JAPANITALY Travel On-line




HOME PAGE

わが町観光自慢
ワイン料理紀行
南イタリア小都市探訪
知られざる博物館

フレッシュレポート
ホテル!
グルメ!
ショッピング!
トピックス!
イベント!

イタリア自然紀行
温 泉
アグリツーリズム
スキー

読み物・エッセイ
イタリア映画の旅
クレモナの工房から
元OL料理修行記
ローマ子育て日記
スポーツ万歳
旅会話レッスン

読者参加スペース
アンケート
メールマガジン申込
私のお気に入り
とっておきの旅

イベントinジャパン
日本で楽しむイタリア
日本における
  イタリア2001


イタリアカレンダー
ア−ト・デザイン
オペラ・バレエ・
クラシック

伝統行事
スポ−ツ

旅行便利帳
旅行前の心得
為替・物価情報リンク集
交通情報リンク集 
イタリアマップリンク集
イタリア情報リンク集
 
JITRAについて
掲載記事一覧

スペシャルガイド
宿泊先
レストラン
ショップ
サービス・その他
州別観光情報
 
バックナンバー
我が町観光自慢
ワイン料理紀行
小都市探訪
知られざる博物館
フレッシュレポート
イタリア自然紀行
読み物・エッセイ


 
市長が語る我が町観光自慢 バックナンバー
 
ピンツォーロ市 - Pinzolo
17 Febbraio 2003


ピンツォーロ市長マウロ・マンチーナ氏  
Sig.Mauro Mancina, Sindaco di Pinzolo
市長の顔


photo1   photo2   photo3   photo4
※写真をクリックすると大きな画像で見られます
写真提供:ピンツォーロ




ピンツォーロ市長 マウロ・マンチーナ氏へのインタビュー

JITRA:マンチーナ市長、ピンツォーロ市周辺の簡単な説明をお願いします。

ピンツォーロPinzolo市は、イタリア北東のトレントTrento県内に位置します。人口は3000人で、3町村に分かれています。ピンツォーロ市(標高800M)とサンタ・ディ・マヴィニョーラS.A. di Mavignolaは、世界的に有名なマドンナ・ディ・カンピリオMadonna di Campiglio (標高1500M)と並ぶ観光地です。この地域の土地の特徴は、地質的にも自然学的にも違う二種類の山脈の美しさが存在していることです。東部には、カンパニル・バッソ山Campanil Basso、クロッツォン山Crozzon、トーザ山Tosaの様に、世界的有名なアルプス山脈特有の鋭い山頂を持つドロミティ山脈の一部、ブレンタ山脈Gruppo di Brentaがあり、西部には、歴史的にもアルプス地質体系的にもとても重要な二つの氷山で、花崗岩質の複合体、アダメッロ山Adamelloとプレサネッラ山Presanellaがあります。この地域の環境の美しさは、植物、花、稀な動物が豊富な900平方キロメートルに広がるアダメッロ・ブレンタ自然公園Parco Naturale Adamello Brentaとして、トレンティーノ州によって保護されているからと言えるでしょう。しかも、ヨーロッパ共同体は、この自然公園内にほぼ消滅した黒熊の再導入を試みました。
ピンツォーロの市街地からすぐの所には、アダメッロ山Adamelloとプレザネッラ山Presanellaの麓へ導くジェノヴァ渓谷Val Genovaがあります。サルカ川Torrente Sarcaに沿う長さ20kmにも及ぶその渓谷は、とても美しく数多くの滝cascataや思わず感動してしまう小路scorcioもあり、アルプス渓谷の中でも有名です。
マドンナ・ディ・カンピリオMadonna di Campiglioからは数々の山頂やブレンタ山脈の山小屋に向けての登山コースsentieriがあります。その他にも、西部には5つの湖の観光コースや、ヴァッレジネッラ渓谷Vallesinellaや、ブレンタ渓谷Val Brentaもあります。


JITRA:観光面でのピンツォーロの特徴は何でしょうか?

