JAPANITALY Travel On-line




HOME PAGE

わが町観光自慢
ワイン料理紀行
南イタリア小都市探訪
知られざる博物館

フレッシュレポート
ホテル!
グルメ!
ショッピング!
トピックス!
イベント!

イタリア自然紀行
温 泉
アグリツーリズム
スキー

読み物・エッセイ
イタリア映画の旅
クレモナの工房から
元OL料理修行記
ローマ子育て日記
スポーツ万歳
旅会話レッスン

読者参加スペース
アンケート
メールマガジン申込
私のお気に入り
とっておきの旅

イベントinジャパン
日本で楽しむイタリア
日本における
  イタリア2001


イタリアカレンダー
ア−ト・デザイン
オペラ・バレエ・
クラシック

伝統行事
スポ−ツ

旅行便利帳
旅行前の心得
為替・物価情報リンク集
交通情報リンク集 
イタリアマップリンク集
イタリア情報リンク集
 
JITRAについて
掲載記事一覧

スペシャルガイド
宿泊先
レストラン
ショップ
サービス・その他
州別観光情報
 
バックナンバー
我が町観光自慢
ワイン料理紀行
小都市探訪
知られざる博物館
フレッシュレポート
イタリア自然紀行
読み物・エッセイ


 
市長が語る我が町観光自慢 バックナンバー
 
アルベロベッロ市 - Alberobello
9 Gennaio 2002


アルベロベッロ市長 
アンジェロ・パナレーゼ氏

Prof.Angelo Panarese, Sindaco di Alberobello


photo1   photo2   photo3   photo4
※写真をクリックすると大きな画像で見られます



アルベロベッロ市長アンジェロ・パナレーゼ氏へのインタビュー

JITRA:  パナレーゼ市長、アルベロベッロ周辺の簡単な説明をお願いします。

アルベロベッロは、イタリア半島のかかとにあたるプーリア州はバーリ市の南東にあり、トゥルッリturulli(ひとつならトゥルッロturullo)と呼ばれる、円筒形の白壁に、円錐形に石をつみあげた屋根をもつ独特の家屋で世界的に有名です。アルベロベッロという名は、おそらくarboris belli (戦争の木)からきています。実際、村の入り口に大きな樫の木があったそうで、この木の近くで戦争の悲劇的な出来事があったといいます。アルベロベッロについての最古の記述は、ノルマン王朝時代にさかのぼります。16世紀中ごろから、ナポリ王のもと、アックアヴィーヴァ伯爵領となります。アックアヴィーヴァ伯爵は、森林を伐採してごつごつと石の多い土地を豊かにするため、周囲の領土から人々を呼びあつめました。農民達は石を掘り出し、それで小屋を建てました。これがトゥルッリの始まりです。けれどアックアヴィーヴァ伯爵家は、小作人たちに、石を組み立てるだけの家を作るよう命じました。王の税金取立てのための調査の際、小作人たちの家をすぐとりこわさせて、税金を払わなくていいようにするためでした。しかし、18世紀終わりには、絶えず家を 造ったり壊したりすることにも、伯爵家の横暴にも耐えかねた小作人たちが、プーリアを訪れていたブルボン家のフェルディナンド4世に直訴し、その結果、王直属の領土となったのでした。現在、人口は約10,700人。人々は、観光、手工芸、農業、アグリツーリズム、第3次産業に多く携わっています。

JITRA: 観光と文化の面での、アルベロベッロの特徴は何でしょうか?

