JAPANITALY Travel On-line

イタリア旅行情報サイトJAPAN-ITALY Travel On-line
市長が語る我が町観光自慢
 
月5回発行、
JITRAメルマガ
登録はここから!

メ-ルアドレス入力

メルマガ案内
15 giugno 2007

ヴィテルボ市 Viterbo
"コンクラーヴェ"が生まれた、
中世の面影を完璧に残す町




ヴィテルボ市長 ジャンカルロ・ガッビアネッリ氏
Sindaco di Viterbo Giancarlo Gabbianelli


photo1 photo2 photo3 photo4 photo5

※写真をクリックすると大きな画像で見られます
写真提供:
ヴィテルボ市



ヴィテルボ市長 ジャンカルロ・ガッビアネッリ氏へのインタビュー

JITRA:市長さん、ヴィテルボ市とその近郊について教えてください。

市長:ヴィテルボの町はローマの北80キロメートルのところにあります。新石器時代から人が住んでいたという古い歴史を持つ場所ですが、最初に名前が登場するのが8世紀半ば。ランゴバルド族が支配したトゥーシャ地域の南の砦として"Biterbiの城castrum Biterbi"が存在したとされています。この町のことを記述している最も古い文献は852年に記された教皇レオ4世の公文書で、そこにはヴィテルボが教皇領の一つであると記されています。

ヴィテルボが最も栄えたのが13世紀の半ばからです。多くの教皇たちがこの町を居住地として選び、美しい"教皇の宮殿Palazzo dei Papi"に住まい、教皇選出選挙コンクラーヴェが行われたのです。このコンクラーヴェという言葉は、ラテン語のクム・クラーヴェcum clave(鍵をもって)から派生していますが、実はヴィテルボで起こった次のような出来事が元になっています。
1268年にクレメンス4世に続く教皇を選ぶにあたり、枢機卿たちはなかなか一人に決めることができませんでした。33ヶ月と1日の後、ヴィテルボの人たちは選挙をはやく終わらせるため、枢機卿達を広間に鍵をかけて閉じ込め、宮殿の屋根を取ってしまったのです。こうして弱りきった枢機卿たちは選挙を急ぎ、グレゴリウス10世が誕生しました。

ヴィテルボはまた、ヨーロッパの中で最も良い状態で古い城壁が保存されている町として知られています。

町の近郊にも注目に値する場所があります。フェレントFerentoの古代ローマ円形劇場跡では、見ごたえのある文化イベントが開かれます。
テルメ(温泉)もいくつかあって、例えばダンテが『神曲』の中で謳ったブッリカーメBullicameには、アルカリ性炭酸-硫酸塩系の水を利用した温泉施設やホテルがたくさんあります。すでにエトルリアの時代にも知られていた温泉で、ミネラルやオリゴ物質が豊富な約58度の湯が湧き出しています。
また、チミーニ山地Monti Ciminiには、数多くの野性動物や植物が生息しています。

バニャイアBagnaiaへも是非立寄ってください。ここには建築の至宝とも言えるヴィッラ・ランテVilla Lanteがあります。名建築家ヴィニョーラのデザインによるものと言われており、16世紀につくられました。素晴らしいイタリア式庭園、美しい小さな宮殿や噴水が訪れる人を魅了します。
近くにあるカステル・ダッソCastel d'Assoのエトルリア古墳も訪れる価値があります。トゥーシャの岩壁につくられた他のネクロポリスと違い、限られた区域にエトルリア時代(紀元前4〜1世紀)の記念碑的墳墓が集中してあることで有名です。近くのアクロポリスから始まる2本の印象的な道が古墳内を走っています。

JITRA:ヴィテルボ市の観光面での特徴は何でしょうか。

市長:ヴィテルボは訪れる人に質の高い観光の楽しみをたくさん与えてくれる町だと思います。例えば、中世の面影が残る素晴らしい歴史的中心地があります。中でもサン・ペッレグリーノ界隈は中世の町を象徴する場所です。塔、小さな広場、路地、建物の外に作られた階段プロッフェルリprofferliなど、1200年代に典型的な建築様式が残っています。
この町を訪れることは、すなわち遠い昔に戻ることを意味します。そして、人は完璧に保存された広場や通りや建物に魅了されるに違いありません。

こういった町の特徴から、映画撮影の場所としても昔から有名です。オーソン・ウェルズやフェデリコ・フェリー二がここを選び、"オセロ"や"青春群像"などの大作が撮影されました。また、ピエル・パオロ・パゾリーニは"奇跡の丘"を撮影したんですよ。
その他にも、英国放送BBCは大彫刻家ベルニーニの生涯を追うドキュメンタリー番組をここで制作しましたし、国内外の映像作家がヴィテルボの歴史的中心地を舞台の背景として利用しています。

JITRA:ヴィテルボで見逃してはならない場所、イベントを教えてください。

市長:見逃してはならない場所として真っ先に挙げられるのが、現在の市庁舎であるプリオリ宮殿Palazzo dei Prioriです。1264年に建設が始まりました。内部の広間は当時の有力な芸術家が手掛けた美しい1500年代のフレスコ画で彩られています。
それから、教皇の宮殿Palazzo dei Papiがあります。この建物の優美な輪郭はヴィテルボのエンブレムともなっています。
中世の面影を残すサン・ペッレグリーノS.Pellegrino地区、ピアノスカラーノPianoscarano地区も是非訪れてください。

