JAPAN-ITALY Travel On-Line

小都市をたずねる旅 -  ラ・ミア・トスカーナ バックナンバー
20 Settembre 2002
キーワードはCantinaとDugustazione?! 

ワインの里 モンテプルチャーノ

トスカーナ州 - モンテプルチャーノ(シエナ県)
Toscana ‐ Montepulciano(Siena)                              



田中 佳代子
photo1

   
ライバル意識の強いフィレンツェの友人には口が裂けても言えませんが、シエナとその近郊はトスカーナで私の一番のお気に入り。高い塀に囲まれた別荘ばかりのフィレンツェ郊外と違って、なだらかな丘と畑が続き、絵葉書で見たような美しい風景はイタリア語で言うならincantevoleという形容詞がぴったりなところ。普段の私なら移動中に一眠りし目的地に着いたら行動開始するのですが、モンテプルチャーノに行く時は移動中から旅はすでに始まっているのだから居眠り厳禁!

★とるものもとりあえず・・・
モンテプルチャーノは標高600m余りの丘の上にある町。とにかく坂道が多い!町の中心にあたるピアッツァ・グランデ Piazza Grande を起点に上ったり、下ったりしながら散策を開始しましょう。 町を歩いているとあちこちにカンティーナ Cantina (ワイン貯蔵庫)、エノテカ Enoteca (ワインショップ)といった看板が目に付き、お酒が好きな私としては観光もそこそこに片っ端からチェックせずにはいられません。カンティーナの中は1年を通じて12〜13度、じめじめしてワインとカビが入り混じった独特の匂いに、大きなオークの樽 botte が並んでなんともいい感じ。カンティーナ訪問後はショップでいろいろ試飲 degustazione し、お店の人の説明を聞きながら五感をフルに働かせ、一番口に合うワイン探しに熱中。有名な Vino Nobile di Montepulciano はD.O.C.G.ワイン。2年間木樽で熟成されており、ドライでちょっと苦味があり、こくのある風味はお肉料理にぴったり。熟成期間が3年になるとリセルヴァ Riserva(リザーヴ)と呼ばれるようになります。対して Rosso di Montepulciano はD.O.C ワインで熟成期間は6〜8ヶ月、ドライ且つフルーティーでどんなお料理にも合いますが、ミートソース系のパスタやお肉料理との相性が抜群。  

写真説明
上:収穫まであと少し
左下:なだらかな丘陵地に続くぶどう畑
右下:古いお屋敷を改造したアグリ
photo2   photo3

インフォメーションオフィスでは毎週水曜日と木曜日にある半日ワイン・ツアーも申し込めます。英語でのガイドつきなのでモンテプルチャーノの町や、ワインについてためになる説明がいろいろ聞けるでしょう。何種類もワインを試飲する場合は、口に含んだ後飲み込まず専用の容器に出すのですが、おいしいのともったいないのとで全部飲んでしまい、数時間後にはかなり御機嫌に。千鳥足には坂道が更にこたえます。

★お酒が飲めない人も楽しめる、ブラーヴィオ
8月の最終日曜日、夏の終わりを飾る伝統行事ブラーヴィオ Bravio がモンテプルチャーノの町を舞台に繰り広げられます。町が8つのコントラーダ contrada (地区)に分かれ、樽を転がすというワインの町ならではの行事。一見簡単なようですが、樽が80キロもあり、普通ではまっすぐに転がらない形のうえ、上り坂を1650メートル駆け上る体力と、細い路地でうまく追い越すためのテクニックが要求されるのです。ブラーヴィオに先がけた週はイベントが目白押し。各コントラーダが予行演習をしたり、本拠地が一般開放され衣装を見学できる他、コントラーダで出される夕食会に参加することもできます。パンフレットによるとワインは飲み放題 vino a volontà!お気に入りのコントラーダがあればブラーヴィオを見るのにも一段と熱が入りますね。(当日は町への入場が有料。今年は一人6ユーロ)

★見所
ピアッツァ・グランデを起点としてスタートしたはずが、途中カンティーナの誘惑に負けて横道にそれてしまいました。モンテプルチャーノにはピアッツァ・グランデにあるルネッサンス期の建物パラッツォ・コムナーレ Palazzo Comunale(市庁舎)、パラッツォ・コントゥッチ Palazzo Contucci や未完成のドゥオーモ Duomo、ライオンの装飾が美しい井戸を始めとし、13世紀から17世紀のシエナ、フィレンツェ派の絵画を集めた市立博物館 Museo civico、美しい建物の並ぶグラッチャーノ通り Via Gracciano、城壁の外にたたずむサン・ビアージオ S.Biagio 教会など、見所はいろいろ。 更にモンテプルチャーノのあるヴァル・ドルチャ Val D'Orcia周辺には、同じくワインで世界的に有名なモンタルチーノ Montalcino、1300年代の城壁が残る小さな町ボンコンヴェント Buonconvento、ペコリーノチーズのおいしいピエンツァ Pienza、映画の舞台にもなった広場のある温泉の町 バーニョ・ビニョーニ Bagno Vignoni などなど小さいながらも個性的な町ばかり。話題のアグリツーリズムに宿を取り、日帰りであちこちに足を延ばしてみるのがお薦めです。  

