JAPANITALY Travel On-line



検索
HOME PAGE

わが町観光自慢
ワイン料理紀行
南イタリア小都市探訪
知られざる博物館

フレッシュレポート
ホテル!
レストラン!
ショップ!
トピックス!
イベント!

イタリア自然紀行
温 泉
アグリツーリズム
スキー

読み物・エッセイ
イタリア映画の旅
クレモナの工房から
元OL料理修行記
ローマ子育て日記
スポーツ万歳
旅会話レッスン

読者参加スペース
アンケート
メールマガジン申込
私のお気に入り
とっておきの旅

イベントinジャパン
日本で楽しむイタリア
日本における
  イタリア2001


イタリアカレンダー

ア−ト・デザイン
オペラ・バレエ・
クラシック

伝統行事
スポ−ツ

旅行便利帳
旅行前の心得
為替・物価情報リンク集
交通情報リンク集 
イタリアマップリンク集
イタリア情報リンク集
 
JITRAについて
掲載記事一覧

スペシャルガイド
宿泊先
レストラン
ショップ
サービス・その他
州別観光情報
 
バックナンバー
我が町観光自慢
ワイン料理紀行
小都市探訪
知られざる博物館
フレッシュレポート
イタリア自然紀行
読み物・エッセイ
 
市長が語る我が町観光自慢
 
サッビオネータ市 Sabbioneta
15 gennaio 2006


サッビオネータ市長 アントニオ・ベッカリ氏
Sindaco di Sabbioneta Antonio Beccari


photo1 photo2 photo3 photo4 photo5

※写真をクリックすると大きな画像で見られます
写真提供:
サッビオネータ市



サッビオネータ市長 アントニオ・ベッカリ氏へのインタビュー

JITRA:市長さん、サッビオネータ市とその周辺について簡単に説明してください。

市長:サッビオネータは、イタリア北部、ロンバルディア州マントヴァ県にあります。マントヴァの南西33キロのところにあり、エミリア・ロマーニャ州のパルマも近くです。
町は1556年から1591年にかけてヴェスパシアーノ・ゴンザーガ・コロンナ公によって礎を固められました。小さな独立した国家だったサッビオネータは、防御に大変ふさわしい構造をしており、ポー平野の中心に星形をした石造りの要塞都市の姿を呈しています。

JITRA:観光面でのサッビオネータ市の特徴は何でしょうか?

市長:サッビオネータは素晴らしい芸術都市です。エレガントで魅力的、そしてイタリア中に知られたルネッサンス期の貴重な芸術作品や建造物が数多く残っています。
町のアンティーカ劇場 Teatro all'Anticaでは毎年、演劇やオペラ、芸術界の世界的著名人たちが公演を行います。最近ではイタリアを代表する指揮者リッカルド・ムーティが彼のオーケストラを率いてコンサートを行い、大成功をおさめました。
車でミラノから1時間、マントヴァ、クレモナ、パルマからは30分のところにあるサッビオネータは、イタリアファッションの有名ブランドの町へも簡単にアクセスすることができます。

JITRA:サッビオネータ市で見逃してはならない場所、主なイベントを教えてください。

市長:サッビオネータの歴史的・芸術的資産はとても豊かで、見る者を圧倒させます。中でもジャルディーノ宮殿 Palazzo Giardinoは公爵の私邸だった場所で、ヴェスパシアーノ・ゴンザーガ公が読書をしたり、勉強したり、仕事から逃れてくつろぐために利用していた美しい館です。

1588年から1590年にかけて建てられたアンティーカ劇場はオリンピコ劇場Teatro Olimpicoとも呼ばれます。新築として建てられたため、よくあるように既存の建築物の影響を受けませんでした。内部の劇場の構造は近代につくられた劇場建築の見本となっており、ヨーロッパやイタリアでも重要な地位を占めています。

