JAPANITALY Travel On-line


   
鳥野さんのイタリア留学記
Ms.Torino in Italia
15 Ottobre 2014

第14回   今月の失敗 「秋は寒い?」

和田 忍



 

10月のある日、だんだん日が落ちてくる。
友人、「寒いわね。」
カバンの中から厚手の上着を取り出して着る。その上、首にストールも巻く。
私、「薄いカーディガンしか持ってない。寒い。。」

秋のイタリアは紅葉も美しく、ご飯も美味しいと旅行にはピッタリの季節です。が、注意が1つ。秋のイタリアは、けっこう寒いのです。たとえば、10月の平均温度をネットでみてみると、平均最高気温はトリノも東京も17-18度前後で大差はありません。が、平均最低気温はかなり違います。東京が約15度のところ、トリノは約7度まで下がります。ちなみにミラノの平均最低気温は10度で、こちらも結構寒いですね。

実際、地図で見てみるとトリノ・ミラノの緯度は札幌よりも上にあります。ローマでも青森くらいの緯度。日本よりも高緯度にあるのです。そのうえ空気が乾燥しているので、実際の気温よりも寒く感じます。

もちろん、緯度が高いだけで寒いとは言い切れません。南イタリアのサルディニアなどは東京よりも緯度は上ですが、アフリカからの海流などの影響を受けるので、冬でも暖かいです。

でも、それはイタリアのほんの一部。北イタリアはかなり寒いです。東京よりも1ヶ月くらい季節が先に進んでいると言っても良いかも。朝は冬、日が照っている昼は夏、夕方からはまた冬。と一日のなかで季節が変わるような寒暖差があります。油断しているとすぐに体調を崩してしまいますね。

それに、秋は雨も多いのです。雨が降るとさらに体感気温が下がりますよ。

また観光のメインになるCentro Storico(中心地の歴史保護地区)などは石造りの建物+石畳と全部石で出来ているので、下からも冷えてきます。イタリアでブーツを履いている人が多いのはファッションのためだけではなく、防寒のためでもあるのです。あと、日本では飾りのためだと思っていた、パーカーやコートのフードも、寒くなると被っている人が結構いるんですよ。

そこで、私の失敗。10月の暖かいお昼に薄着でお出かけ。夕方になって気付けば、羽織る物が薄っぺらいカーディガンだけ、足下は素足にペタンコ靴。でも周りの友人達は、ストールや厚手の上着などをカバンに入れて持ってきていたのです。「こんなに寒くなるとは思わなかった!」と思っても、あとの祭りです。

もう失敗しないために

10月以降は厚手の上着とストールなどの巻物は必ず持ち歩く事。暖房がまだはいっていない建物は、内部が外より寒いこともあるからご注意を。 雨具も忘れずに。


著者プロフィール

和田忍 (わだしのぶ) 
イラストレーター・4コマ漫画家。広島出身で現在はトリノ在住。脱力系イタリア生活を4コマにして日々を過ごしています。  http://shinowada.exblog.jp
 

もっとイタリアを知る アルキーヴィオへ このページのTOPへ HOME PAGEへ


 
http://www.japanitalytravel.com
©  JAPAN PLUS ITALY - MILANO 2013 All rights reserved.