写真説明
左下: カンティーナ巡りも魅力のひとつ
右下:エノテカでは特別な日のための特別なワインを仕入れる
photo4   photo3

春になると野山でピクニックしたくなり、夏には海へ行きたくなるように、秋の気配を感じると、秋=ぶどう=ワイン=モンテプルチャーノという単純な発想でどうしても訪れたくなる町。考えてみると秋に行ったからと言ってその場で搾りたてのワインが飲めるわけでもないので、むしろ新しいワインが店頭に並ぶ春に行くのが正解かもしれませんね・・・。残念ながら今年は夏の天候不順のせいでぶどうの収穫量は少なく、当たり年 annata buona になりそうにはありませんが、どんな味の Vino Nobile ができるのか・・・。それは2年間の熟成期間を終えた2005年のお楽しみ。





モンテプルチャーノ・データ 
Dati di Montepulciano

■アクセス
鉄道:シエナ=キウージ Chiusi線モンテプルチャーノ Montepulciano 駅下車(駅から市内は8km。バスの本数が少ないのでタクシーを利用)
ローマ=フィレンツェ線キウージ Chiusi駅下車。キウージからはバスで約1時間。 シエナからピエンツァ Pienza経由バスもあり。

    
■インフォメーション
 
シエナ県全般 Informazione Turistiche APT Siena
Piazza del Campo 56, Siena
電話:(国番号39) 0577 280551 Fax: 0577 281041
Eメール: aptsiena@siena.turismo.toscana.it
HP: www.comune.montepulciano.si.it

または Ufficio Informazioni Strada del Vino Nobile
Piazza Grande 7, Montepulciano SI
電話: (国番号39)0578 717484 Fax: 0578 752749
E-mail :  stradanobile@bccmp.com
HP: www.stradavinonobile.it  (英語のページも準備中)
■ホテル
一度は泊まってみたいアグリツーリズム
アイ・バッテンティ Ai Battenti
Via dell'Antica Chiusina 2b, 53045 Montepulciano SI
電話:(国番号29) 0578 717009 Fax: 0578 717009

プール付きデラックス、アグリ
ボルゴ・デッレ・モーレ Borgo delle More
Via di Montenero 18, 53040 Cervognano di Montepulciano SI
電話:(国番号39) 0578 76866, 767000  Fax: 0578 717498 br>E-mail :  info@borgodellemore.com
HP:www.borgodellemore.com (英語あり)キャンセルの場合にもチャージがかかるので、予約は慎重に!

■レストラン
創業1868年。バルコニーからキアーナ渓谷が見渡せる。レストランもあり。
カフェ・ポリツィアーノCaffè Poliziano
Via di Voltaia nel Corso 27, 53045 Montepulciano SI
電話:0578 758615 Fax: 0578 752856
HP:www.ec-net.it/site/caffepoliziano

セコンドのお肉がおいしくて昼と夜、1日に2回も通ってしまった
リストランテ・ローマ Ristorante Roma
Via Soccini 14, 53022 Buonconvento SI
電話:0577 806021 Fax: 0577 807284

■ショップ
銅製品。手作りの銅鍋は見た目よりずっしり重い。親子3代にわたって使える、というのも納得できる。
ボッテーガ・デル・ラーメ “マッツェッティ” Bottega del Rame “Mazzetti”
Via dell'Opio nel Corso 64, 53045 Montepulciano SI
電話:0578 758753 電話&Fax: 0578 717038
Eメール: mazzetti@bccmp.com
  HP:www.rameria.com

刺繍やハンドプリントのテーブルクロスなど
エルッファ Eluffa
Via dell'Opio nel Corso 40, 53045 Montepulciano SI
電話:0578 717489

カラフ、グラス、栓抜き、温度計までワイン通向けグッズが充実
ボッテーガ・デル・ノービレ Bottega del Nobile
Via del Poliziano 14, 53045 Montepulciano SI
電話:0578 758205 Fax: 0578 752856 >

  map
著者プロフィール

田中 佳代子(たなか かよこ)
読書少女だった子供の頃「東方見聞録」に惹かれてマルコ・ポーロ出身のベネチア行きを決意するが、91年にフィレンツェに駐在してからは、あまりの居心地のよさにずっとトスカーナに住みついている。
現在はダイビングインストラクターの夫とペットのうさぎとアヒルと共にオリーブとブドウ畑に囲まれたルッカの郊外に暮らす。 いつかはマルコ・ポーロさながらにシルクロードを端から端まで旅するのが夢。



http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.