JAPANITALY Travel On-line

イタリア旅行情報サイトJAPAN-ITALY Travel On-line
市長が語る我が町観光自慢
 
月5回発行、
JITRAメルマガ
登録はここから!

メ-ルアドレス入力

メルマガ案内
15 Giugno 2012

ヴィチェンツァ市 Vicenza
今年10月バジリカが再オープンする
パッラーディオの町          




ヴィチェンツァ市長  アキッレ・ヴァリアーティ氏
写真提供:ヴィチェンツァ市

photo1 photo2 photo3 photo4

※写真をクリックすると大きな画像で見られます
写真提供:
ヴィチェンツァ市



ヴィチェンツァ市長 アキッレ・ヴァリアーティ氏へのインタビュー

JITRA:市長さん、ヴィチェンツァ市とその近郊について教えてください。

市長:ヴィチェンツァは、イタリア北東部、ヴェネト州の中心に位置するとても美しい町です。ヴェローナとヴェネツィアからおよそ50キロのところにあり、すばらしい建築と景観でいっぱいです。著名な建築家アンドレア・パッラーディオをたたえ、パッラーディオの町として知られています。実際彼は16世紀にここで多くの代表作を生み出しました。
またヴィチェンツァは、自然の美しさ、上質の料理やワインでも有名です。さらに産業・手工芸分野、特に金細工や宝飾関連で高級品を世界中に輸出しています。

町のそばにはベリチ丘陵Colli Bericiがあり、魅力的な景色が広がっていて、パッラーディオの手による別荘や古い屋敷、また城や要塞を見ることができます。北にはアシアゴ山地Montagne di Asiagoとイタリアで最も広いセッテ・コムーニ台地Altopiano di Sette Comuniが広がります。ここは素晴らしい保養地で、リラックスして美しい風景を堪能したり、スポーツを楽しむことができます。
モンテッキオ・マッジョーレMontecchio Maggioreには、シェイクスピアの作品のヒントとなったジュリエッタとロメオの城があります。それから、広場で繰り広げられる人間チェス試合で有名なマロスティカMarostica、パッラーディオがデザインしたヴェッキオ橋のあるバッサーノ・デル・グラッパBassano del Grappaといった町もヴィチェンツァの近くです。

JITRA:ヴィチェンツァの観光面での特徴は何でしょうか。

市長:ヴィチェンツァを観光するということは、すなわち建築、芸術、文化の歴史を旅するということです。それは魅力的な旅です。ロマネスク、ゴシック、ルネッサンス、バロック、そしてネオクラシックといったスタイルが、教会、宮殿、橋、屋敷が散りばめられたまるで劇場のような私たちの町を彩っています。だからこそユネスコ世界遺産にも選ばれているのです。 先にも述べたように、ヴィチェンツァはアンドレア・パッラーディオ(1508-1589)と強くむすびついています。彼はここで数々の代表作を生み出しました。例えば、おそらくヴィチェンツァを最も代表する建物といえる町の中心シニョーリ広場にあるバジリカBasilica。そして、オリンピコ劇場Teatro Olimpicoです。この劇場を見ようと世界中からやって来る人たちを虜にします。

ヴィチェンツァを訪れれば、地元の食文化を発見することもできます。町の伝統料理の主役は”ヴィチェンツァ風干鱈bacala' alla vicentina”です。その起源は1400年代に遡ります。とてもおいしい一品ですので、このあたりで生産される最高のワインやグラッパと一緒に召し上がってください。

JITRA:では、ヴィチェンツァで見逃してはならない場所、イベントを教えてください。

市長:パッラーディオのバジリカBasilica di Palladianaはずっと修復作業が続いてきましたが、今年10月に再開される予定です。その際には”ラファエロからピカソへRaffaello verso Picasso”と題した展覧会が開催されます。肖像画や人物画の歴史をテーマにするもので、世界中の主要美術館から大作がやって来ます。同時期にはキエリカーティ宮殿Palazzo Chiericatiも再公開されることになっています。キエリカーティ宮殿にはすばらしい柱廊があり、市立美術館にもなっています。

