JAPANITALY Travel On-line




HOME PAGE

わが町観光自慢
ワイン料理紀行
南イタリア小都市探訪
知られざる博物館

フレッシュレポート
ホテル!
グルメ!
ショッピング!
トピックス!
イベント!

イタリア自然紀行
温 泉
アグリツーリズム
スキー

読み物・エッセイ
イタリア映画の旅
クレモナの工房から
元OL料理修行記
ローマ子育て日記
スポーツ万歳
旅会話レッスン

読者参加スペース
アンケート
メールマガジン申込
私のお気に入り
とっておきの旅

イベントinジャパン
日本で楽しむイタリア
日本における
  イタリア2001


イタリアカレンダー
ア−ト・デザイン
オペラ・バレエ・
クラシック

伝統行事
スポ−ツ

旅行便利帳
旅行前の心得
為替・物価情報リンク集
交通情報リンク集 
イタリアマップリンク集
イタリア情報リンク集
 
JITRAについて
掲載記事一覧

スペシャルガイド
宿泊先
レストラン
ショップ
サービス・その他
州別観光情報
 
バックナンバー
我が町観光自慢
ワイン料理紀行
小都市探訪
知られざる博物館
フレッシュレポート
イタリア自然紀行
読み物・エッセイ


 
市長が語る我が町観光自慢 バックナンバー
 
レッチェ市‐LECCE
15 February 2001


アドリアーナ・ポリ・ボルトーネ市長
Sig.ra Adriana Poli Bortone,Sindaco di Lecce
市長写真



photo1   photo2   photo3   photo4
photo5   photo6   photo7   photo8
※写真をクリックすると大きな画像で見られます



レッチェLecce市長、ポリ・ボルトーネ氏への質問

JITRA: ポリ・ボルトーネ市長、レッチェ市とその周辺を簡単に紹介していただけますか?

レッチェ市とレッチェ周辺を手短にご紹介するには、ちょっと苦労しますね。実際、レッチェ地域には、コムーネと呼ばれる市、町、村などの地方自治体がその数98もあり、この数字は、他のイタリアの地域と比べるとダントツです。ですから、レッチェから、この地に訪れるすべての人に”語りたいこと”、とくに、お勧めできることは限りなくあるのです。レッチェはサレント地方の中心地として文化・歴史・建築を誇るプーリア州屈指の町といえるでしょう

白亜の石で飾られたバロック様式建築は世界中にアピールできる美しさです。壮大な教会や、修復され息を吹き返したような旧市街、古代文明を語りかけてくるような広場がここにはあると同時に、都市としての顔ももちあわせており、現代を生きぬく他のヨーロッパの町に決してひけをとることはないと思います。しかし、私達の伝統や錨の衣装や古風な価値観といったものからもおわかりになられるように、世界中から訪れる旅人があたかも我が家に辿り着いたかのように感じさせる、この土地の人々の暖かさこそがわが町を唯一無比の場所にしているのだと思います。

また、ここでは海がすべてを意味しています。アドリア海、イオニア海に面するレッチェ周辺の海岸線は旅行者の羨望の的で、オートラントOtranto、ガッリポリGallipoli、サンタチェザレアSanta Cesarea、カストロCastro、ポルトチェザルコPorto Cesarcoなどをはじめとする、すべての海の町には、言い尽くすことのできないほど美しい紺碧に光り輝く海が広がっているのです。文化、歴史、遺跡といったものはそのあとに続く要素です。

JITRA: 観光ないし文化という観点から、レッチェ市の特徴をご説明いただけますか?

レッチェの特筆すべき特徴といえば、街と海の距離が非常に近いということです。レッチェからオートラントOtranto、ガッリポリGallipoli、サンカタルドS.Cataldo、フリゴレFrigole、カーザラバーテCasalabate、トッレキアンカTorre Chiancaといったレッチェ周辺の海岸までは、本当に短時間で着くことができます。ですから、夏の長期ヴァカンスをととりにくい人でも、簡単に素敵なヴァカンスを楽しむことができるでしょう。また、レッチェ市内にステイすると決めた人は、文化に触れたすばらしいヴァカンスを味わうことができます。すべての遺跡や建築をみてまわるには、5〜6日もあれば十分だと思います。

JITRA: レッチェ市の名所や主な催し物にはどういうものがありますか?

