JAPAN-ITALY Travel On-Line

私の自然紀行 − 読者からの投稿記事 バックナンバー

17 Marzo 2003


「ヴァル・ドルチャ周遊休暇」


トスカーナ州 - ヴァル・ドルチャ(シエナ県)
Toscana - Val d'Orcia (Siena)




編集室 聴涛 洋子

なだらかな丘のアシャーノ周辺


トスカーナの中でもシエナ県のピエンツァ Pienza からヴァル・ドルチャ Val d'Orcia 周辺が私は最も好きだ。いわゆるトスカーナの絵葉書によく出てくるなだらかな丘と Cipresso(糸杉)の続く道、今はほとんどがアグリツーリズムと化している古い農家などの風景がとても美しいからだ。まばゆい新緑の丘陵の春も良し。特にバラの赤が映えるモンタルチーノ Montalcino 一帯のブドウ畑の美しいこと!夕食後に暮れる夕日で紫色に染まる夏の丘もいい。あぁ、なんてきれいなんだろう・・・とビール片手にのんびりふけていく夜。辺り一面の麦畑が黄金色に変る秋もまた素晴らしい。そして、凍るような澄み切った冬の空に輝く天の川も忘れがたい。・・・と(なんだか徒然草のようになってしまったが)一年中素晴らしい景色が味わえるところだ。それに料理も美味しい(まあ、イタリアはどの州も料理にはずれることはまずないが)。モンテプルチャーノ Montepulciano の赤やモンタルチーノのブルネッロ・・・この辺では最高級のワインが生産されるし、イノシシのサラミなど肉類が豊富。町中のオステリアや軽食を出すバールでは、クロストーニ Crostoni とブルスケッタ Bruschetta と言う、トスカーナの塩なしパンの薄切りの上に、名産のペコリーノチーズや、サラミ類、レバーペースト、野菜のニンニク炒めなどをのせて軽く焼いてあるものが必ずあり、昼食にワインを一杯やりながらガブリっ!てのがまたいいのだ。また、ピエンツァでは "pici ピーチ" と言う穴あきパスタが有名で、いつも土産に買って帰る。もちろん、トスカーナだもの、ヴァージンオイルや "cantucci カントゥッチ"(アーモンドクッキー)も忘れずに。

これまで何度かヴァル・ドルチャのアグリに滞在したことがあり、今年の年始にも友人達とグループで行った。私のお気に入りの宿(下記バックナンバー参照)に早々に予約を入れたら、改修工事で休業中。非常に残念!この宿はリビングの窓からピエンツァの丘が眺められ、各部屋から360度トスカーナの丘の景色が楽しめる、とってもいい所だったのだが・・・。4組8人と言う人数(しかも私を含めて3名は妊婦!)なので、4部屋とキッチン、広いリビング付一軒家を見つけるのはなかなか至難の業。JITRA(当然!)や他のネットで探しまくり、ピエンツァ近郊の一軒家に落ち着いた。質素で特にこれといった特徴はないアグリだったが、クリスマスのイルミネーションで庭中を飾ってあり(おかげで真っ暗な夜に帰宅しても遠方からでも認識できた)、掃除好きのおばさんがきれいに手入れをしていて、鍋から皿まで安心して使えたのが良かった。暖炉ではグリルもできたので、大晦日は salsiccia toscana(トスカーナの腸詰)や bistecca fiorentina(フィレンツェ風ステーキ)などを暖炉で焼いた。但し、皿洗い機が故障中(!)だったので、毎日すごい量の食器を交替で洗うハメになったが・・・。

photo2
古代から湯が湧き出る
Bagno Vignoli の広場
photo3
 アグリツーリズムでの大晦日 !

周辺の見どころで、是非おすすめなのが、モンタルチーノから少し奥へ入ったところにある サンタンティモ修道院 Abbazia di S.Antimo。8世紀頃に建てられた古い修道院で、オリーヴ園に囲まれた、古さを偲ばせる重みのある石造りの教会だ。中世には巡礼者の病気を治したりする場所となり栄えたが、法王ピウス2世の命令で閉鎖された。現在は修道院として再開しており、毎日7回のミサで修道層たちが "グレゴリウス聖歌 canti gregoriani" を歌う、神秘的な雰囲気のとてもとても美しい教会なのだ。モンタルチーノから予約制のバスも出ているようだし、フィレンツェやシエナのハイヤーサービス(JITRAガイドオンラインのサービス参照)に頼んで周遊する手もあるので、是非試して欲しい。