先にも述べましたように近郊にはテルメ(温泉)もありますので、訪れる皆さんは効能たっぷりの硫黄質のお湯につかってリラックスすることもできます。

イベントは年間通じて数多くあります。毎年9月3日の夜に行われるのがサンタ・ローザの山車運びTrasporto della Macchina di S.Rosaです。ヴィテルボの守護聖人サンタ・ローザにささげる高さ28メートル、重さ5トンの塔のような山車が800本のろうそくの光に照らし出され、勇気ある男達100人の肩に担がれます。そして、5万人以上の人たちが見守る中、歴史的中心地の通りを1キロ以上にわたって進んでいくのです。世界的にみても他にはないイベントで、すでに750年以上続いています。参加する人は絶対に感動することでしょう。

その他、5月には歴史的中心地が花で覆われる花のサン・ペッレグリーノS.Pellegrino in Fioreがあります。6月には映画フェステバルFestival del Cinema、7月には中世の民族衣装を身に付けて歴史を思い出すLudikaのお祭りがあります。夏にはたくさんのイベントが開催されますし、11月には演劇の祭典Quartieri dell'Arteフェスティバルがあります。12月にはクリスマス市が出ます。
でも、これらは若い人からお年寄りまで多くの人たちが楽しめるイベントのほんの一例にすぎないのです。

付け加えておきたいのが、ヴィテルボの人たちの思いやりとホスピタリティーです。率直、誠実、オープンなヴィテルボの人たちは、いつも笑顔で旅行者の皆さんを喜んでお迎えします。またヴィテルボには、ホテルやB&B、アグリツーリズモなど宿泊施設が幅広くあります。

JITRA:市長さんおすすめのお店や特産品を教えてください。

市長:イタリアは最高の料理で有名ですが、当然ながらヴィテルボも例外ではありません。農業が盛んですので、選りすぐりの肉、野菜、果物、サラミ類、乳製品、ワインなど、すべて地元で作られたものが市場に届き、家庭の食卓に上ります。
ヴィテルボの町やその近郊にはたくさんのトラットリアやレストラン、ピッツェリアがあり、ヴィテルボの伝統的料理を出しています。例えば、野菜のスープ"アックアコッタacuacotta"、自家製パスタ、炭火焼き肉、焼き野菜などがあります。窯で焼いたナポリ風ピッツァを食べられるお店もありますよ。

ショッピングに関しては、歴史的中心地には高品質の洋服、靴、バッグを売るお店や、テラコッタ、陶器、宝石などの手工芸品店もたくさんあります。アンティークショップもあります。
町を歩けば、食材店にも立ち寄りたくなるはずです。チミーニ山地のへーゼルナッツや栗、トゥーシャ地域のはちみつ、乾燥豆、エクストラバージンオリーブオイル、ヴィテルボのワイナリーが製造するDOCワイン、チーズやサラミ、そして手作りのお菓子など、あらゆる種類の美味しいものが見付かります。

JITRA:最後に市長さんから日本の旅行者のみなさんにメッセージをお願いします。

市長:日出ずる国の皆さんの礼儀正しさや親しみやすさ、何世紀にもわたる国の伝統は他にはないものだと思っています。そんな皆さんに私から心を込めて「ヴィテルボにようこそ」と申し上げます。ヴィテルボの町は、日本からいらっしゃる方々を温かく友人のようにお迎えします。そして、この町を訪れる皆さんの心の中に一筋の幸せな気持ちが残るよう願っています。

ヴィテルボデータ
Dati di Viterbo

■アクセス
鉄道の場合、ポルタ・フィオレンティーナPorta Fiorentina駅とポルタ・ロマーナPorta Romana駅があり、ローマのオスティエンセOstiense、トラステヴェレTrastevere、サン・ピエトロS.Pietroの各駅からの電車が止まります。所要時間は約1時間50分。町の中心地へはポルタ・ロマーナ駅の方がやや近く、700メートルの距離です。
また、オルテOrte駅からポルタ・フィオレンティーナ駅までの列車もあります。所要時間約50分。
ローマ・ノルド線のサクサ・ルブラSaxa Rubra駅からコトラルCotral社のバスも出ています。所要時間は約1時間半です。

■ツーリストインフォメーション
Ufficio Informazioni e Accoglienza Turistica (I.A.T.) di Viterbo
Piazza S. Carluccio 5, Viterbo
Tel: 0761-304795 Fax: 0761-220957
E-mail: infoviterbo@apt.viterbo.it

ヴィテルボ市役所 広報局
Comune di Viterbo, Ufficio Stampa
Via Ascenzi 1, Viterbo
Tel: 0761-348289 Fax: 0761-331906
http://www.comune.viterbo.it

※ヴィテルボの町についてはラツィオ州政府公式ページ「トゥーシャの中心地ヴィテルボ」を、また、近郊の町バニャイアにあるヴィッラ・ランテについては知られざる美術館・博物館第21回もご参照ください。


Viterbo


http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.