JAPANITALY Travel On-line

 
サルデーニャへ行こう
サルデーニャ旅行記〜Vacanza in Sardegna〜
サルデーニャ by Regency Group サルデーニャ島の
リゾートホテル予約
 
16 giugno 2008

リラックス・サルデーニャ旅行

旅行者:中田佳江子


●5月18日 地中海の風
マルペンサ空港よりオルビア空港へ空路 1時間15分の旅。
朝からミラノは雨で寒く、サルデーニャの空模様を気にしながらの出発・・・
オルビア空港に無事到着。数年前にシシリアのパレルモ空港に降りたったときに感じた同じ地中海の風を思い出させてくれて、一瞬に気持ちがリフレッシュする。

レンタカーをピックアップして、ホテル・ヴァレ・デ・レリカへ向かった。
日曜日のせいか車も少なく、丘陵の道を昇り降りしながら、1時間でアルザケーナArzachena、パラウPalauを通り、サンタ・テレーザSanta Teresaの数キロ前にあるヴァレ・デ・レリカに到着。
広々とした敷地の中には、レストランが2ヶ所、プールが4ヶ所、スポーツクラブやサウナなどを併設したビューティーセンターも完備している。

夕食の時間まで、肌寒い中思い切って、プールで一泳ぎする。
夕食はビュッフェとアラカルトを選べる。夕食のレストランのテラスからは近くに見えるプールと水平に広がる蒼色の海が連なって、遠くの島々のシルエットと共に空に溶け込んでいるようで美しい。

写真左:ホテル・ヴァレ・デ・レリカ入口、右:ホテルから海をのぞむ

●5月19日 遺跡探索とスパ、そしてカラサウ
朝から残念ながら雨。
ビュッフェの豪華な朝食後、午前中はサルデーニャの遺跡探索。
紀元前2000〜3000年の先史時代の墓、トンバ・デイ・ジガンティ リ・ロルギTomba dei Giganti Li Lolghi、ネクロポリ・ディ・リ・ムーリNecropoli di Li Muriや、ヌラーゲと呼ばれる先住民の住居跡をまわった。変わった岩岩、濃い緑のおりなす荒涼とした風景にサルデーニャの特異さを感じる。

午後からはホテルに戻り、タラソ&スパセンター(有料)でサウナ、スチームバス、屋外にある海水の温水プールの中のジェットマッサージを楽しむ。
リラックスついでにオイルマッサージを雨音のBGM付きでしてもらう。心身共にリラックスして眠りに落ちていった。

夕食は今晩はアラカルトをとる。
カルタ・ディ・ムージカ(楽譜)またの名をカラサウcarasauと言う、ピザのような形をした紙の様に薄いパンはクリスピーで軽く、ギンギンに冷えた白ワインべルメンティーノ・ディ・ガッルーラと一緒に食べだしたら止まらなくなってしまう!
サービスのカメリエーレ(ボーイ)は皆ハンサムでやさしいし、お料理もバリエーションが豊富で美味しかった。


写真左:先史時代の墓リ・ロルギ、右:サルデーニャのお菓子、セアダ

●5月20日 サルデーニャの美味
今日も朝から大雨プラス大風だ。いつもはお天気女の私も威力なしということで、サッサリSassariのスローフード推奨のレストランへ一路。途中、サンタ・テレーザを通りダイナミックな風景の海岸線をドライブする。

思いがけずレストランが早く見つかった。
人口12万の高層マンションの多いサッサリの街は、荒涼としたサルデーニャの風景の中にいた私を現実の世界に戻してくれた。
レストランの名前は、トラットリア・ダ・ジェズイーノ Trattoria da Gesuino。
サルデーニャ名物ボラの卵巣で作るからすみは、海洋民族のフェニキア人がサルデーニャを征服していた時の歴史的な置き土産・・・ これでもかという位の量のからすみのサラダは塩分も強いので、白ワインがハイピッチで飲めてしまう!

からすみのスパゲッテイを食べたいところを我慢してセコンドは、子豚のオーブン焼きmaialetto da latte ai forno。サルデーニャは羊が有名と思ったら、イースターのころまでの子羊しか地元では食べないそうで、子豚をどうぞと薦められた。皮がぱりぱりに焼かれたさっぱりした味の子豚だった。

デザートは絶対食べたいと思っていたセアダseada!!
特大ラビオリに羊乳製リコッタチーズをつめて揚げ、ヤマモモのハチミツをかけたサルデーニャ独自の素朴なドルチェ。
アー・・・美味しかった!!
ホテルまでの帰り道、海に面した中世の集落が特徴的なカステルサルドCastelsardoを通りながら、途中の魚屋さんでからすみのお土産を求めた。

夜は軽くビュッフェの夕食をと思いながら、美味しそうなお料理についつい手が伸びてしまっている。
明日はもう、ミラノ・・・ あっという間の3泊。お天気には恵まれなかったが充分なリフレッシュになった。
ミラノのような大都会にいると、こういう素朴な自然の中にいるだけでリラックスする。美しい海、荒涼とした丘陵・・もう少し近いといいのにと思うが、またぜひ近いうちにゆっくり訪れたい。


宿泊先
ヴァレ・デ・レリカ VALLE DELL'ERICA

http://www.regency-grp.com/sardegna/erica.htm


中田さんプロフィール
東京生まれ。在伊 20数年(ローマ、ミラノ)。96年よりAss.Culturale ARTE GIAPPONE において日本の伝統工芸、書、絵画、デザインの発表の場をミラノ・ブレラで主催している。趣味は旅、料理、ワイン
 



サルデーニャへ行こう
サルデーニャへ行こう アルキーヴィオへこのページのTOPへHOME PAGEへ


 
http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.