車があればヴァル・ドルチャからすぐの バーニョ・ヴィニョーリ Bagno Vignoli もおすすめ。JITRAのテルメの記事で以前紹介したことがある(下記バックナンバー参照)が、古代から温水が湧き出ていて、巡礼者のための温泉場となった場所。今も古代の遺跡の間を湯を上げた水が流れている。温水の大浴槽となっている広場が素晴らしい。2003年頭現在、保存のための修理を一部行なっているが、この広場はタルコフスキーの映画『ノスタルジア』の撮影に使われた、一見の価値のある広場だ。もちろん、ピエンツァ Pienza の町も見逃せない。前述のピウス2世の出身地で、彼は自分の町を“理想の都市”にしようと、都市設計に基づいた広場を完成させた。ドゥオーモと市役所のある広場のことだが、均整のとれた町並みがとても可愛らしい。この広場の角には、私が大学時代に、コーヒーの"Lavazza"のテレビCMに使われたバールがあり(朝早くに神父さんがまだ閉まっているバールの下で自転車をチリンチリンを鳴らし、"オイ、お前んとこのカフェを飲まなきゃ目が覚めないよ”かなんかいうCM)、私にとってはその方が印象に残っているのだが。ピエンツァには balcone バルコニーと呼ばれる散歩道があり、丘の上からトスカーナの丘陵の景色が一望できる。

・・・とここまで読まれて、『どうせ車がないと行けないんでしょ!』と皆さん思われているでしょう。確かに、車がないととても不便なところです。但し朗報!『ヴァル・ドルチャ列車 Ferrovia Val d'Orcia』と言う、画期的な観光周遊列車が走っているのです(下記データ参照)。シーズンに何度か予約制で運行しており、シエナ駅、ブオンコンヴェント駅などを通過、ヴァルドルチャ一帯からモンテアミアータの方まで所々で途中下車しつつ、一周すると言うもの。停車場所では緑の中を散歩したり、中世の町で食事をしたりできる。レンタカーのできない人やハイヤーは嫌と言う人にお勧めです。

【寄稿者:聴涛(きくなみ)洋子。02年10月からJITRA編集デスク。パルマ人の夫との間に先月長男が誕生。旅行が趣味の夫婦なので、3ヶ月過ぎたら子連れであちこち旅行を再開するつもりで今から体を鍛えている】  

※バーニョ・ヴィニョーリのテルメの記事は、『テルメ』2002年3月5日掲載記事参照。
※おすすめのピエンツァのアグリツーリズムの記事は、『アグリツーリズム』2001年2月15日掲載のテラピッレ参照。
 


私の自然紀行 紹介データ

■アクセス
電車:最寄はキウジ駅Chiusi。ローマから2時間半くらい。シエナSienaからだと、グロッセートGrosseto行きのローカル線でブォンコンヴェントBuonconventoで降りるのが一番近いが、そこからは車でないと移動がない。キウジからでもブォンコンヴェントからでも、宿の人に車を出してもらって送迎してもらうのがいい。
車:高速A1でヴァルディキアーナValdichianaを降りる。キアンチャーノ・テルメ‐キウジChianciano Terme - Chiusi でも近い。モンタルチーノとピエンツァは20km、ピエンツァとヴァル・ドルチャは数キロの距離。

周辺の連絡バス各社
- Tra-In シエナ周辺: 電話 0577-204111
- SITA シエナ-フィレンツェ間: 055-483651
- BARGAGLI モンタルチーノ-サンタンジェロ・スカーロ間: 0577-786223
- RAMA アミアーテ山〜グロッセートまで: 0564-475111
- PESCHIERA カステルヌオーヴォ・アバーテとモンタルチーノ間を予約制で貸切: ジャンフランコ氏 Gianfrancoの携帯:348-7408676。19席しかないので、1日前には電話をして予約すべし。

■インフォメーション
◇サンタンティモ修道院
聖歌を歌いながらホームページも作っていたのね www.antimo.it

◇ヴァル・ドルチャ列車
ヴォランティア団体・ヴァル・ドルチャ列車 Associazione dei volontari Ferrovia Val d'Orcia
電話:(国番号39)0577-07413 または携帯:(国番号39)338-8992577
予約メールアドレス:trenonatura@katamail.com




◆◆ 投稿募集 ◆◆
読者の皆さまもイタリアでの自然体験談を載せてみませんか?


アグリツーリズム、海水浴、スキー、乗馬、トレッキング、登山、自転車、バイク、または、ただ単に自然に囲まれてボーっと過ごした、そんなイタリアでの体験談をお待ちしています。 

投稿に際しての注意事項
◇掲載は実名でお願いします
◇掲載写真については、採用決定後に編集部からご案内いたします
◇原稿はメールに直接書いて(ワードなどの添付ファイル不可)JITRA編集部 jitra@japanitalytravel.com 私の自然紀行係までお送りください

採用の方にはお礼として、イタリアの美しい景色が何枚も入ったスクリーンセーバーを差上げます。

〜 皆さまの楽しい体験談をお待ちしています 〜





http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.