さらに見逃してはならないのが、ドゥカーレ宮殿Palazzo Ducale(別名グランデ宮殿Palazzo Grande)です。政治的活動の中心、公爵の権力の中枢である町の中に作られた最初の重要な建築物です。宮殿は同名の広場に面しています。建設は、1558年/60年頃からヴェスパシアーノ・ゴンザーガがスペインへ発った1568年までと、公爵がフィリッポ2世の宮廷から戻った1578年以降の二つの時期に分かれています。

優雅なドゥカーレ宮殿から少し離れたところに小さなシナゴーグ Sinagogaがあります。町のユダヤ人たちの集会場所だったところで、1824年におそらく建築家カルロ・ヴィシオリの設計でつくられました。このユダヤ寺院の建設を決めたのは1821年ここに住んでいた113人のユダヤ人たちで、当時のオーストリアがマントヴァの町も支配しようとしたことに対して自治を求めようとしたものです。

町のイベントで興味深いのは"文化の白夜Notte bianca della cultura"です。毎年9月の第一金曜日に開かれるイベントで、電気を使わずに松明やろうそくの火で町中が照らし出され、町のモニュメントや通りなどあちこちで催し物が開かれます。すべてが魅力的でシュールな雰囲気に包まれ、夢のような夜を過ごすことができるまたとない機会です。サッビオネータがまさにルネッサンスの時代に戻ったかのように見えます。

JITRA:市長さんおすすめの特産品などはありますか?

市長:訪れるみなさんは、私たちの町でゴンザーガ家の土地に特徴的なもの、農産品、手工芸品を見つけることができるでしょう。例えば食べ物では、モスタルダ(マスタード入りシロップに漬けた果物)、はちみつ、グラナ・パダーナ(チーズの一種)、チッチョリ(サラミの一種)などがあります。そして、さまざまなお菓子やパン、土地に長くから伝わる詰め物パスタもあります。特にかぼちゃのトルテッリはこの地域の古い伝統の一品です。私が個人的におすすめする伝統料理は、かぼちゃ入りのトルテッリ、モスタルダ、アマレッティ(ビスケット)、そしてポー川の魚を使った料理、例えば蒸したカワカマスに美味しいソースを添えたものなどです。私たちのランブルスコワインも最高です。発泡性で中甘口のワインです。

JITRA:最後に日本人旅行者へメッセージをお願いします。

市長:サッビオネータは日本からやってくる旅行者のみなさんを喜んでお迎えします。私たちのインフォーメーションオフィスにはすでに日本語パンフレットもあるんですよ。市のウエブサイトにも日本語で訳されたページがあります。
私たちはサッビオネータが特別に芸術的価値のある旅行先として注目され、日本人旅行者のみなさんがイタリアのルネッサンス後期を代表する素晴らしい芸術作品を見ることができるよう、新しいプロジェクトを通じて一生懸命働いているところです。また、ホテルやB&Bなどの小さな宿泊施設に必要なコンフォートを揃えて快適性を高め、そして私たちの伝統料理を味わってもらえるように頑張っています。
日本人のみなさんのご要望におこたえしながら、私たちは観光面で提供できることを常に改良しています。サッビオネータは日本人旅行客のみなさんをいつでもお迎えできると胸を張って言うことができます。みなさんにお会いできることを楽しみにしています。



サッビオネータデータ
Dati di Sabbioneta

■アクセス
マントヴァ、パルマ駅前からバスが出ています。マントヴァからは17番、パルマからは12番のバスに乗ってください。所要時間は約1時間(http://www.apam.it)。
車の場合、高速A22をマントヴァ出口、または高速A1をパルマ出口で降りてください。マントヴァからは33キロ、パルマからは30キロです。

■ツーリストインフォメーション
Ufficio del Turismo Sabbioneta
Piazza d'Armi 1 - 46018 Sabbioneta (MN)
Tel: 0375 221044 Fax: 0375 222119
e-mail: ufficioturismo@internetpiu.com
http://www.comune.sabbioneta.mn.it (日本語ページもあります)
http://www.sabbioneta.org


Sabbioneta



 
http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.