JAPANITALY Travel On-line

イタリア旅行情報サイトJAPAN-ITALY Travel On-line
市長が語る我が町観光自慢
 
月5回発行、
JITRAメルマガ
登録はここから!

メ-ルアドレス入力

メルマガ案内
16 aprile 2007

コルトーナ市 Cortona
トスカーナの丘にある
イタリア文化の中心都市




コルトーナ市長 アンドレア・ヴィニーニ氏
Sindaco di Cortona Andrea Vignini


photo1 photo2 photo3 photo4 photo5

※写真をクリックすると大きな画像で見られます
写真提供:
コルトーナ市



コルトーナ市長 アンドレア・ヴィニーニ氏へのインタビュー

JITRA:市長さん、コルトーナ市とその近郊について簡単に説明してください。

市長:コルトーナは何千年もの歴史を持つ町で、その起源は時代の闇の中に消えてしまうほどです。1700年に書かれたジャコモ・ラウロの本には、アンニオ・ヴィテルベーゼ(1432-1502)の文書を書き直す形で次のようなことが記されています。「ノアの洪水から108年後、ノアはテヴェレ川の河口からパリアを通り過ぎ、キアーナ渓谷へと入りました。彼はイタリアのどの土地よりも肥沃なこの場所が気に入り、そこにとどまって30年間住みました。ノアにはクラーノという名の息子がおり、クラーノはある丘の上までたどり着きました。そして、その場所の高さや快適さ、静けさがすっかり気に入り、ノアの洪水から273年後、そこにコルトーナの町を築いたのです。」

コルトーナがエトルリアの重要な町のひとつであったことは確かです。エトルリア人たちは私達に多くの素晴らしい文明の足跡を残しています。コルトーナはまた、1200年にイタリアで最初の自治都市となった町のひとつでもあり、独自の貨幣も造っていたほどでした。

コルトーナの町はその長い歴史の中で、芸術、文学、宗教の分野で数多くの世界的な著名人を輩出しました。すでに中世の時代には、アッシジのサン・フランチェスコがこの場所を修道院を築く場所として選びました。チェッレの隠れ家(Eremo delle Celle)のことです。同時期には、突然の改宗の後に善意の行動で有名になったサンタ・マルゲリータ(1247〜1297)もいます。
ルネッサンス期には二人の偉大な画家が登場します。ルカ・シニョレッリと受胎告知の絵で有名なフラ・ベアート・アンジェリコです。また、軍事建築家フランチェスコ・ラパレッリや教皇レオ10世の絢爛たる宮廷生活を生きた人文主義者ジョヴァン・バッティスタ・マダリオもいます。1600年代には、通称"コルトーナ"と呼ばれる画家ピエトロ・ベッレッティーニが挙げられます。

このようにコルトーナは、イタリア芸術・文化の中心都市のひとつなのです。この素晴らしい町の市長であることを大変光栄に思っています。

JITRA:コルトーナの観光面での特徴は何でしょうか。

市長:コルトーナは旅行者をあたかかくおもてなしする伝統を持つ町です。この点では昔からトスカーナのリーダー的存在ですし、私たちの町にやって来る旅行者の皆さんはこの特徴をすぐに感じられると思います。特に近年においては、幅広く世界からのお客様をお迎えできるサービスや戦略を施してきました。

コルトーナの町は小さく、2万2500人の住人しかいませんが、観光・文化的価値は世界レベルです。それにはたくさんの要因がありますが、コルトーナの歴史を尊重し、その環境や建築的特徴をなるべくそのままで保とうとする市民や市行政の力がその背景にあります。住みやすさという点でも優れており、町はそれを保ってきています。そして市民はこの国際的な感覚を深く愛しているのです。いや、常にそれを探し求めていると言えるでしょう。
もちろん芸術的な美しさ、歴史、風景がこの町を魅力的にしているのは言うまでもありませんが、グローバル化し競争の激しい世界では、これだけの要素では充分ではありません。町全体の情熱と自覚が必要なのです。コルトーナにやって来られる旅行者は、自分がこの町と一体であるとはっきり感じ、それに満足されるはずだと信じています。

JITRA:コルトーナで見逃してはならない場所、イベントを教えてください。

市長:コルトーナの美しさは、歴史的中心地を歩いてみればわかります。2000年以上の歴史を物語る広場や通りなど、皆さんそれぞれが自分の考える美しさを見つけられるでしょう。
特にいくつかの場所を挙げるとすれば、私達の2つの美術館を無視するわけにはいきません。ひとつはエトルリアアカデミーとコルトーナ市博物館MAEC(Museo dell'Accademia Etrusca e della Citta' di Cortona)です。エトルリア時代に関する宝石箱のような博物館で、展示コースは大変見ごたえがあります。もうひとつはディオチェザーノ博物館Museo Diocesano。ベアート・アンジェリコの受胎告知やルカ・シニョレッリの最大の絵画コレクションなど、イタリアルネッサンス期の素晴らしい絵画作品を収めた珠玉の博物館です。
ジリファルコの要塞Fortezza del Girifalcoもおすすめします。コルトーナの丘に建つメディチ家の城で、ここからはヴァルディキアーナの息を呑むような素晴らしい眺めを堪能できます。

JITRA:市長さんおすすめのお店や特産品を教えてください。

市長:選択肢はたくさんあります。ただ、コルトーナを代表する者として、特にひとつだけレストランを挙げるのは好ましくありませんので、「私たちの町の料理はトスカーナ全体の中で最良のものです」と言うに止めておきます。世界的に見てとても有名なレストランもいくつかありますし、特産品もたくさんあります。例えば、コルトーナDOCワインなどです。
ショッピングと言えば、この町に深く根付いたアンティークの伝統があります。10軒ほどのお店で、トスカーナやコルトーナの素晴らしい歴史を物語る品々を収集しています。また、陶器、木工品、石工など古くから伝わる工芸品も大変価値のあるものです。

JITRA:日本からの旅行者のみなさんにメッセージをお願いします。

市長:当然ながら、私は日本からできるだけたくさんの方々がコルトーナを訪れるよう望んでいます。私たちの小さくて古いこの町が、文化や芸術だけではなく、住みやすさや人々のつながりという点でもどんなに素晴らしいかを知って驚かれるにちがいないと確信しています。
日本の親愛なる皆様に最後に一言。コルトーナに魅了されてください。きっとここから去りたくなくなるに違いありません。

コルトーナデータ
Dati di Cortona

■アクセス
町の中心から最も近い駅はカムチーア・コルトーナCamucia Cortona駅。同駅までフィレンツェ・サンタ・マリア・ノヴェッラから電車(レジョナーレ)で約1時間20分。ペルージャから約1時間。
カムチーア・コルトーナ駅から町の中心まではL.F.I.社のバスで約10分。
また、アレッツォからコルトーナをつなぐL.F.I.社のバスもあります(所要時間約1時間)。
http://www.lfi.it/servizi_linee_lfi_et-mob.asp

■ツーリストインフォメーション
Agenzia per il Turismo di Arezzo, Ufficio di Cortona
Via Nazionale, Cortona
Tel: 0575-630353
E-mail: infocortona@apt.arezzo.it


cortona


http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.