サンタクローチェ教会Basilica di Santa Croce、ドウーモDuomoとドウーモ広場、ローマ劇場Teatro Romanoと円形劇場Anfiteatro Romano、オリヴェターニ修道院Convento degli Olivetani、最近、長年にわたる修復作業が終えたサンタンナ音楽院Conservatorio di S.Anna、地方博物館Museo provinciale、アドルノ宮殿Palazzo Adorno、チェレストリーニ宮殿Palazzo dei Celestrini、中心街にある数多くの教会、サントロンツオ広場Piazza S.Oronzo、マッツイーニ広場Piazza Mazzini近辺の新市街などがあげられます。

旧市街のあらゆるところで目にされるはずの張子細工のお店は興味深いものだと思われます。催し物としては、レッチェ3聖人のオロンツオ、ジュースト、フォルトゥナートを祝う8月24,25,26日の3日間が重要日とされます。2001年の夏は、レッチェ市主催の"地中海Mediterranea"というプログラムが、大成功を収めた昨年に続き今年で第2回目を迎え、現在その準備に追われているところです。いろいろな世代に訴えることができるような様々なプログラムを用意しており、リベルテイーニ広場Piazza Libertiniから円形劇場Anfiteatro、ドウーカデイトッレ劇場Cave del Duca di Torreから市民球場Stadio Comunaleなど市内各所で、世界的に有名なアーテイストを招き、音楽、ダンス、芝居にわたって、ここレッチェですばらしい地中海の舞台を繰り広げるのです。現時点で予定されているコンサートはレナート・ゼロRenato Zero、エロス・ラマゾッテイEros Ramazzottiなどがあり、あとは調整中です。

JITRA: どこで何を食べたらいいか、どこでどんな買い物をすればいいか、アドバイスをいただけますか?

市長という立場もありますので、名前を個別に挙げるのは難しいですね。ただ、食べることにしろ、買い物をすることにしろ、皆さんの幅広い好みに満足のいくものであることは間違いありません。アドバイスとしては、レストランであれピッツエリアであれ、サレント地方の"郷土料理"をぜひオーダーして、トライしてみることでしょうか。また、名産品の張子細工の人形とテラコッタ製の笛をお買い求めなさらないうちは、どうかレッチェをあとにしないで下さいね。

JITRA: 日本人観光客にむけて、市長さんからのメッセージをどうぞ。

日本人観光客の皆さんへ、まず、「ようこそ!」と心よりご挨拶申し上げます。 皆さんの心がなごむようなヴァカンスを過ごされますようお祈りしています。どうか、地元の人とのふれあいを通して、レッチェの素敵な思い出を日本へのお土産にしてください。 そして、いつの日かまたレッチェの地を再び訪れてみてください。きっとその時はもうこの地に住みたくなってしまうでしょう。それがレッチェなのです。




レッチェ(Lecce)市
プーリア州 レッチェ県


交通アクセス
飛行機利用:ミラノ・ローマからブリンデイシ空港へ。空港よりレッチェ行きのバスが出ており、所要時間約30分。
ミラノ・ローマからバーリ空港へ。タクシー利用の場合、約100,000リラ。
国鉄FS利用:ミラノよりESユーロスターで約9時間45分、ローマより約6時間15分。
車利用:高速道路A14でバーリまですすみ、その後国道(ストラーダ・スタターレ)SS16のバーリ-レッチェにのり、約1時間15分。

インフォメーション

観光協会:Azienda di promozione turistica leccese
住所:Piazza S.Oronzo, 73100 Lecce
電話番号:(国番号39)0832 248092
e-mail: info@apt.pv.it


市役所広報:Comune di Lecce Ufficio Stampa
住所:Via Rubichi 1, 73100 Lecce
電話番号:800-215259(イタリア国内フリーダイヤル)
e-mail:vito.bruno@libero.it


レッチェ市地図


市長が語る我が町観光自慢  バックナンバー
このページのトップへHOME PAGEへ


http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.