JAPANITALY Travel On-line

 
サルデーニャへ行こう
サルデーニャ旅行記〜Vacanza in Sardegna〜
 
14 ottobre 2005

第2日目 車で北上、オリエーナを通ってパラウへ

旅行者:佐藤 玲央


パラウの町を望む
6月26日(土)
朝6時、今日も快晴。空は真っ青、すでに太陽もやる気充分!今日もガンガンだ!
8時にはホテルにレンタカー屋が車を届けにきてくれることになっている。
サルデーニャに行くことを決めた時、コスタ・ズメラルダくらいしか聞いたことがなかった。何しに行くか?何をみるか?調べるにも日本には資料が少なすぎて、わからないことだらけ。 当初はオリビア空港からはいって北部中心で動くことだけを考えていた。
でも、カリアリっていう空港もあるし。何度も行ける所でもなさそうだから、北も南も行ってみたい。でもどうやって移動するのか?ローマーミラノ間の列車移動と違って、やっぱり車 しかなさそうだ。という結論になり、レンタカーを探し始めた。

どこに聞いてもマニュアル車しか見つからない。日本での運転もオートマ車だし、やっぱりオートマをなんとか死守。と決まってからは、あっちこっちのツテを頼って奔走。 相棒はとうとうサルデーニャでもオートマ車を見つけたのだ。
レンタカー屋は約束の時間通りにベンツAクラス(A160)を運んできてくれた。彼はレンタカーでなくてもベンツのこの型はサルデーニャではまだ珍しいんだ。俺が乗りたい!と手続き をする間、何回も話していた。むー確かに新車だ。ちなみにガソリンってBENZINAだったよね。

●内陸地NO.1ホテルへ
8:30スタート。港に出てまず空港へ向う。そこからオリエーナOliena方面へ。今日の第一の目的は【Su Gologone】での昼食。
日本出発からそれを決めていた訳ではなかった。本日の宿泊地、北のパラウPalau近くにあるホテル【Capo d'Orso】への移動が目的であることに間違えないが、昨日現地入りし てから、どこか良い所はないか?何かないか?と訪ねているうちに、旅行好き独特のカンが働き、カラスミで有名なオリスターノOristano、民族博物館のあるヌーオロNuoroを蹴落とし、 内陸地でNO.1のホテルでしかもレストランとしても有名な【Su Gologone】に白羽の矢があたったというわけだ。現地での情報収集も大切なポイント。とにかく旅は未知 への遭遇。知らない所へ行くから面白い。
写真左:本日の宿営地Capo d'Orso前ハーバー、右:Su Gologone

日本人ゾロゾロの団体ツアーに参加していたのでは、どこへ行こうと...例え世界の果てまで行ったって、日本人同士、日本語で世間話しているのだから、異文化の交流なんて無理な話。 ローマやフィレンツェの店でよく威勢のいいおばちゃんが4、5人でイタリア人を囲んで日本語で値切っているのを見るけど、あれもねー。なんだかみっともないよね。
この間なんてイタリア人に日本語でべらべらまくしたてて【あら、あんた日本語わからないの?】だって。おばさん!ここはイタリアだってば!

さて131号線にはいった後は一直線。コルシカ島のように一車線で道路の両側は草ぼうぼうの舗装もしていない道路に比べたら、非常に走りやすい。右に単線の線路をみながら (そういえば、サルデーニャにいる間、一度も列車の走っている姿を見なかった)、一路オリスターノへ。道路はオリスターノの手前でサッサリSassariとオルビアOlbiaに分かれる。オルビア の手前、ヌーオロまでは順調だった。ヌーオロの町からは国道からはずれて少し南下してオリエーナへ行くのだが、町にはいったら、標識が、、、、
あれ〜なくなった!しょうがない、町の墓地公園前でおしゃべりに興じているおじいさん達にオリエーナへの道を確認。そうか!そうか!真っ直ぐね。Grazie、Ciao!

ヌーオロからは谷におりるように坂道をくだり、あとは道なりに、、、
オリエーナにつくが、いつの間にか小さな町も通り過ぎ、まわりは畑やオリーブの木ばかり、家らしきものなんかなーにもない?!乾燥しきった埃っぽい細い道をひたすら走る。なんか心細く なってきた、ちょうどその頃、右手にSU GOLOGONEの文字が見えた。やっと着いた。といっても8:30にカリアリを出発して途中オリスターノの近くでコーヒータイムして、 11:00には到着した。

●Su Gologoneでのランチタイム
敷地内の木々は色鮮やかな花をつけ、蝉の大合唱で歓待してくれた。パーキングには車がいっぱい。この地方の伝統的なスタイルを誇る5つ☆デラックスホテルだ。
白い壁、オレンジ色の屋根、汗が噴出すような暑さから逃げるように入ったロビーはひんやり気持ちのよいタイル敷き、ロビーや廊下に伝統工芸品が飾られ、ベランダに出れば木陰に置かれた 籐のイスにコットンのクッション、本当にほっと一息つけた。せっかくだから部屋も見せてもらったが清潔なリネンのベッドに木組みの天井、どの部屋もやすらぎを覚える空間に仕上がっていた。
プールサイドでは欧米からの(特にイギリスやドイツからの)ヴァカンスを楽しむ長期滞在者がパラソルの下でのんびりと単行本をひろげ、くつろいでいた。またスパもあり、ジャグジーや アロマテラピー、指圧、アーユルベーダをはじめとしたマッサージのメニューも本格的にそろっていた。
こんな田舎に考えられない完璧な施設だ!まさに知る人ぞ知るって感じ。(でも欧米では有名なんだろうな)
写真左:豚の丸焼き?、右:Su Gologoneでのランチ

庭のかたすみに大きなバーベキュー炉のようなものがあり、薪がくべてあり、串にささった豚の丸焼き?自家製ソーセージ?から香ばしいにおいがしてきた。
GRURURU、、、、。もうたまらない。レストランもオープンした。さあ昼食だ!

レストランのベランダ席からはプールと広大な台地が見渡せる素晴らしい眺め。
さっと出てきたPANE CARASAU(薄焼きパン)。素焼きのつぼに入ったハウスワイン。パスタも自家製。フレッシュトマトのソースが抜群。メインは、もちろんARROSTO  MISTO(ローストのミックス)とSALSICCE(自家製ソーセージ)、こんがり焼けた皮とジューシーな肉。口の中いっぱいに広がる肉のうまみ。サルシッチャの脂身の加減も絶妙。 いい。
あれもこれも食べたかったが、デザートとエスプレッソでFINITO。おなかいっぱいになったところで、そろそろ出発。

●北のパラウへ
フロントでSUPERSTRADA(無料高速道路)に出る道を教えてもらい、あとはひたすらオルビアを目指した。右にオルビアの町と空港を見ながら、16:30パラウ到着。国道クラス の道を走っている分には標識もきちんとしているし、全く問題なし。
【Capo d'Orso】も目の前だ。暑い一日も終ろうとしていたが、サルデーニャの太陽は我々がHOTELに着くまでしっかり元気でいてくれた。
次回は驚くべきリゾートホテルのお話へ、、、つづく。

著者プロフィール

佐藤 玲央(さとう れお)

27年前からイタリアに魅せられ、年の3分の1はイタリアに滞在している。
ここ数年は、シチリアやサルデーニャをはじめとしてイタリアの小都市へ足をのばし、それぞれの文化に新たな発見を見い出している。
 





サルデーニャへ行こう バックナンバーへこのページのTOPへHOME PAGEへ


 
http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.