マドンナ・ディ・カンピリオMadonna di Campiglioは世界的にも有名な山の観光地です。その山々の美しさや、見晴らしは勿論の事、登山コースにしても、難しさを求める方、好奇心のある方、パノラマが見たい方それぞれの目的に多用しています。スキーゲレンデpista da sciも最高で、山とスポーツを愛する方にはもってこいの観光地と言えるでしょう。その中でも、アルペンスキーsci alpinoのゲレンデは150kmの長さで、すべてのゲレンデが町の中心に向かっていて、そこが出発地点だったり、最終地点だったり、合流地点だったりします。それに、登山ロープウェーfuniviaはとても快適で、技術的にも前衛を行く設備です。スキーや行楽の疲れを癒したい時は、昼食、夕食に限らずいつでも山小屋rifugioで美味しい地元特有のお料理piatto tipicoが食べられます。マドンナ・ディ・カンピリオMadonnna di Campiglioはノルディックスキーsci nordicoを楽しむ方には、周囲30kmのトラックanelliもあります。他にも、遠足スキーや、アルプス専門のガイドguida alpinaと共にストックracchetteだけで雪の中を歩くことも出来ます。そして、アダメッロ・ブレンタ自然公園Parco Naturale Adamello Brenta内にあるエスキモーの家iglooで一夜を明かすことが出来るのはイタリア唯一と言えるでしょう。イヌゾリsleddogに乗って北国体験をしたり、パラグライダーParapendioでの冒険をしたりするのもなかなか感動的だと思いませんか。
マドンナ・ディ・カンピリオMadonna di Campiglioは、有名人や政治家、実業家に出会うことも稀ではありません。世界的スターもこのドロミティの自然環境と、快楽の多様性に惹かれてここに訪れるようです。
そして、ピンツォーロPinzoloは、休養とスポーツ(遠足escursionismo、マウンテンバイク、馬術equitazione、パラグライダーParapendio、テニス、スケートpattinaggio、ドッグトレッキングdog trekking等)を目的とする観光客の方、また、ブレンタ山Brenta、アダメッロ山Adamello、プレサネッラ山Presanellaの山頂を目指す方にも、都市建設的、文化的に理想の町と言えるでしょう。さらに、登山設備は最高で、全ヨーロッパでも指折りの素晴らしい景色が望めるドス・デル・サビオン山Dos del Sabionの標高2100m地点までたどり着くことが出来ます。そこからはトレンティーノ州西部の山や渓谷360度見渡すことが可能です。そして、その地点は、冬季ならばアルペンスキーsci alpinoとスノーボード、夏季は遠足escursioneやトレッキングの出発点として利用できます。
マドンナ・ディ・カンピリオMadonna di CampiglioとピンツォーロPinzoloを総合すると、約90のホテルがあります。そして、そのホテルはすべて家族対応で、心も体も休まる環境が整っており、特に思い出に残るバカンスを過ごしたい方には最適と言えるでしょう。

JITRA:ピンツォーロ市お勧めの名所や催しにはどんなものがありますか?

マドンナ・ディ・カンピリオmadonna di CampiglioとピンツォーロPinzoloのお勧めできるエリアは、まず町の中心街centroです。世界的有名なお店から地元職人の手作りの品が買えるお店negozi degli oggetti artigianali 、レストランやついついにおいに誘われる食品専門店があります。もちろん渓谷の自然芸術美観光ツアーViaggio nei luoghi d’arte della Valleにも行ってみる価値があるでしょう。名所と言えば、ピンツォーロPinzoloのサン・ビジリオ教会Chiesetta San Vigilioと、カリゾーロCarisoloのサント・ステファノ教会Chiesetta Santo Stefanoで、バシェーニス家I Baschenisが聖像破壊をテーマにして描いたDanza Macabra (マカブラのダンス)や、このエリアと、その時代には異例のテーマDanza della Morte( 死のダンス)を見ることが出来ます。この周辺で、15世紀半ばから16世紀半ばの約100年間のあいだアルプス山脈の渓谷にはかなりの限界が近づいている、と表明した一風変わった芸術ヒューマニズム団体の主人公達が、バシェーニス家の一族で、彼らは、レンデーナ渓谷の神聖な建物ほとんどにフレスコ画を描いていたと伝えられています。それらの歴史的な絵画も鑑賞してみてはいかがですか。
イベントは、冬季夏季シーズン中豊富です。特に、マドンナ・ディ・カンピリオでは、今年一月、あのフェラーリの二主役ミハエル・シューマッハとルーベンズ・バリケッロが国際的出版社との取材を行いました。二月には、マドンナ・ディ・カンピリオにて、アスブルジコ・カーニバルil Carnevale Asburgicoと言う特別なお祭りが行われます。それは、1800年代終わり頃オーストリア帝国宮廷で吉日を祝った習慣が、この町でも流行っていた事を記念するお祭りです。スポーツに関しては、ワールドカップの参加権を手にする事が出来ると言うイタリアで最も歴史のあるスラローム大会“トレトレ”3treが行われます。あのアルベルト・トンバや、イングマー・ステンマークが有名になった大会です。スノーボードやフリースタイルの大会も行われます。ピンツォーロでは、ここ3年、国際スキージュニア冬季オリンピック大会としてスキージュニア杯を行う事について論議しています。夏季は、この周辺特有の伝統tradizioneや文化cultura、地元料理gastronomica del territorio等を紹介するイベントが観光客を楽しませます。

