JAPANITALY Travel On-line

 
イタリア旅行情報サイトJAPAN-ITALY Travel On-line
村本幸枝の薦めるイタリアあれこれ
15 Novembre 2012

第2回 
老舗のローマ風ファストフード店
 

村本幸枝 
食の宝庫であるイタリアを旅しているのだから、さっと済ませたいときのファストフードにもこだわってみたい。街なかにはもちろんマクドナルドもあるし、バリエーション豊かなパニーノやお惣菜が並ぶバールで軽く食事を取ることも可能だ。しかし、あくまで『ローマならでは』にこだわるなら、ぜひ、立ち寄ってほしい、それが今回ご紹介するローマ風ファストフード店『エル・ブケット』だ。1890年創業の老舗である。

写真上:エル・ブケットの大きなポルケッタ
写真左下:ポルケッタを切る店員   写真右下:同店のお客さん

●食だけでなく雰囲気も楽しめる
ローマの方言で『小さな穴』を意味する『エル・ブケット』。その店名どおり店は2坪ほどサイズである。2人並んで腰掛けるとちょうどいいサイズのテーブルが3つのみの店内。それでも新しい客が入ってくると座っている人たちが少しずつ横にずれて場所をつくってくれる。混雑時は相席が当たり前。だからこそ見知らぬ他人とも自然と話しがはずむ。店の名物にして唯一のメニューである『ポルケッタ』を頬張りながら、そんな雰囲気を楽しむのもこの店だからこそ。ローマの中心部でありながらそこだけ時が止まってしまったかのような懐かしさ溢れる空気感は、地元の人のみならず、旅行客をも魅了するのだろう。レトロな店の雰囲気とは裏腹に出入りする客は実に国際色豊かだ。

写真下:『エル・ブケット』外観

●極上のポルケッタを頬張る至福のとき
さて、この店の唯一無二のメニュー『ポルケッタ』は、一頭の子豚に塩、ニンニク、ローズマリーを詰めてじっくりと焼き上げた、いわゆる子豚の丸焼きである。古代ローマ時代は貴族たちの祝宴料理として食されていた。ローマ近郊の街アリッチャから届くこの店のポルケッタは質が高いことで知られており、カリッとした皮の部分と柔らかな肉のコンビネーションが絶妙なのだ。同じくローマ近郊のフラスカティのワインと合わせれば食はさらに進む。まさに至福のときである(笑)。パンに挟んでパニーノにしてもらうもよし。紙(皿はなく紙なのです)に乗せられたポルケッタをそのまま頬張るもよし。計り売りなので好きな分量だけ切り分けてもらえるのも有り難い。さっと済ませたい昼食や小腹の空く夕暮れ時に大活躍するローマの食のスポット。ぜひ、お試しを!

Er Buchetto 
エル・ブケット

住所: Via del viminale 2F
場所: 地下鉄A線 REPUBBLICA駅 Via Dioclezioano 方面出口から地上に出て、共和国広場左手角のマクドナルドを左手に見ながらVia Dicolezianoをまっすぐ進み、角にある郵便局を右手に曲がってすぐの左手。駅から徒歩3分
Tel. 06.4883031 12:00-21:00
(土日祝日休み)                                                     

村本幸枝 (Muramoto Yukie)    
イタリアでは撮影・イベントのコーディネートを、日本では東京・中央区で 日伊文化交流サロン「アッティコ」を主宰。イタリアのエキスパートたちによる料理教室、ワイン講座、イタリア語教室他、イタリアに関する様々な講座やイベントを企画・運営。在イタリア歴25年。現在、年の半分ずつをローマ郊外湖畔の街アングイラーラと東京で過ごしている。
日伊文化交流サロン『アッティコ』  http://www.attico.net


村本幸枝の薦めるイタリアあれこれ
もっとイタリアを知る  アルキーヴィオへ このページのTOPへ HOME PAGEへ

http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.