JAPANITALY Travel On-line




HOME PAGE

わが町観光自慢
ワイン料理紀行
南イタリア小都市探訪
知られざる博物館

フレッシュレポート
ホテル!
グルメ!
ショッピング!
トピックス!
イベント!

イタリア自然紀行
温 泉
アグリツーリズム
スキー

読み物・エッセイ
イタリア映画の旅
クレモナの工房から
元OL料理修行記
ローマ子育て日記
スポーツ万歳
旅会話レッスン

読者参加スペース
アンケート
メールマガジン申込
私のお気に入り
とっておきの旅

イベントinジャパン
日本で楽しむイタリア
日本における
  イタリア2001


イタリアカレンダー
ア−ト・デザイン
オペラ・バレエ・
クラシック

伝統行事
スポ−ツ

旅行便利帳
旅行前の心得
為替・物価情報リンク集
交通情報リンク集 
イタリアマップリンク集
イタリア情報リンク集
 
JITRAについて
掲載記事一覧

スペシャルガイド
宿泊先
レストラン
ショップ
サービス・その他
州別観光情報
 
バックナンバー
我が町観光自慢
ワイン料理紀行
小都市探訪
知られざる博物館
フレッシュレポート
イタリア自然紀行
読み物・エッセイ


 
市長が語る我が町観光自慢 バックナンバー
 
カパッチョ・パエストゥム市-Capaccio-Paestum
16 November 2000


マリーノ市長
Signor Pasquale Marino, Sindaco di Capaccio-Paestum
市長写真

 


photo1   photo2   photo3   photo4
photo5   photo6   photo7   photo8
※写真をクリックすると大きな画像で見られます


 

カパッチョ・パエストゥム市長、マリーノ氏への質問

JITRA: マリーノ市長さん、パエトゥムやその周辺について簡単に紹介して頂けますか?

私共の自治体は、今日に至るまでサレルノSalerno県の最も重要な中心地として位 置付けられてきました。それは領土が広いだけでなく、進んだ農業技術や、観光によるにぎわい、経済的・商業的な活動によるものです。景観は素晴らしく、見渡す平野には数々のパエストゥムの聖堂I Templi di Paestumがあり、緩やかな弧を描くサレルノ湾(ポシドニアーテ湾Golfo Posidoniate、 または古代に呼ばれていたシヌス・ぺスタヌスSinus Paestanus)へと続きます。

カパッチョCapaccioの町は、多分思いがけない驚きと発見を旅行者にもたらすでしょう。パエストゥム聖堂を始めとして、ジュビレオ(大聖年)2000年の巡礼の行程の一つに選ばれたマドンナ・デル・グラナート寺院Basilica della Madonna del Granato、そして海抜450メートルの素晴らしいロケーションにあるカパッチョ中心地は、チレント公園 Parco del Cilentoの始まりにあり、生い茂る松林に沿って更に進むと、その南にはキャンプ施設が備わった浜辺やホテルのある広い砂浜が続いています。又イタリアの中でも最も広い公園の一つであるチレント公園や、カステルチヴィタCastelcivitaの岩、セレSele川にあるペルサーノPersano の自然のオアシスなどもあります。

JITRA:考古学的に価値ある場所やその周辺の地域についてですが、 観光や文化という点でどんな特徴があるのでしょうか?

パエストゥムはイタリア考古学分野で最も重要なものの一つです。宗教的、公的、そして私的な建築物の一連は、奇跡的にもその時代のまま海沿いの各所に残されていますし、塔などは古代ローマ時代の後の、中世やバルバリア(北アフリカ人)の侵入の時代を物語っています。

海岸沿いの道は、海水浴場や開拓されたセレ平野の保養地の横を通り、そしてチレントの青々とした丘を抜けてからサレルノ湾の輝きへと続いて行きます。穏やかな田園は、今も尚2000年前の生活のリズムを刻んでいます。芸術や人間の能力が想像して創り得たものを発見することが「旅」だとするならば、パエストゥムは、その「旅」を価値あるものにしてくれるものなのです。

JITRA: 見逃すことの出来ない場所や、主な催し物を教えて頂けますか?

是非、訪れていただきたい観光名所は、パエストゥム聖堂、12世紀に建てられたマドンナ・デル・グラナート寺院、まさにパエストゥムの宝の一つであるパレオクリスティアーナ寺院Basilica Paleocristiana、県庁所在地であるカパッチョCapaccioにあるフラーティ・ミノーリ修道院Convento dei Frati Minoriです。

さて、私どもの市では、毎年「地中海地域・考古学ツーリズム見本市 Borsa Mediterranea del Turismo Archeologico」を開催しています。今年は第三回で、11月9日から12日まで行われ、イタリア各地及び、近隣諸国からの考古学的遺跡や博物館、地方自治体などが出展します。年を重ねるごとに内容も充実し、出展数やビジター数も増加して来ました。小さな街ではありますが、考古学的遺跡の見本市として世界唯一のものに育てていきたいと思っています。

その他の催し物に関しては、一年を通していろいろと展開されますので、その時期に予定されたプログラムによります。特に知っていただきたいのは、我共の自治体にはホームページwww.paestum.orgがあり、その中に「パエストゥム・ヴァカンスと文化Paestum vacanze e cultura」というリンクをお探しいただけます。「場所について」・「自治体の観光案内」・「催し物」などのリンクから一般 的なイヴェントスケジュールなどの情報が得られるでしょう。

JITRA: 食べ物やショッピングについて、アドバイスを頂けますか?

肉や魚のメインディッシュや、地中海特有の料理、そしてモッツァレッラ・チーズ(水牛の牛乳から作られる)等の名物をお試し頂けるレストランやピザのお店がたくさんあります。どんな方にも楽しんでいただけます。又、ショッピングに関しては、あらゆる種類の店があるカパッチョ・スカーロ Capaccio Scalo、そしてパエストゥムでも出来ます。

JITRA:日本人旅行者へ、市長さんからのメッセージをお願いします。

サレルノ地方へお越しになりたいと思っていらっしゃる日本の方々を、この土地ならではの定評あるおもてなしでお迎え差し上げたいと思います。


 
カパッチョ・パエストゥム(Capaccio-Paestum)市
カンパーニア州 サレルノ県 

交通アクセス
国鉄FS利用:ローマ(Roma)からレッジョカラーブリア
(Reggio Calabria)方面へ。ナポリ(Napoli)又はサレルノ(Salerno)
乗り換え。
急行利用などで4時間前後。パエストゥム下車。

インフォメーション
宿泊・観光案内所:Azienda Autonoma Soggiorno e Turismo -
            Ufficio Informazioni - Paestum
電話番号:(国番号39)0828.811016

国立博物館:Museo Nazionale di Paestum-Soprintendenza Arch.
電話番号:(国番号39)0828.811023
HP:http://www.paestum.org/
  「Paestum vacanze e cultura」から観光情報へ。
カパッチョ-パエストゥム地図



市長が語る我が町観光自慢  バックナンバー
このページのトップへHOME PAGEへ


 
http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.
d