JAPANITALY Travel On-line

イタリア旅行情報サイトJAPAN-ITALY Travel On-line
市長が語る我が町観光自慢
 
月5回発行、
JITRAメルマガ
登録はここから!

メ-ルアドレス入力

メルマガ案内
15 marzo 2008

アッシジ市 Assisi
サン・フランチェスコが生きた
自然と平和の町




アッシジ市長 クラウディオ・リッチ氏
Sindaco di Assisi Claudio Ricci

photo1 photo2 photo3 photo4

※写真をクリックすると大きな画像で見られます
写真提供:
アッシジ市



アッシジ市長 クラウディオ・リッチ氏へのインタビュー

JITRA:市長さん、アッシジ市とその近郊について教えてください。

市長:アッシジはイタリア中部、ウンブリア州にある町です。歴史的中心地や聖人サン・フランチェスコに関わる場所など市の大部分のテリトリーが、2001年にユネスコ世界遺産に登録されました。アッシジには美しく、そして一般のツーリズムの範疇には収まらないような場所が数多くあることを証明するものであり、大変名誉なことです。ぜひ私達の土地を訪れ、一日以上滞在し、過ごしてみてください。

アッシジは、平野、丘、山が広がる地域の中心にあります。町の歴史的中心地はスバシオ山の中腹にあり、海抜450メートルの丘の上に位置しています。そのため、町からはすばらしいパノラマを望むことができ、サンタ・マリア・デッリ・アンジェリ教会の美しいクーポラも眺められます。この教会内部には、聖フランチェスコが大切にした小さな聖堂ポルツィウンコラPorziuncolaがあります。

平野部にあるサンタ・マリア・デッリ・アンジェリから、古いマットナータの道Strada Mattonata(レンガ敷きの道)に沿ってやって来られる方は、アッシジの全景を眺めることができます。特に夕暮れ時、はちみつのようなバラ色に包まれた町を見ると、遠い昔に戻ったようで、胸がいっぱいになります。

アッシジでは1997年9月にあの有名な地震が起こりましたが、建築物や文化遺産全体は完璧に修復されました。すべてが大変美しく、価値のあるものです。

JITRA:アッシジ市の観光面での特徴は何でしょうか。

市長:アッシジの起源は遠くウンぶり族にまで遡ります。その後、古代ローマ時代に発展し、中世の時代には現在も見られる城壁の町としての核が出来上がりました。中世のアッシジは、モニュメントや館、家々、入り組んだ通りなどに今でも面影を残し、市民もその歴史を強く感じています。

静かで趣きのある小道を楽しみながら、歴史的中心地を散策してみてください。突然、教会の大きなファサードが現れたかと思うと、田園風景が目の前に広がったり、古いアーチや建築物に出会ったりと、ここでしか味わうことのできない感動の渦に巻き込まれることと思います。
先にも申しましたが、アッシジは一日以上滞在してほしい町です。そして、私達のこの土地で忘れられない思い出を作り出してください。

JITRA:アッシジで見逃してはならない場所、イベントを教えてください。

市長:ジョットの美しいフレスコ画が残るサン・フランチェスコ大聖堂Bailica di S.Francescoサン・ルフィーノ大聖堂Duomo di S.Rufino、サンタ・マリア・デッリ・アンジェリ教会Chiesa di S.M. degli AngeliのポルツィウンコラPorziuncola、城壁を少し出たところにあるサン・ダミアーノ教会Chiesa di S.Damiano、そして、サン・フランチェスコが祈祷のために隠遁したエレモ・デッレ・カルチェリEremo delle Carceriといった主な見所は、もう皆さんご存知のことでしょう。

ですので、いつもとは違うアッシジを知ってもらうために、とても魅力的で美しい場所をいくつかご紹介します。
例えば、町のてっぺんにあるロッカ・マッジョーレRocca Maggiore。中世の時代に強固な城塞としてつくられました。現在では演劇などの文化イベントや展示会が行われます。

古代ローマを味わえる場所もあります。最近見付かった古代ローマ時代の住居ドムスDomusは、当時の詩人プロペルツィオの家と言われています。現在のコムーネ広場Piazza del Comuneの下に位置する古い広場は、ミネルヴァ女神にささげられた神殿に面していました。
小さな通りや細い路地が入り組んだ特徴ある界隈を歩けば、遠い昔に思いを馳せることができるでしょう。

また、モンテ・スバシオ公園Pardo del Monte Subasioには、徒歩や自転車、あるいは馬に乗って散策できる道があります。

あるいは、郷土料理を味わう一日もいいでしょう。トラットリア、オステリアではアッシジのワインや特産品など郷土の品々を堪能することができます。

主なイベントとしては、今年で54回目を迎えるカレンディマッジョcalendimaggioを挙げないわけにはいきません。毎年5月の第一木曜、金曜、土曜に開かれる、町の最大イベントです。町が"上の地区Parte de Sopra"と"下の地区Parte de Sotto"に分かれ、中世時代の装束に身を包んだ人たちが広場や通りで音楽などを通じて競い合います。