マッテオッティ広場に行くとオリンピコ劇場Teatro Olimpicoがあります。1585年3月3日にオープンした世界で最も古い屋根付き劇場で、パッラーディオの創造性の真骨頂と言っていいものです。ここでは由緒あるクラシック音楽のコンサート、国際フェスティバルNew Conversations Vicenza Jazz、そして古典劇の公演が開かれます。今年の古典劇公演は芸術監督に有名なリトアニア人演出家Eimuntas Nekrosiusを招きました。オリンピコで古典劇が現代の演出で再現される時には、新市立劇場のシーズンも迎えます。ここでも国際的に活躍するアーチストが登場します。 もうひとつ、ヴィチェンツァに残るルネッサンス建築の素晴らしい代表例がティエーネ宮殿Palazzo Thieneです。一連の華やかな装飾が残っており、また素晴らしいアートコレクションを所有しています。 他にも訪れてほしい場所があります。モンテ・ベリコの聖所Santuario di Monte Berico。それから”ラ・ロトンダLa Rotonda”の名で知られる有名な別荘、ヴィッラ・カプラ・ヴァルマラーナVilla Capra Valmaranaです。この別荘の近くには別にヴィッラ・ヴァルマラーナ・アイ・ナーニVilla Valmarana ai Naniという別荘もあり、ティエポロTiepoloのフレスコ画を見ることができます。 華麗なバロック建築の代表は、レオーニ・モンタナーリ宮殿Palazzo Leoni Montanariです。ここの回廊ではヨーロッパで最も重要なロシアイコンのコレクションを展示しています。 毎年5月には、ヴィチェンツァとその近郊で聖書フェスティバルFestival Biblicoが開催されます。聖書をテーマにしたイタリアで唯一のフェスティバルです。 最後に、9月にヴィチェンツァにいる方は、”Giro della Rua”と呼ばれる町伝統の祭りに参加することができますよ。

JITRA:市長さんおすすめのレストランや特産品を教えてください。

市長:特にひとつだけを挙げるわけにはいきませんので、次のインターネットサイトをご覧になるか、町のツーリストインフォメーションでたずねてみてください。
レストラン www.ristoratoridivicenza.it アグリツーリズム www.agriturismovicenza.com ショッピング www.vishopping.it 手工芸品 www.viart.it

JITRA:最後に市長さんから日本の旅行者のみなさんにメッセージをお願いします。

市長:16世紀末、ヴィチェンツァは若き日本人の使節団を迎え入れました(注:天正遣欧少年使節団のこと)。彼らはオリンピコ劇場を訪れたのですよ。前述したようにパッラーディオが生み出した代表作の一つ、世界中に知られるヴィチェンツァの宝石です。そして、この劇場には使節団がやって来た様子を描いたフレスコ画が今も残っています。当時、日本からやって来た少年たちは劇場の美しさに心を打たれたと伝えられています。

何世紀もの後、パッラーディオのもう一つの傑作であるバジリカがかつての輝きを取り戻します。歴史的中心地の心臓部シニョーリ広場に面したこのモニュメントは、私たちの町のアイデンティティをおそらく最もよく映し出していると言えるでしょう。世界の人たちに向けて町を代表するものです。このヴィチェンツァのシンボルは、5年に及ぶ長くデリケートな修復作業を終え、この10月に一般に、そして世界中の建築を愛する人たちに公開されます。先にも述べましたが、その際には”ラファエロからピカソへ”と題した大展覧会が開かれ、国内外の有名美術館から大作がやって来ます。パッラーディオの建築、ユネスコ世界遺産、そして世界的巨匠によるアート。これらがひとつにまとまるのですから、見逃すことの出来ないイベントです。

ヴィチェンツァの遺産は、何世紀にもわたって私たちの町を特徴づけてきた気品ある伝統と結びついています。この伝統はかつて町に富をもたらしたのです。特に東洋から生産技術を学んだ絹のおかげです。こうしてヴィチェンツァは芸術的な傑作を生み出すことができたのです。
さらにヴィチェンツァは金と宝石の町として世界中に知られています。企業そして職人レベルで活発に生産を続ける金細工の伝統は、イタリアでも最も高い評価を受けています。
そして、とてもおいしい伝統料理と高品質のワインは周知の通りですし、風景や自然の美しさもまたそうです。

16世紀に日本からやって来た少年たちはヴィチェンツァに深い感銘を受けました。そして、今日でも日本の皆さん−文化や芸術、美というものを評価することに長けている人たちだと思っていますーは私たちの町に魅了されるだろうと確信しています。今日も何世紀前と変わらず美しい町です。 ぜひヴィチェンツァにいらして、皆さんの目でこの町をご覧になってください。きっと驚かれることでしょう。

ヴィチェンツァデータ
Dati di Vicenza

■アクセス
ミラノ中央駅からES(Freccia Bianca)で約1時間50分。レジョナーレ・ヴェローチェRegionale Veloceで2時間25分。
ヴェネツィア・サンタ・ルチア駅からはES(Freccia Bianca)で約43分。レジョナーレRegionaleで1 時間21分。 
www.trenitalia.it

■ツーリストインフォメーション
IAT
Piazza Matteotti 12
Tel: 0444-320854


Vicenza e'
Tel: 0444-994770 info@vicenzae.org
www.vicenzae.org

ホテル予約
Tel: 0444-964380
info@vicenzabooking.com
www.vicenzabooking.com


Salerno


http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.