JAPAN-ITALY Travel On-Line

イタリア学校・講座ルポ バックナンバー

フィレンツェ Firenze
こんなに楽しくていいの?!自然に身につくイタリア語



チェントロ リングイスティコ イタリアーノ ダンテ アリギエーリ
イタリア語学学校

Centro Linguistico Italiano Dante Alighieri




ここはフィレンツェの真ん中のど真ん中、レプッブリカ広場Piazza Repubblica。2〜300年は余裕で経っていそうな大きな建物の一角が今日お邪魔するチェントロ リングイスティコ イタリアーノ ダンテ アリギエーリ、略してCLIDA(クリーダ)です。ひんやりした石造りの幅広い階段を上り、学校の受付に着くと、重厚な外観とは違って近代的、かつ機能的ではありませんか。ちょうど休憩時間を終えた生徒たちがわいわいがやがやと学校に戻ってきました。ぱっと見ただけでも地球上5大陸すべての出身者が揃っていそうです。

「ボンジョルノ!よく来てくれましたね」と笑顔で迎えてくださったのは理事長のアルベルト・マテラッシ(Alberto Materassi)さん。温厚な感じの初老の男性、初対面のはずなのにどこかで見かけたような...?

●どんな学校?
1966年開校。フィレンツェにある語学学校の中で一番歴史が古く、イタリア語とイタリア文化を教える私立学校のさきがけ的存在です。
photo2
photo3


●どんなコースがあるの?
・語学グループコース(最低2週間から)

・語学個人コース(無理のない1日2時間からどうしても1週間以上時間が取れない人のための11時間コースまで)

・アカデミック イヤー コース(10月開始5月修了。最初の3ヶ月の語学学習に続き、美術、観光、ヨーロッパの社会と歴史のうち、いずれかを受講)

・プロフェッショナルコース(ビジネス、観光)

・イタリアの大学受験準備コース(期間は2ヶ月から5ヶ月)

・文化コース(美術、文学、クラッシック音楽、音楽と映画、歴史と地理。 最低1ヶ月から)

・料理コース(最低1ヶ月から)

など、実に多彩なプログラム。こんなに充実した中からひとつだけのコースを選ぶのは至難の技です。もちろん時間が許す限り、複数のコースの受講も可能です。


●授業の内容は?
グループコースの1クラスは多くても10人余りの少人数制。グループは語学のレベルに応じて細かく分けられるので、自分に合ったレベルのグループで学習できます。AV機器やL.L.などの設備も整っており、毎週金曜日にはイタリア語の映画も観ることが出来てラッキー。しかもここで修了したコースは、北米やヨーロッパの大学で履修の単位として認められているそうで、さすが由緒あるイタリア語教育機関としての実績が証明されていますね。(残念ながら日本の大学では適用されていません。)

課外活動としてはフィレンツェ郊外ツアー、フェラガモ博物館見学など、スペースの都合でここには書ききれないほどのイベントが目白押し(自由参加なので一部のイベントは授業料には含まれていません)。

さらにアカデミックコースでは、毎年春になると7泊8日のシチリア旅行、なんていうビッグイベントも開催されています。


★はるばるイタリア語の発祥の地、フィレンツェに来てまで教室の机にしがみついているのはもったいない!どんどん町に出て生きたイタリア語を吸収する、それが上達の秘訣かもしれません。納得。


●この学校の特色は?
御夫婦で始めた学校のためか、今でも校内はとてもアットホームな雰囲気。「皆、自発的に学びに来ているのだから何事も強制はしません」とおっしゃるマテラッシさんの言葉の通り、学校外の行事もすべて自由参加。そうですよね、イタリアにまで来て試験の夢にうなされるなんてナンセンス。進級か落第か、瀬戸際に立たされ薄氷を踏むような思いで学生生活を送った私は、お話を聞けば聞くほどため息が出るばかり。楽しくリラックスして学べるなんて、なんと理想的な環境!


●どんな人たちが学んでいるの?
ヨーロッパ、USA,カナダ、南米、アジアから、夏期休暇などを利用してやってくる学生もたくさん。18歳から20代の人が中心ですが、やや年配の人も若い人たちに負けず頑張っています。過去には60代の生徒さんもいたとか。恐れ入りました。


★インタビューも終わってそろそろお別れの挨拶を、という時、思い切って聞いてみました。「どこかでお会いしたような気がするんですが...テレビ出演されたことは?」「もしかして...パバロッティ?」「そう!!パバロッティだー!!!」と同時に二人で大爆笑。そうだったのです。校長先生はテノール歌手のパバロッティを一回り小さくした感じ。なんだかますます親しみが湧いてしまうのはきっと私だけではないはずです。



チェントロ リングイスティコ イタリアーノ ダンテ アリギエーリ データ

Data di Centro Linguistico Italiano Dante Alighieri

所在地: Piazza della Repubblica 5
電話: (国番号39) 055-210808
Fax:  (国番号39) 055-287828
E-MAIL: study@clida.it
URL: http://www.clida.it
アクセス: レプッブリカ広場(Piazza della Repubblica)のアーケードの下に入り口があります。

執筆者紹介:

田中 佳代子 (たなか かよこ)
神戸市出身。大阪外国語大学卒業。星座:獅子座、血液型:B型、趣味:春はアスパラ採り、秋はきのこ狩りと栗拾い。特技:いつでもどこでもいくらでも熟睡できる。




* このページの写真および掲載記事内容はAolmaia Country Schoolの所有するものです。
無断での複製はご遠慮下さい。

http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.