JAPANITALY Travel On-line

 
イタリア旅行情報サイトJAPAN-ITALY Travel On-line
村本幸枝の薦めるイタリアあれこれ
15 Marzo 2013

第4回 
古代ローマ遊歩
 

村本幸枝 
●ローマをいっそう魅力的に
「じっくり観るのに3年は要する」と言われるほど、素晴らしい観光名所がそこかしこに点在するローマ。はじめてのローマだったら、まずはバチカン美術館やコロッセオ、スペイン広場にトレビの泉、パンテオン、ナボーナ広場など、王道を行くのは当然のことなのだが、遺跡や名所を「点」として早足で巡るのではなく、「線」を描くようにゆったりと歩を進めると、永遠の都「ローマ」はいっそう魅力的な街となる。

写真上:フォーロ・ロマーノ   写真左下:カンピドリオ広場のマルクス・アウレリウス帝の像  
写真右下:トレ・ピーレ通りにあるマイルストーン(1番目)オリジナル

●歩いて、観て、感じて楽しむ古代ローマ
古代好きの私が愛するエリアはなんと言っても「カンピドリオ広場」周辺だ。広場中央に聳え立つのは、映画「グラディエーター」にも登場する五賢帝の一人、マルクス・アウレリウス帝の像。その像を正面に見ながら右手へ進みアーチをくぐると、古代ローマの中心部だったフォロ・ローマノが目の前に広がる。フォロ・ロマーノの中を見学するのもよいが、いつ目にしても想像力を掻立てられる、この高台から見下ろす壮大な景観はイチ押しのフォロ・ロマーノ鑑賞ポイントだ。

そのままカーブを描く坂道を下り、フォロ・ロマーノを左手に見ながら人の往来が少ない住宅エリアを抜けると真実の口方面へと出ることができる。ローマは歩いてこそ楽しめる街。のんびりと散歩を楽しむのもよいだろう。

いっぽう、マルクス・アウレリウス帝の像を正面に左側を下ると (目印は牝オオカミに育てられ、やがてローマを建設したと伝承されるロムルスとレムス兄弟の像)、フォロ・ロマーノのエントランスやその先にコロッセオが望めるフォリ・インペリアーリ通りへ到達する。 (日が暮れてからのカンピドリオ広場周辺の散歩も幻想的です!)

写真左下:カンピドリオ広場に続く穏やかな階段  写真右下:カピトリーノ美術館のカフェ

●無人の癒しスポット
また、カンピドリオ広場へ続く緩やかな階段を上り、広場を抜けずに右手のトレ・ピーレ通り(Via delle Tre Pile) を行くと、当時、1マイル間隔でアッピア旧街道に道しるべとして建てられていた「マイルストーン(1番目)」のオリジナルを観ることができる。ちなみに、現在、残っているのは1番目と7番目のもの。いずれもカンピドリオ広場に移されている (アッピア旧街道にあるマイルストーンはレプリカ)。

喧噪を逃れ、もっとディープな散策を、という方には、マイルストーンを左手に見ながらカファッレッリ広場(Piazza Caffarelli)を抜け、ヴィッラ・カファレッリ通り(Via Villa Caffarelli)からテンピオ・ディ・ジョヴェ通り(Via Tempio di Giove)にかけてのエリアを歩いてみよう。ゲートがクローズしていることもあるのだが、緑に囲まれ、人の行き来がほとんどない小径が続く同エリアは、街なかにいることをすっかり忘れてしまいそうな不思議な空間なのだ。 

そして、散々歩いた後の休憩はカピトリーノ美術館のカフェへ。カフェテリアへはカファッレッリ広場にある入口から美術館を通らずにアクセスすることができる。ローマの景色が見渡せるテラスでのランチやお茶はきっと歩き疲れた体を癒してくれるはずだ。

Caffe` Capitolino (Musei Capitolini)
カフェ・カピトリーノ

住所: Piazzale Cafarelli, 4 Roma
火-日9:00-19:00 /月休み
http://en.museicapitolini.org/oltre_il_museo/caffetteria

村本幸枝 (Muramoto Yukie)    
イタリアでは撮影・イベントのコーディネートを、日本では東京・中央区で 日伊文化交流サロン「アッティコ」を主宰。イタリアのエキスパートたちによる料理教室、ワイン講座、イタリア語教室他、イタリアに関する様々な講座やイベントを企画・運営。在イタリア歴25年。現在、年の半分ずつをローマ郊外湖畔の街アングイラーラと東京で過ごしている。
日伊文化交流サロン『アッティコ』  http://www.attico.net


村本幸枝の薦めるイタリアあれこれ
もっとイタリアを知る  アルキーヴィオへ このページのTOPへ HOME PAGEへ

http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.