JAPANITALY Travel On-line

イタリア旅行情報サイトJAPAN-ITALY Travel On-line
市長が語る我が町観光自慢
 
月5回発行、
JITRAメルマガ
登録はここから!

メ-ルアドレス入力

メルマガ案内
15 maggio 2010

カプリ市 Capri
世界中があこがれる
地中海の美の結晶




カプリ市長 チロ・レンボ氏
Sindaco di Capri  Ciro Lembo

photo1 photo2 photo3 photo4

※写真をクリックすると大きな画像で見られます
写真提供:
カプリ市



カプリ市長 チロ・レンボ氏へのインタビュー

JITRA:市長さん、カプリ市とその近郊について教えてください。

市長:自然が生み出す海と陸と空。カプリは、この3つが美しい結晶となったような町です。色も形も多彩な洞窟の数々、海に切り立つ岩壁、地中海特有の木々が織り成す緑は、青い空を背景に、世界中を探してもまたとない美しいパノラマを作りだしています。

ナポリから南へ30キロ、ナポリ湾に浮かぶカプリ島にあるカプリの町は、長い歴史を有します。異民族たちが出会い、交易が行われてきたコスモポリタンであり、ここで文化や芸術が発展したのです。多くの芸術家や文学者、文化人たちがカプリの町でインスピレーションを得、活動の源としてきました。世界中のジェットセッターたちにも愛されています。

JITRA:カプリ市の観光面での特徴は何でしょうか?

市長:自然、芸術、文化、そして現代性が融合したカプリの町は、世界中の旅行者があこがれ、称賛する場所のひとつです。宇宙の中で強力な磁気を帯びた場所とでも言いましょうか。
すなわち、カプリ島は世界で最も美しい島です。ここに来る人は再び戻って来ずにはいられません。そして、やって来るたびに新しい発見がある場所です。戻ってくる口実を作るために、わざとひとつ見所を逃しておいたりすることもできるでしょう。
あなたに恋をさせ、口説かれるのを待っている美しい女性。カプリはそんな町です。そして、その海のように、陽気で快活です。

JITRA:では、さっそくカプリで見逃してはならない場所、イベントを教えてください。

市長:カプリで見逃してはならない場所については、青の洞窟Grotta Azzurraを筆頭に、主なガイドブックで説明されているでしょう。
私は、それ以外の場所をご紹介したいと思います。普段着のカプリらしさが伝わるおすすめコースです。

例えば、歴史的中心地に入り組む中世の魅力的な小路を散策してみてください。これらの小路はかならずウンベルト一世広場Piazza Umbertoにつながっています。ウンベルト一世広場は、ピアッツェッタPiazettaとも呼ばれていて、華やかな町の中心地です。

あるいは、最近復活した山道を散策するのもおすすめです。これは、カプリの東側にあるティべりオ山Monte Tiberioへと向かう道で、山頂にあるヴィッラ・ヨヴィスやアスタリータ公園、ヴィッラ・リシス、ロ・カーポなどをつないでいます。
ヴィッラ・ヨヴィスVilla Jovisは、ローマ帝国第2代皇帝ティベリウスが住んでいた場所で、今でも遺跡が残っています。カプリの古い歴史を物語る場所ですし、ここからのナポリ湾の眺望も見事です。
緑いっぱいのアスタリータ公園Parco Astaritaからも、息を飲むようなパノラマを見ることができます。
ヴィッラ・リシスVilla Lysisは、フランスの詩人ジャック・フェルサン男爵が20世紀初頭に建てた別荘です。カプリ市の協力などで90年代に改装され、現在、公開されています。
道を下りていくと、ロ・カーポLo Capoと呼ばれる地域に出ます。地元の人たちが海水浴をする場所です。
この山道を散策すれば、中心地のメインストリートの賑わいから離れ、豊かな自然と歴史を満喫することができるでしょう。

カプリの町は、訪れてくださる方々に、いつも何らかのイベントをご提供しています。5月にはカプリ島の守護聖人サン・コスタンツォのお祭りがある他、25日から29日はカプリ・セイリング・ウィークです。6月になれば、タンゴ・フェスティバル、そしてオペラ・フェスティバルが開かれます。
一年を通して、芸術と自然と文化が一体となるような舞台や催し物を企画しており、どれも他では真似できないカプリならではのものです。観光面での私たちのサービスが、いつも高いレベルであるように努めています。

JITRA:市長さんおすすめのお店や特産品を教えてください。

市長:カプリの人に典型的な、生来のホスピタリティーのおかげで、カプリではどこにいっても美味しいものにありつけると言っていいでしょう。高級レストランでも家族経営のトラットリアでも、私たちの昔ながらの伝統料理を味わっていただくことができます。"カプレーゼ"の名のついたさまざまな料理をメニューに見つけられるでしょう。

またカプリでは、さまざまな特徴あるショッピングがお楽しみいただけます。光り輝くような有名ブランドブティックもありますし、素朴な工芸品を扱うお店もあります。カプリは古くからアルチザンの伝統を持つ場所で、織物製品はイタリアだけでなく世界中で高く評価されていますし、紐のサンダルでも有名です。色鮮やかな手描きの陶器、地中海の香り豊かな植物を利用した香水、そしてレモンを使ったお酒リモンチェッロなどもあります。

JITRA:最後に市長さんから日本の旅行者のみなさんにメッセージをお願いします。

市長:私たちの島を訪れてくださる日本のみなさまに、私個人から心を込めて歓迎の意を表します。そして、カプリに対する評価がご期待通りであるように願っています。それから、カプリにまた戻ってこられる方々には、心から申し上げます。おかえりなさい!
青い海を望む息を飲むようなパノラマ、陽気で親しみやすいカプリの人たち、そして美味しい料理とホスピタリティー。これらすべてがみなさまのご滞在を快適にしてくれる"欠かせない調味料"になるはずです。どうぞカプリで素晴らしい休日をお過ごしください。

カプリデータ
Dati di Salerno

■アクセス
カプリの港マリーナ・グランデまでナポリから船が出ています。ナポリの主要港モーロ・べヴェレッロMolo Beverello(またはポルタ・マッサPorta Massa港)から、水中翼船Aliscafo・快速船Nave Veloceで約40分、フェリーTraghettiで約1時間15分。
また、ソレント、アマルフィ、ポジターノ、サレルノ、イスキアなどからも船が出ています。
詳細は、カプリ・トゥリズムのサイト内ページをご参照ください。 

ナポリ・カポディキーノ空港から、日に4本バスの便も出ている。Sita社のサイトを参照のこと。
http://www.capritourism.com/en/ship-timetable

マリーナ・グランデ港と丘の上にある町の中心地へはケーブルカーが結んでいます。所要時間約5分。

■ツーリストインフォメーション
Azienda Autonoma di Cura Soggiorno e Turismo dell'Isola di Capri
Piazzetta I.Cerio 11, Capri
Tel: 081-8375308
capritourism@capri.it

http://www.capritourism.com

■カプリ市役所
Municipio di Capri
Piazza Umberto I, Capri
Tel: 081-8386201
ufficioturismo@cittadicapri.it

http://www.cittadicapri.it

編集部 注:カプリ島上部にあるアナカプリAnacapri市は、行政的にカプリ市とは別の市となるため、今回の記事では紹介されていません。


Salerno


http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.