JAPANITALY Travel On-line




HOME PAGE

わが町観光自慢
ワイン料理紀行
南イタリア小都市探訪
知られざる博物館

フレッシュレポート
ホテル!
グルメ!
ショッピング!
トピックス!
イベント!

イタリア自然紀行
温 泉
アグリツーリズム
スキー

読み物・エッセイ
イタリア映画の旅
クレモナの工房から
元OL料理修行記
ローマ子育て日記
スポーツ万歳
旅会話レッスン

読者参加スペース
アンケート
メールマガジン申込
私のお気に入り
とっておきの旅

イベントinジャパン
日本で楽しむイタリア
日本における
  イタリア2001


イタリアカレンダー
ア−ト・デザイン
オペラ・バレエ・
クラシック

伝統行事
スポ−ツ

旅行便利帳
旅行前の心得
為替・物価情報リンク集
交通情報リンク集 
イタリアマップリンク集
イタリア情報リンク集
 
JITRAについて
掲載記事一覧

スペシャルガイド
宿泊先
レストラン
ショップ
サービス・その他
州別観光情報
 
バックナンバー
我が町観光自慢
ワイン料理紀行
小都市探訪
知られざる博物館
フレッシュレポート
イタリア自然紀行
読み物・エッセイ


 
市長が語る我が町観光自慢 バックナンバー
 
ペルージャ市 − Perugia
20 Marzo 2002


ペルージャ市長   
レナート・ロッキ氏

Sig.Renato Locchi, Sindaco di Perugia
市長の顔


photo1   photo2   photo3   photo4
※写真をクリックすると大きな画像で見られます
写真提供: ウンブリア観光局)




ペルージャ市長   レナート・ロッキ氏へのインタビュー

JITRA: ロッキ市長、ペルージャとウンブリアの簡単な紹介をお願いします。

ウンブリアの玄関、ペルージャへようこそ。中部イタリアの緩やかな丘の上にあるペルージャはウンブリア州の州都、地理的にもちょうど州の中心にある芸術の町です。ペルージャはアッシジ、オルヴィエート、グッビオ、スポレート、トーディ、チッタ・ディ・カステッロなど歴史的・芸術的価値のある各地に行くには絶好の拠点です。これらの町は美しい自然に囲まれ、それぞれが特徴ある景観を呈しています。また、ウンブリアの町はさまざまな時代の文化遺産を鑑賞する絶好のチャンスですので、若者から芸術愛好家まできっとウンブリアの魅力の虜になることでしょう。

JITRA: 文化面、観光面でのペルージャの特徴は?

ペルージャではコンサートや演劇、国際レベルの展覧会や会議などのイベントが開かれ、社会・文化面でもバラエティーに富んでいます。また、14世紀に開講された大学 Università degli Studi外国人大学 Università per gli Stranieriのお陰で、ペルージャはさらに国際色豊かな町となっています。観光の面でもペルージャの歴史的中心地区は見所が目白押しです。町を囲む城壁は三重で星のような型になっており、エトルリア-ローマ時代、中世、ルネッサンス時代と町が発展していった様子がよく分かるでしょう。町の中心には数え切れないほどの歴史的、芸術的モニュメントがあり、町そのものが博物館であると言ってもよいでしょう。ペルージャを観光する際に目安になるのは、リオーネrioneと呼ばれる5つの地区、すなわち北のポルタ・サンタンジェロ、北東のポルタ・ソーレ、南のポルタ・サン・ピエトロ、南西のポルタ・エブルネア、そして西はトラジメーノ湖の方向を向いたポルタ・サンタ・スザンナです。各リオーネは貴重な宝物、いろいろなモニュメントや芸術作品を保管しており、現在でも町の発展を時代を追って証明することができます。

JITRA: では町の見所やイヴェントを教えてください。

ペルージャはロッカ・パオリーナ Rocca Paolina(1500年代にローマ法王が建設させた要塞。現在はエスカレーターがあるので内部を簡単に移動できる)から市役所 Palazzo Comunaleフォンターナ・マッジョーレ Fontana Maggiore(ジョヴァンニとニコラ・ピサーノが彫刻した噴水で、町のシンボルとして親しまれている)のあるピアッツァ・クアットロ・ノヴェンブレのある中心部だけでなく、迷路のように入り組んだ路地に入り込んでいるうちに、思いがけず美しい広場や重厚な建物に出会ったり、見晴らしのよい場所を発見したりするうちに、そのよさが十分に分かっていただけるはずです。有名な国立ウンブリア美術館 Museo Nazionale dell’Umbria には13世紀から19世紀にかけてのイタリア美術の傑作が年代順に展示されており、国立考古学博物館 Museo Nazionale Archeologicoでは町の発展に関する資料が見られます。パラッツォ・デッラ・ペンナ Palazzo della Pennaでは常設展の他に特別展も催されます。近日公開予定のロッカ・パオリーナ博物館 Museo della Rocca Paolina、水道工学の素晴らしい例であるエトルリア時代の井戸 Pozzo Etrusco、ラファエロのフレスコ画が保存されているサン・セベーロのチャペル Cappella di San Severoなども見所のひとつです。 この他に毎年音楽、文化、グルメ、スポーツのイベントが催されています。一例をあげると、ウンブリア・ジャズ Umbria Jazz(7月)、サグラ・ムジカーレ・ウンブラ Sagra Musicale Umbra(9月)、ペルージャ・クラッシコ Perugia Classico(10月)、エウロチョコラーテ Eurocioccholate(10月)、ブレックファースト Breakfast(4月)、グリフォニッシマ Grifonissima(4月)などです。

