JAPANITALY Travel On-line

イタリア旅行情報サイトJAPAN-ITALY Travel On-line
イタリア個人旅行 上級篇レッスン
15 dicembre 2009

第3回 
冬ものバーゲンに向けて賢いショッピングを




案内人
『アッティコ』主宰
村本幸枝



●年が明けたらすぐバーゲン時期に突入!
年明けとともにイタリアのお店のウインドウは『SALDI(バーゲン)』の文字で埋め尽くされます。イタリアでは州ごとにバーゲン時期を定めることになっていて、秋冬コレクションは年明け第2週目の週末から始まるのが一般的なのですが、今シーズンは早めにバーゲンを開始する州が多いようです。20州の内の半分にあたる10州は1月2日(土)から、残りの州も順次1月10日(日)までの間にバーゲン初日を迎えると、先日発表されました(変更となる可能性あり)。ちなみに旅行客にもっとも人気の高い都市では、首都ローマがあるラツィオ州、ミラノが州都のロンバルディア州、そして、ヴェネチアが1月2日から、フィレンツェが州都のトスカーナ州はやや遅れて1月7日(木)から始まるそうです。

●バーゲン前でも駄目もとで値段交渉を!
さて、街全体が足並みを揃えてバーゲンを開始しなければならないという決まりがあるため、お店側は公に告知できないのですが、期間前にこっそりとバーゲン価格で販売をはじめている店も実はあるのです。狙い目はクリスマス・バカンス後の12月27日以降。断られるのを覚悟の上で、という前提ですが、ショッピングをする際はお店と値段交渉をしてみる価値はあるかと思います。昨今の不況でお店側も在庫を売りつくしたい、というのが正直なところ。とくに購入金額が大きい場合は十分に交渉の余地ありです。

写真トップ: バーゲンシーズンのシーン
上左:ローマ市内ショッピングストリートで、右:ローマ市内スペイン広場で

値段交渉の際のポイントはお店側に買おうか買うまいか、迷っている素振りを見せること。その上で「少し安くなるなら…」と切り出せば成功率もアップするはずです。ただし、有名ブランド店では通用しませんのであしからず。また、一店舗で買い物をした金額が154.94ユーロを超え、そのお店が免税システムを導入している場合は(大都市の中心街ならほとんどの店が導入)、免税の手続きもお忘れなく。

●マナーを守り、店員さんに頼る
最近は大型ショップが増え、少し状況は変わってきましたが、イタリアは基本的に対面販売が主流です。棚に並べてある商品を勝手に取ったり、ハンガーにかけてある洋服を店員さんにことわることなく試着するのはマナー違反です。店内が混雑していない限り、お店に入ると『何かお探しですか?』と、店員さんが声をかけてくるのがイタリア式。とくに探し物がない場合はその旨を伝えた上で、気になる商品があった時点で彼らを呼びましょう。違う色やサイズ、似たモデルを出してきてくれるなど、店員さんを上手に使うことで得することもあります。また、イタリアのお店では全商品が店内に並んでいない場合もあるので要注意です。以前、売り切れのため、日本では手に入らない商品を求めて某有名ブランド店へ足を運んだときのことです。あまりの混雑で店員さんを捕まえることができず、お目当ての商品も見つからずで、諦めかけていたところ、やっとの思いで接客を終えたばかりの店員さんを捕まえ、探している商品を説明したところ、最後の一点をお店の奥から持ってきてくれたというケースがありました。ないものと諦めていただけに、喜びもひとしおでした!

●ワンポイントイタリア語講座
ローマやミラノなどの大きな街のお店ではほとんど英語が通じるし、日本語で対応してくれるお店もずいぶん増えてきました。とは言え、多少のイタリア語を覚えておくにこしたことはありません。以下、ショッピングの際に役に立つイタリア語をピックアップしました。ぜひ、挑戦してみて下さい!  

こんにちは….ブォンジョルノ (Buongiorno)
ありがとう….グラツィエ (Grazie)
サイズ….タリア (Taglia)
試着してもいいですか?….ポッソ プロヴァーレ? (Posso provare?)
おいくらですか?…..クアント コスタ? (Quanto costa?)
割引お願いします!….スコント ペルファヴォーレ! (Sconto perfavore!)
これを頂きます….プレンド クエスト (Prendo questo)



案内人プロフィール
村本 幸枝 Muramoto Yukie

日伊文化交流サロン『アッティコ』を主宰。東京日本橋馬喰町でイタリア語、イタリア料理、イタリア文化など、イタリアに関する様々な講座やイベントを企画・運営する。また、イタリア特集を組む雑誌やテレビ、イベントのコーディネートを数多く手がける。
2002年サッカーW杯ではイタリアチームに帯同。年の半分をイタリアで過ごす。


http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.