JAPANITALY Travel On-line

イタリア旅行情報サイトJAPAN-ITALY Travel On-line
市長が語る我が町観光自慢
 
月5回発行、
JITRAメルマガ
登録はここから!

メ-ルアドレス入力

メルマガ案内
15 giugno 2009

サレルノ市 Salerno
世界遺産に囲まれた
"中世の宝石"




サレルノ市長 ヴィンチェンツォ・デ・ルカ氏
Sindaco di Salerno Vincenzo De Luca

photo1 photo2 photo3 photo4

※写真をクリックすると大きな画像で見られます
写真提供:
サルレノ市



サルレノ市長 ヴィンチェンツォ・デ・ルカ氏へのインタビュー

JITRA:市長さん、サレルノ市とその近郊について教えてください。

市長:カンパー二ア州サレルノ県の県都であるサレルノ市は、ティレニア海のサレルノ湾に面した町です。アマルフィ海岸Costa d'Amalfiと緑豊かなチレント地方Cilentoにはさまれた絶好のポジションにあります。

サレルノはアマルフィ海岸めぐりのスタート地点です。アマルフィ海岸沿いの美しい村々をつなぐバスが出ていますし、アマルフィやポジターノなどを結ぶ船も出ています。アマルフィ海岸を進んだ沖合いにはカプリ島があって、ここへも船で行くことができます。
一方で市から数キロのところにはパエストゥムとポンペイという考古学遺跡があります。チレント国立公園を含め、これらはユネスコ世界遺産になっています。

サレルノは世界で最も魅力的な場所の中心にあると言え、素晴らしいロケーションが自慢です。

JITRA:サレルノ市の観光面での特徴は何でしょうか。

市長:その素晴らしいロケーションのおかげで、サレルノはあらゆる望みをかなえられるバカンスに理想的な町です。海があり、太陽があり、芸術があり、文化があります。そして美味しい食事、最高品質の手工芸品、楽しい催し物もあります。

JITRA:では、さっそくサレルノで見逃してはならない場所、イベントを教えてください。

市長:歴史的中心地は、サレルノ医学の遺産も含め、何世紀もの歴史を閉じ込めています。詩人アルフォンソ・ガットは、ここを"中世の宝石"と呼んだほどです。

町の中心ドゥオーモDuomoは1000年に建てられたもので、多色のはめ木細工やモザイクが残る、貴重なアラブ・ノルマン風建築の見本例です。

ミネルヴァ庭園Giardino della Minervaは、サレルノの歴史を物語る植物園です。かつて中世の時代にサレルノ医学校の学生たちのために造られたもので、おそらくはヨーロッパで最初の植物園であろうと言われています。サレルノ医学校Scuola Medica Salernitanaとは、11世紀にヨーロッパで最初に作られた、大変重要な医学校でした。現在の大学という学校形式の先駆的存在でもありました。
現在の植物園の装飾は17世紀ごろのものです。ここのテラスからは、サレルノ湾や町の歴史的中心地、アマルフィ海岸の素晴らしい眺望を楽しむことができます。

多くの旅行者が訪れる場所として、中世のアレキ城Castello di Arechiもあります。もともと古代ローマ時代の建物があった場所でしたが、それを土台とし、8世紀にロンゴバルド族のアレキ2世が要塞としました。このお城のある丘は、"Bonadies(bongiorno、おはよう)"と呼ばれています。というのも、町で最も高い場所なので、朝日がここに真っ先に当たるのです。美しい緑に囲まれたアレキ城からもサレルノ湾を一望できます。

歴史的中心地には、その他にもヴィッラや市民公園などもあります。また、かつて商人たちが通ったメルカンティ通りVia dei Mercantiは、今も市民のショッピングの中心地として賑わっています。

それから、港の方に行って、海岸沿いの遊歩道Lungomare Triesteをお散歩するもおすすめです。

サレルノでは、一年中さまざまなイベントが行われます。中でも重要なのが、ダニエル・オレン率いるヴェルディ劇場Teatro Verdiのオペラ・シーズンです。また、年越しの際に開かれる"広場のお正月Capodanno in Piazza"と呼ばれるイベントでは、国内外のビッグなミュージシャンがコンサートを開きます。
5月の"サレルノ・オープン・ドアSalerno Porte Aperte"では、町全体がひとつの舞台となり、通りや広場でアートや音楽の催しが開かれます。秋から冬にかけては、町の通りを素晴らしい照明芸術が彩る"アーチストの光Luci d'Artista"があります。
それから、春に開かれる"クロチフィッソの見本市Fiera del Crocifisso"では、歴史的中心地の30箇所以上で植物や花々の展示が行われます。医学校の植物園の歴史をもつサレルノらしいイベントです。

JITRA:市長さんおすすめのお店や特産品を教えてください。

市長:サレルノは豊かな食文化、職人文化をもつ町です。選択肢はたくさんあります。おすすめしたいのは、海の香りと山の香りが一体となった、この地方の郷土料理です。町にはたくさんのレストランがあって、どのお店も食欲をそそるメニューを揃えています。
お買物も同様ですね。陶器、洋服、靴、革製品、木やガラスなどの手工芸品、それからクリスマスの飾りプレセピオなど、買っていただきたいものがたくさんあって、一つには絞れません。

JITRA:最後に市長さんから日本の旅行者のみなさんにメッセージをお願いします。

市長:是非サレルノにお越しください。ここは地中海のあたたかい町です。美しく、住みやすく、安全です。お越しになったみなさまには、心地よい発見が待っているでしょう。絶好のリラックスの機会ですし、同時に豊かな文化を味わうこともできます。そして、町の人たちのおもてなしは無比のものです。みなさまのお越しをお待ちしています。

サレルノデータ
Dati di Salerno

■アクセス
列車利用が便利。ナポリ中央駅(またはポルタ・ガリバルディ駅)からユーロスターESで約30分。ICで約40分。普通列車だと40分から1時間20分。
ローマ・テルミニ駅からは、ユーロスターESで2時間から2時間半。インテルシティICで約3時間。

ナポリ・カポディキーノ空港から、日に4本バスの便も出ている。Sita社のサイトを参照のこと。
http://www.sitabus.it/wps/portal/OrariCampania

■ツーリストインフォメーション
Ufficio Informazioni
Piazza Vittorio Veneto 1, Salerno (駅そば)
Tel: 089-231-432
info@eptsalerno.it

サレルノ市サイト http://www.comune.salerno.it


Salerno


http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.