが、私達のように3日くらいでも空きがあれば入れてくれる。

●アドヴァイス:イタリア人に負けずに、早い者勝ちで美味しい食事を奪い取ること!そのためには夕飯開始時間には遅れないのが基本。ビーチのパラソル陣取りも同様。朝食の前に最前列のパラソルに荷物を置いてしまえば、心配なくゆっくり朝食がとれる。お昼は料金に含まれていないので、近所のレストランや海辺のトラットリアなどで、ホテルとは異なる味を楽しむのもいい。



◆◆ 投稿募集 ◆◆
読者の皆さまもイタリアでの自然体験談を載せてみませんか?


アグリツーリズム、海水浴、スキー、乗馬、トレッキング、登山、自転車、バイク、または、ただ単に自然に囲まれてボーっと過ごした、そんなイタリアでの体験談をお待ちしています。 前回 採用の方にはイタリアの美しい景色のスクリーンセーヴァーをお届けしています。

投稿に際しての注意事項
◇掲載は実名でお願いします
◇掲載写真については、採用決定後に編集部からご案内いたします
◇原稿はメールに直接書いて(ワードなどの添付ファイル不可)JITRA編集部 jitra@japanitalytravel.com 私の自然紀行係までお送りください


〜 皆さまの楽しい体験談をお待ちしています 〜





http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.