JITRA: 食べ物のお勧めや、どんなお買い物をすれば良いかアドバイスがあればお願いします。
山でしか口に出来ない味覚sapori della montagna はたくさんあります。もちろんマドンナ・ディ・カンピリアやピンツォーロのレストランでそれを味わうことが出来ます。それか、ボッテガbottega(専門店)で、昔から代々各名人によって伝えられた方法で作られたサラミsalameやハムprosciutto、手作りチーズformaggio lavorato等、多数の名産がお求め出来ます。レストランのお料理は特に凝っていて、シンプルな素材の上、味のしっかりした地元料理は、シェフによって更にオリジナルアレンジされています。例えば、前菜antipastoからデザートdolceまですべてポレンタporenta(とうもろこしの粉)をベースにした特別メニューもあります。それか、しゃくなげの花の蜂蜜と食べる地元のチーズformaggio locale con miele di rododendroもお勧めです。レンデーナ渓谷の特産チーズ、スプレッサSpressaは、しっかりした味の反面とても軽く、昔と違って工場生産ですが、伝統的手法の秘密はしっかり守られています。サラミと言えば、この渓谷はにんにく入りサラミsalame all’aglioの発祥地でもあります。サラミは自然放牧の厳選された肉を豚の腸に詰め、50〜65日間寝かせて作られます。他に、豚の背肉にスパイスを加えねかせたスペック・クアドラートも、渓谷の特産です。正方形、又は長方形に切られた肉の固まりを、ねずの木のつるでブナの木屑を縛り、それを燃やした煙で燻します。デザートdolceは、もちろん定番のストゥルーデルstrudel(アップルパイ)、そしてクロスタータ・コイ・フルッティディボスコcrostata con i frutti di bosco(木の実のパイ)、トルタ・ディ・フレゴロッティtorta di fregoloti(アーモンド入りケーキ)、トルタ・ディ・カロッテtorta di carote(キャロットケーキ)等があり、雪の上で一日を過ごした後、パスティチェリアpasticceria(ケーキ屋さん)で、エスプレッソespressoと一緒に召し上がって頂くのがお勧めです。
伝統と味覚ツアーitinerario del sapore e della tradizioneしては、味のブティックと言っても良いほど特有な地元食材を色々揃えた専門店や、トレンティーノ州料理cucina trentina とレンデーナ渓谷料理cucina rendeneseの幻のレシピが生み出す豊かな香りに誘われてたどり着くレストランへ行って頂けば、体育会系の方にも、味にうるさい方にも満足して頂けるでしょう。このツアーに興味のある方は、レンデーナ渓谷の中心街centro、山in quota、オープンエリアall’aperto等、何処でも試すチャンスがあります。

JITRA:日本人観光客へのメッセージをお願いします。

マドンナ・ディ・カンピリオMadonna di Campiglio とピンツォーロPinzoloは、自然と山とスポーツ、そして伝統を愛する方には最高な観光地です。そして、遠方から来て頂く方に貴重なバカンスを楽しんでいただいた上で、この地方の特徴や文化、山の素晴らしさを見て分かって頂く事が出来たら幸いです。
こちらのアルプス方面にいらっしゃる際には、是非、ブレーシャBrescia、トレントTrento、ヴェローナVerona、ヴェネツィアVenezia等、イタリアの芸術や文化の街にも立ち寄ってみて下さい


ピンツォーロ市データ
Dati di Pinzolo
 


(トレンティーノ州 )
観光案内所:APT, Azienda Promozione Turistica Madonna di Campiglio,Pinzolo,Val Rendena
所在地:via Pradalago, 4 - 1 38084 Madonna di Campiglio (TN)
電話番号:(国番号39)0465-442000 / FAX: 0465- 440404
e-mail:info@campiglio.net HP:www.campiglio.net

Trento



市長が語る我が町観光自慢  バックナンバー
このページのトップへHOME PAGEへ


http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.