我々の財産は、なんといっても、ユネスコの世界遺産にも指定されている、建築的に非常に興味深いトゥルッリの町並みです。ヨーロッパでも最もよく保存されたこのたいへんユニークな家々には、今も人々が暮らしています。アルベロベッロの町は、行政と住民が力をあわせて、つねに白く美しく保たれています。毎年春になると、家の外壁を塗りなおす条例が出ます。もちろん色は白と決められています。また、農業評議会は、何百年も前と同じように森林を緑豊かに保つよう対策を講じ、歴史的中心地区都市評議会は、町並みを壊さないように、建物は二階建てまでとするなどの措置をとりました。観光にはたいへんいい所です。静かで快適なホテルやアグリツーリズム、おいしいレストランも数多くあります。料理には必ずオリーブオイルを使います。このあたりは昔から農業で生計をたてていますが、このあたりの土壌にもっとも適しているのはオリーブです。チーマ・ディ・モーラcima di molaと呼ばれるオリーブで良質のオリーブオイルを生産しており、「オリーブオイルの道博物館Museo della Strada dell'olio」もできました。年間を通して、様々な催しがあります。特に「国際フォークロアフェスティバルFestival folklorico internazionale」は、近隣諸国から様々なグループが集まり、ダンスと歌を披露する色彩豊かなお祭りです。また、「アルベロベッロ・フォトグラフィーアAlberobello Fotografia」は、南イタリアでは唯一の国際写真展覧会です。

JITRA: 町の見所を教えてください

町には、リオーネ・アイア・ピッコラRione Aia Piccolaと、リオーネ・モンティRione Montiと呼ばれる特徴的な地区があります。とくに、アイア・ピッコラは、約400軒のトゥルッリからなる地区で、商業活動など町の平穏を乱すようなものはなく、おとぎの国のような雰囲気の中、現在もどの家にも人々が暮らしています。いちばん大きなトゥルッロとして、トゥルッロ・ソヴラーノTrullo Sovranoがあります。1700年代中ごろ建てられたもので、12のとんがり屋根を持つ、唯一の二階建のトゥルッロです。内壁の厚みを利用して階段がつくられています。トゥルッリ・シャメージTrulli siamesiは、二つの尖がり屋根、二つの入り口がありますが、これは昔、同じ娘に恋をした兄弟がけんかをして家をふたつに分けたからだという言い伝えがあります。

JITRA:  アルベロベッロでの、食べ物やおみやげ物についてアドバイスをいただけますか。

8月の後半には、手工芸博覧会Mostra dell Artigianato turistico がヴィッラ・セミナーリオVilla Seminarioにて開催されます。地元の手工芸品から食料品まで、色々なものが手に入りますよ。アルベロベッロには33のレストランがあり、オレッキエッテと呼ばれるパスタや、さまざまな野菜、ヤギや羊肉の料理などをはじめ、素朴で純粋な伝統的な料理をふるまっています。また、チーズの種類は多く、ブッラーテ、カチョカヴァッリ、シラーニ、カチョッテ、ストラッチャテッレ、マンテーケ、カネストラーティ、プリモ・サーレ、カチョリコッタなどがあります。

JITRA: 日本からの観光客にむけて、何か一言どうぞ。

日本のみなさん、こんにちは。"トゥルッリの里"アルベロベッロはきっと日本でもよく知られていることでしょう。じっさい、日本の画家の方たちがおおぜいこの町を描きにやってきますし、最近、東京のデパートでアルベロベッロを描いた展覧会が催されたと聞きます。また、アルベロベッロは、近々、日本の白川郷と姉妹都市として文化交流を行う予定です。アルベロベッロはとてもすてきなところです。日本のみなさん、ぜひ、バカンスをすごしにいらしてください。忘れられない思い出になることでしょう。


アルベロベッロ(Alberobello)市
プーリア州 バーリ県


交通アクセス
列車:バーリから私鉄で1時間半〜2時間
自動車:高速道路A14を、バーリから南へ、Gioia di Colleジョイア・ディ・コッレで下車。国道604号線で東へ、ノーチNociを通ってアルベロベッロへ。

インフォメーション
市役所
Tel.:(国番号39)080-4321118
HP: www.comune.alberobello.ba.it
E-mail: comune.alberobello@libero.it

観光局:Ufficio turismo
所在地:Piazza del Popolo
Tel.:(国番号39)080-4321200 / Fax: 080-4325706

インフォメーション:Info point = I.A.T. Casa D'Amore
所在地:Piazza Ferdinando IV
Tel/fax:(国番号39)080-4322580
E-mail: casadamorealberobello@hotmail.it


アルベロベッロ市地図



市長が語る我が町観光自慢  バックナンバー
このページのトップへHOME PAGEへ


http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.