JITRA: ペルージャの郷土料理の楽しみ方は?

郷土料理を出すレストランは数多く、歴史的中心地区のあちらこちらにありますので、ウンブリアの誇る伝統料理をお楽しみください。小麦は数々の料理の基本です。例えばトルタ・アル・テスト torta al testoは小麦粉と水と塩をこねたものを暖炉で熱々にした石の上で焼いたもの。独特の形をしたトルタ・ディ・パスクア torta di Pasquaは小麦に卵とチーズを加え、長時間発酵させた後、薪の釜で焼きます。ブルスケッタは地元でとれた最高のオリーブオイルを賞味するのに最適でしょう。近郊の畑で採れた穀物や野菜は、伝統的なスープ(ミネストローネ、エジプト豆のスープ、レンズ豆のスープ)や風味豊かなサラダには欠かせません。ウンブリアの典型的な肉料理としては野うさぎの煮込みかアラビアータ、いのしし肉のポレンタ添え、ソーセージ、鳩の詰め物があります。これらの肉料理には伝統的なペルージャのイル・トレッロ il torelloが添えられます。さらに、チャラミコーラ ciaramicola、マッケローニ・ドルチ maccheroni dolciなど、くるみと蜂蜜を使ったお菓子、カーニバルのストゥルーフォリ strufoli、暖炉で熱々にした鉄で焼いたチャルデ cialde などはヴィン・サント Vino Santo の名で親しまれているリキュールワインがよく合うでしょう。また、伝統料理を引き立てる地元のDOC、DOCGワインもお忘れなく。 いくつかの郷土料理レストランをご紹介します。ダ・チェザリーノ Da Cesarino(Piazza IV Novembre)、イル・ソーレ Il Sole(Via Oberdan)、ラ・タベルナ La Taverna(Via delle Streghe)、ラ・モンタニーナ La Montanina(Via del Sole)、アルトロモンド Altromondo(Via Cesare Caporali)。

JITRA: 最後に、日本からの観光客に向けてコメントをお願いします。

ペルージャは国際色豊かな町です。芸術やウンブリア州の自然の美しさ、暖かいホスピタリティーに惹かれて訪れる旅行者も留学やレジャーを楽しむために再びこの町を選んでいます。ペルージャ市民も町を愛し、日々、心をこめて町の保存に努めています。現在、過去、未来のわれわれの努力の成果を日本から来る皆さんにお見せできるのはこの上ない光栄であり、また日本の皆さんがペルージャを更に大きな町にしてくださることを確信しています。


ペルージャ(Perugia)市
ウンブリア州 




列車:ローマからES(ユーロスター)で約2時間。直行でない場合はローマ−アンコーナ線に乗り、フォリーニョFolignoで乗換え。 ミラノからはIC(インターシティ)Tacito(ターチト)が直行で所要時間6時間。フィレンツェからは直通で約2時間。テロントラTerontolaで乗り換えて約2時間半。
自動車:北から高速道路A1をVal di Chianaで降りて、国道S327とS75bisでペルージャまで。ローマ−ペルージャ間は170キロ。高速道路A1をオルテOrteで降りて、S204,E45でペルージャまで。
飛行機:ミラノ−ペルージャ アリタリア航空が1日に3便。
バス:SULGA(Società Umbro-Laziale Gestione Autolinee 電話:(国番号39) 06-5009641)ローマ・ティブルティーナ駅前出発、所要時間約2時間15分(1日6本)。フィレンツェからは約2時間(1日1本)。
インフォメーション
市役所:Comune di Perugia
住所:Palazzo dei Priori, Corso Vannucci 06121 PERUGIA
電話:(国番号39)075-5771 Fax:075-5730474
HP:www.comune.perugia.it
インフォメーションオフィス
住所:Piazza IV Novembre
電話:(国番号39) 075-5723327

Trento



市長が語る我が町観光自慢  バックナンバー
このページのトップへHOME PAGEへ


http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.