2つの地区は、中世のアッシジの歴史的な一族、ネピス家Nepis(上の地区)とフィウーミ家Fiumi(下の地区)に結びついたものです。コムーネ広場の真ん中で町は2つに分けられます。
町全体を巻き込むこのお祭りには、老若男女、信条、身分を問わずアッシジ市民のほんとうに全員が参加します。2つの地区は冬の間中、春に行われるカレンディマッジョでの戦いの準備に取り組むのです。戦いに勝った地区には、町の色を帯びた旗"パリオ"を受け取り、保管する権利が与えられます。パリオは勝利を象徴するものであり、長く厳しい冬の間、誇りにできるものなのです。

JITRA:市長さんおすすめのお店や特産品を教えてください。

市長:食事をする場所は町全体にたくさんあります。歴史的中心地には長い伝統を持つ特徴的なお店があります。アッシジの郷土料理を食べられるいくつかのレストランをご紹介しましょう。
ラ・ブーカ・ディ・サン・フランチェスコRistorante La Buca di S.Francesco、ラ・フォルテッツァRistorante La Fortezza 、メディオエーヴォRistorante Medioevo、サン・フランチェスコRistorante S.Francesco、トラットリア・ダ・パッロッタTrattoria Da Pallotta、オステリア・ラ・ピアッツェッタOsteria La Piazzetta。

軽食やアペリティーボを楽しみたい方は、ワインバー・マニャヴィーニWine Bar Magnavini、バール・センシBar Sensi などがあります。
平野部のサンタ・マリア・デッリ・アンジェリの方に行くと、レストラン・ダ・エリデRistorante Da Elide、ブリッリ・ビストロ・ディ・フランカ・ブリッリBrilli Bistrot di Franca Brilliはどうでしょうか。

お土産になる特産品については、ここで羅列する必要もないでしょう。町には、地元の職人による工芸品を扱うお店が数多くあります。ですので、午後の時間は歴史的中心地の散策にあてられるのがよいでしょう。必ず欲しいものが見つかるはずです。

JITRA:最後に市長さんから日本の旅行者のみなさんにメッセージをお願いします。

市長:「それゆえ、この場所のことを語るものはアシェージAscesi(アッシジの古名)と呼ぶべきではない。それだけでは不十分だから。オリエンテOriente(日がのぼるところ)と呼ぶのがふさわしい。」
このように詩聖ダンテはアッシジのことを謳いました。それはサン・フランチェスコこそ太陽だったからです。町には城壁、小道、教会があります。しかし、アッシジの町はそれだけでなく、サン・フランチェスコの偉大な精神を受け継ぐ証人でもあるのです。

アッシジには、自然に囲まれた小道、夕焼けに染まる町、サン・フランチェスコが生きたたくさんのスピリチュアルな場所など、感動を与えてくれるものがたくさんあります。そして、ここでは芸術と文化が、何世紀もの間アッシジという町を特徴付けている細やかな心遣いと尊重の精神と混ざり合い、融合しています。町は訪れる人をあたたく迎えます。特にハンディキャップを負った人がどこに行っても過ごしやすいように注意を払っています。

さらにアッシジは、対話と相互理解の町、そして自然と平和の町であり、今後もそうあり続けます。現代の社会においてかつてないほど価値のあるものであり、この町が常に大切にしてきたものです。
ローマ法王ジョヴァンニ・パオロ2世が20年以上前、ここに世界中の宗教家たちを集めたのも偶然のことではありません。言葉、文化、信条の違いを超え、"対話と相互理解、自然と平和"という普遍の価値のもとに、共通の祈りの一日のために皆が集まったのです。アッシジは世界平和のメッセージを送る町として知られるようになりました。

お話した以上のものがアッシジにはあるはずです。それは皆様がここにお越しになり、見つけてください。きっとこの町が大好きになり、離れられなくなるはずです。

アッシジデータ
Dati di Assisi

■アクセス
電車:ローマ・テルミニ駅から直行列車(ユーロスターで1時間50分、インテルレジョナーレで2時間15分)。あるいは、アンコーナ方面行きフォリーノFoligno乗り換えで約2時間半。
フィレンツェ・サンタ・マリア・ノヴェッラ駅からは、アッシジまでで約2時間半。ペルージャからは約20分。

■ツーリストインフォメーション
Azienda di Promozione Turismo
Piazza del Comune
Tel: 075-8138680, 075-812534

アッシジホテル組合
Consorzio Albergatori e Ristoratori di Assisi
Via A. Cristofani 22/A
Tel: 075-816566

市のサイト http://www.comune.assisi.pg.it


Assisi


http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.