JAPAN-ITALY Travel On-Line

私の自然紀行 − 読者からの投稿記事 バックナンバー

20 Agosto 2002




「フモーネに煙が上れば、近隣の鐘全てが鳴り響く」

ラツィオ州 - フロジノーネ
Lazio - Frosinone


古庄 美穂子

写真提供 
マニエリ・デル・ラツィオ





フモーネのことはアナーニを観光していた際、案内所で手に入れたパンフレットで知った。予備知識もなく訪れたのだが、興味深い町だ。その昔、バルバロッサ("赤ヒゲ"の通称を持つ、神聖ローマ皇帝フェデリーコ1世)をも寄せ付けなかったと言う、教皇領の守りの要でもあり、フモーネが煙ると世界が揺れると言われたとか。

山の頂きに聳える町はとても小さい。町を囲む外壁を越え、石畳の道を何歩か進むと、もう目的地の城である。ガイドが城内を案内してくれる。まず、現在の城主ロンギ家所有の礼拝堂を拝見。ここには、いろいろな聖遺物が飾られている。聖人の歯や骨、僧衣のはぎれなどが、ガラスのケースに納められている。その直ぐ脇に、ユニットバスルーム位の空間がある。上のほうに小さな明かり取りの窓が一つきり、人が一人漸く通れるかなという狭さ。ここに法王セレスティヌス5世が8ヶ月間監禁されていたという。この法王は生存中に退位した史上唯一の法王でもある。もともと宅鉢僧だったのが、法王に選ばれた。意に染まぬため退位を表明し、隠遁生活を営む筈が、反教皇派の手中にはまり、この城に監禁されるはめになる。80を越える高齢だったが、"聖職者は長生き"の例に漏れず、厳しい監禁生活をセレスティヌス5世は絶え抜き、困った反教皇派は最後には暗殺するしかなかったらしい。頭部に不可解な傷を負って発見されたという。この牢獄は暗くて狭いし、普通なら気が狂ってしまうだろう・・・。しかも超高齢だったことを考えると、その生命力の強さに驚くのである。さらに、別の時期には法王グレゴリウス8世がこの城に生き埋めにされたという。その死体は8世紀を経た今日、まだ発見されていない。

そしてここの城主一族の歴史を語る広間。床は昔ながらの、焼きレンガが敷き詰められている。歴史の重みに耐えてか、中心は窪んでいる。絹張りの壁には、一族の肖像画が飾られている。ロンギ家は"アナーニの殴打"で有名な、ボニファティウス8世も出した名門。姻戚にはカエターニやスフォルツァ家もあり、紋章には各家の標が組み込まれている。入口近くに、開閉式の低いライティング・デスクのようなものがある。案内役が蓋を開けると、中に人形が横たわっている。下のケースには洋服やおもちゃがある。何とこの人形の中に、前世紀初めに亡くなった城の跡取息子の亡骸が収まっているのだ。古い教会などで、聖人が人型の中に奉られているのを間々見かけるが、あれと同じである。何でも時の城主には、女の子ばかり5、6人続いた後、やっと待望の男の子が生まれた。ところが、この子は三才にしてこの世を去る。城主夫人は嘆き悲しみ、いつでも亡骸を拝める様、この文机を作らせた。(だから低いのだ。)側の壁には、悲しみに沈む母の肖像が架っている。亡き息子も、目を閉じた頭像として描かれている。証拠は無いのだが、少年は姉達に砒素を盛られたという。何でも、一家の財産が唯一の直系男子に行くのをやっかんで、との話しだ。幼児の死亡率が高かった当時を思えば、単なる噂ではないかとも思えるが・・・。因みに城主夫人の霊は、今でも夜な夜なさ迷い歩き、愛する息子に会いに来るとか。

  そして標高800m、ヨーロッパで一番高いところにある空中庭園を見学する。元々は、見張りの塔があったのを取り壊して土を盛り、根をまっ直ぐに下す樹木を選定した上、造園したのだそうだ。この庭は、夏季には結婚式の披露宴として貸したりするそうだ。面白いのは、「愛し合う木」と呼ばれる二本の糸杉。何百年も経るうちに、隣り合って生えていた二本の木がくっついてしまい、一本の木となってしまった。さて、この庭からは周囲360度のパノラマが展開する。付近の大小45の町々が眼下に点在している。空気のきれいだった昔は、ヴェスヴィオ山、ローマのサン・ピエトロ寺院の円屋根まで拝めたという。幸運を呼ぶとも言われる、フモーネ山頂の石に触れ、庭を後にする。

ところでこの城ではB&Bも可能である。天蓋つきのロマンチックなベッドで、中世の気分を満喫できる。そして宿泊者の気分を紛らすためと、マシンルームもあるのだ。(中世の拷問道具などではなく、近代的装備だが。)ジャグジーにサウナも備わっている。ゴシック趣味の方、是非チャレンジ下さい。でも、お忘れなく。あなたの後ろに、法王様が埋まってるかもしれません。

【寄稿者:古庄 美穂子 92年より在伊。自宅の窓より、ナポリ湾とイスキアの夕暮れを眺めるのが日課】    




私の自然紀行 紹介データ

■Castello Longhi de Paolis di Fumone (フモーネのロンギ・デ・パオリス城)
所在地: Via Umberto I 27, 03010 Fumone (FR)
電話:(国番号39)0775-49023 Fax:0775-49714
城の見学時間:9:00-11:30、15:30-20:00 夏季は23:30まで入場可能
■城に関するインフォメーション
Manieri del Lazio マニエリ・デル・ラツィオ
電話:(国番号39)0766-570297
www.manieri.it/Pages/fumon1.htm
www.manieri.it
info@manieri.it
■アドヴァイス
その他、ラツィオ州のサイト:
http://www.wel.it/Welcome/Lazio/ProvFrosinone/Fumone/index.uk.html
■アクセス: ローマからフロジノーネFrosinoneまでは急行IC(インテルシティ)で1時間弱。鈍行R(レジョナーレ)で1時間半。そこからアラートリ Alatri 又はフェレンティーノ Ferentino 経由で車で約30km。




◆◆ 投稿募集 ◆◆
読者の皆さまもイタリアでの自然体験談を載せてみませんか?


アグリツーリズム、海水浴、スキー、乗馬、トレッキング、登山、自転車、バイク、または、ただ単に自然に囲まれてボーっと過ごした、そんなイタリアでの体験談をお待ちしています。 

投稿に際しての注意事項
◇掲載は実名でお願いします
◇掲載写真については、採用決定後に編集部からご案内いたします
◇原稿はメールに直接書いて(ワードなどの添付ファイル不可)JITRA編集部 jitra@japanitalytravel.com 私の自然紀行係までお送りください

採用の方にはお礼として、イタリアの美しい景色が何枚も入ったスクリーンセーバーを差上げます。

〜 皆さまの楽しい体験談をお待ちしています 〜





http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.