JAPANITALY Travel On-line
鈴木正文の「イタリア旅行塾」
イタリア観光促進の最前線者が語るイタリアとワタシ
15 ottobre 2006

第12回「イタリアの楽しみ方/シチリア堪能
          異文化のエッセンス溢れる、
          うるわしの島」

            1) パレルモと近郊


有限会社クリエィティブ・ようこそ・イタリア
取締役 鈴木正文
次はいよいよシチリアです。この島は四国より少し大きく、20州で最大の面積です。気候は年間を通して温暖ですが、夏は特に日差しが強いので日除けの無い遺跡の見学には要注意。

シチリア島は地中海の真中に立地するために、過去に何回も様々な国から支配、影響を受けてきました。シチリアの魅力はこのイロイロな歴史文化を訪問、見学する事です。
ここを訪れるには、簡単な歴史を知っとくと旅の楽しさが何倍も膨らみます。特に紀元前8世紀の古代ギリシア人によって各地に都市国家が栄え、その後カルタゴ、ローマの支配を受け、やがてアラブ世界に編入、そのあと11世紀にノルマン人に征服される。特にルッジエーロII世は名君で、チュニジアにまで王国の版図をひろげ、宗教の違いを問題とせずサラセン人、ギリシア人、ユダヤ人を採用し能率的な官僚機構を作り、貿易を振興し、治安を確立して民心を掴んだ。12世紀半ばには、ノルマン・イタリア王国はヨーロッパで最も豊かで文化的な国となり、首都パレルモは世界で最も「国際化」された都市となっていた。と、ここまで位はアタマに入れときたい。旅の楽しさがグーンと違ってきます。


**********


州都パレルモ
州都で空港、港があり島内で一番活気があり広範囲に楽しめます。町はイタリア各地と共通しますが道路区画はとても分かりやすいので、ホテルを出る前に市内の名所、東西南北などの位置関係は把握したい。
パラティーナ礼拝堂Cappella Palatina:アラブ・ノルマン風の巨大な建築物であるノルマン王宮の2階にこの礼拝堂はあり、華美な礼拝堂はイタリアでも屈指。 サン・ジョヴァンニ・デッリ・エレミティ教会S.G.degli Eremiti:12世紀の建物で赤いドーム。
プレトーリア広場Piazza Pretoriaはルネッサンスの彫刻群。 マルトラーナ教会Chiesa della Martoranaは内部の壁が金色のモザイクで豪華。 その他見学箇所はたくさんあるが、町は目印の建物・広場等を探し易く、散歩を楽しみたい。そして食材市場は是非訪れたい。

パレルモから南西8KmにモンレアーレMonrealeの町がある。ここは12世紀建築の教会があり、内部のモザイクはイタリアでも最大級の大きさ。なおここでは、中庭(キオストロ)が必見で回廊の柱のモザイクは見事。

この旅行塾では観光地の詳細な案内をすることが目的ではなく、「ナゼそこが楽しい」的な情報提供をしたいのでシチリア案内第1回はここで終えますが、筆者の言いたい事は、日本人のパレルモ旅行はあまりにも滞在時間が短いと思います。我々はともすると「有名なものを見に行く」的な海外旅行をしますが、シチリアまで行かれる方はもういくつもの国、地域へ行かれている方々でしょうから、この島では異文化の魅力を楽しみ、地元の人々の生活・気質(今でもギリシア的で、「出来なければしようがない」と諦めやすい)を少しでも実感できたら旅は本当に楽しくなると思います。

第2回は西側をご案内いたします。

**********


著者プロフィール

鈴木 正文(すずき まさふみ)

国立フィレンツェ大学経済学部観光学科卒業後、イタリア政府観光局 東京オフィスへ勤務。35年にわたり、マーケティング・オフィサーとして大活躍。 現在は(有)クリエィティブ・ようこそ・イタリア代表取締役として、イタリアの州の宣伝業務受託をはじめ、イタリアと日本を結ぶ様々な活動を展開。
ホームページはhttp://www.suzukiitaliakappore.jp/
http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.
月5回発行、
JITRAメルマガ
登録はここから!

メ-ルアドレス入力

メルマガ案内