JAPANITALY Travel On-line



検索
HOME PAGE

わが町観光自慢
ワイン料理紀行
南イタリア小都市探訪
知られざる博物館

フレッシュレポート
ホテル!
レストラン!
ショップ!
トピックス!
イベント!

イタリア自然紀行
温 泉
アグリツーリズム
スキー

読み物・エッセイ
イタリア映画の旅
クレモナの工房から
元OL料理修行記
ローマ子育て日記
スポーツ万歳
旅会話レッスン

読者参加スペース
アンケート
メールマガジン申込
私のお気に入り
とっておきの旅

イベントinジャパン
日本で楽しむイタリア
日本における
  イタリア2001


イタリアカレンダー

ア−ト・デザイン
オペラ・バレエ・
クラシック

伝統行事
スポ−ツ

旅行便利帳
旅行前の心得
為替・物価情報リンク集
交通情報リンク集 
イタリアマップリンク集
イタリア情報リンク集
 
JITRAについて
掲載記事一覧

スペシャルガイド
宿泊先
レストラン
ショップ
サービス・その他
州別観光情報
 
バックナンバー
我が町観光自慢
ワイン料理紀行
小都市探訪
知られざる博物館
フレッシュレポート
イタリア自然紀行
読み物・エッセイ
 
市長が語る我が町観光自慢
 
オリスターノ市  Oristano
15 luglio 2005


オリスターノ市長 アントニオ・バルベリオ氏
Sindaco di Oristano Sig. Antonio Barberio


photo3 photo1 photo4 photo2

※写真をクリックすると大きな画像で見られます
写真提供:
オリスターノ市



オリスターノ市長 アントニオ・バルベリオ氏へのインタビュー

JITRA:市長さん、チオリスターノ市について簡単に紹介してください。

市長:サルデーニャ島西海岸にある町オリスターノは人口3万人余り。経済はサービス業と農業を基盤とし、最近はツーリズムの分野を開拓中です。
町の歴史は古代タロスとアルボレア国の歴史が交じり合っています。古代タロスはフェニキアを起源とする中心地で、特に古代ローマ時代には地中海の交易で重要な役割を担いました。今でも当時の遺跡が残っており、特別な魅力を放っています。また、アルボレア国はその当時の最も強力な国々とわたりあう力をもった真の王国でした。
オリスターノは、サルデーニャの中西部、カンピダーノCampidano平野の重心となる場所に位置しています。交通の便が良く、オリスターノから島の主要な地域に短時間で行くことができます。また、自然の広がる平地は特に自転車で旅をする人に親しまれています。

JITRA:観光面から見たオリスターノの特色は何でしょうか?

市長:海、文化、伝統、この3つが旅行者のみなさんにとって特に魅力ある要素です。町はオリスターノ湾に面し、シニス海岸から数キロのところにあります。このあたりにはまだ観光客が押し寄せてきていないので、地中海の熱い太陽の下、魅力的な海岸と透明な水を前にして静かなバカンスを過ごすことができます。
私達の町やその近郊を訪れる人は偉大な歴史の遺産を発見することができるでしょう。アルボレア王とエレオノーラ妃の歴史は、過去において正真正銘の王国だったこの島の自治主義的感情を呼び起こします。また、6世紀前にエレオノーラ妃によって発布されたログ憲章は、法律集の最も早いモデルの一つです。
タロスやサルティッリアの他、セディロの町のアルディアと呼ばれる馬の競技やカブラスの裸足の競争、サンタ・ジュスタのファッソイスのレガッタなどこの地域で行われる催し物も忘れてはいけないでしょう。

それから、オリスターノは陶器の古い伝統を持つ町です。何世紀もかけてフィゴーリ(古くには製陶職人のことをこう呼んでいました)たちがオリスターノを有名にしてきました。今では新しい職人たちがこの伝統を伝え、非常に価値のある製品を作り出しています。

JITRA:オリスターノの町で見逃してはならない見所、イベントを教えてください。

市長:オリスターノの古い中心地だったタロスの町を先に話しました。タロス人は1070年にオリスターノを築くため彼らの家を後にし、中世の時代、特に1300年から1400年代にかけてアルボレア王国の首都となるまでに成長しました。この輝かしい時代を証言するものを、サンタ・マリア聖堂 Cattedrale di Santa Mariaサンタ・キャーラ教会Chiesa di Santa Chiara、町を囲む古い壁、完璧に保存されたサン・クリストフォロ San Cristoforoポルティセッダ Portixeddaの塔などに見ることができます。中世の時代に浸りたい人には是非訪れてほしい場所です。アルボレンセ古代博物館 Museo Antiquarium Arborenseに保管された遺跡を尋ねてもいいですね。

また、当時はサルティッリア Sartigliaもありました。中世時代に起こった騎士の馬上競技で、今でもカーニバルの最後の日曜日と火曜日に開かれます。当時の装束と仮面を身につけ、剣をたずさえたおよそ10人の騎士たちが主役です。オリスターノの聖堂前の道に糸が張られ、彼らはそこにぶらさがった星を突かなければなりません。競技はス・クンポニドーリと呼ばれる人物が導きます。彼は競技の開会・終了を指揮し、時間を口述し、競技に挑戦する名誉を得る騎士を選ぶのです。剣に突き刺さった星の数でその年の収穫の良し悪しを占う言い伝えもあります。この馬上競技の後、騎士たちの行進はマッツィーニ通りに移ります。そこでは3人のグループになり、パリッリエPariglieの熱狂的なアクロバットを披露します。

JITRA:市長さんのおすすめの特産品、お店などはありますか?

市長:オリスターノ県は特に食文化の伝統が強く残っているところです。オリスターノ湾の魚、あるいはカンピダーノCampidanoのワインやデザートなど、選ぶのに迷ってしまうほどです。例えばデザートではモスタッチョリmostaccioli、ワインではベルナッチャvernacciaを挙げることができます。カブラスCabrasの特産品カラスミbottargaも忘れてはいけないですね。世界の他の地域が真似をしようとしてもできないものです。
ショッピングの場所も、特に歴史的中心地にたくさんあります。

JITRA:最後に市長さんから日本人旅行者へのメッセージをお願いします。

市長:オリスターノは100%リラックスしたバカンスを過ごすのに理想的な場所です。そして、あらゆる場所が未知の地域です。人がよく訪れる知られた場所ではなく、好奇心をかきたてられる面白い目的地が見つかるはずです。サルデーニャの伝統的なホスピタリティに加え、オリスタネージ(オリスターノの人たち)には思慮深さがあり、私達のお客様を大事に扱います。 オリスターノの町やこの地域の情報を知るには、オリスターノ市あるいは県の観光協会のサイトを開くだけで充分です(下記参照)。是非オリスターノ発見の旅にいらしてください。



オリスターノデータ
Dati di Oristano

■アクセス
オリスターノには鉄道駅があり、主要都市からの電車が止まります。カリアリからは約1時間〜1時間半。サッサリからは2時間半です。また、オリスターノとカリアリ・エルマスCagliari Elmas空港を結ぶバスも出ています。所要時間約1時間半。

■インフォメーション
オリスターノ市役所 Comune di Oristano
Piazza Eleonora 44
Tel: 0783-7911 Fax: 0783-791229
URL: http://www.comune.oristano.it
E-mail: info@comune.oristano.it

オリスターノ県観光局 Ente Provinciale per il Turismo
Piazza Eleonora 19
Tel: 0783-36831, 0783-3683210 Fax: 0783-3683206
URL: http://www.inforistano.it
E-mail: enturismo.oristano@tiscali.it


Oristano



 
http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.