JAPAN-ITALY Travel On-Line

小都市をたずねる旅 -  ヴェネト見聞録バックナンバー
15 Aprile 2003

第二回 愛の巡礼地 ヴェローナ

ヴェネト州−ヴェローナ
Veneto−Verona

                  



三浦 和美
photo1

   
オレンジ色の屋根瓦の町並みをアディジェ川が優しく包みこむように流れ、ローマ時代の遺跡と中世の城や館が散りばめられた美しい古都。ヴェローナはいわずと知れた名作「ロミオとジュリエット」(イタリア語ではロメオとジュリエッタ)の舞台。シェークスピアの原作を読まれた方にも、レオナルド・ディ・カプリオの現代版ロミオにはまった方にも訪れていただきたい愛の巡礼地です。 ☆ 町のみどころ ローマのコロッセオをレンガ色に染めたような円形劇場、アレーナArenaはヴェローナの“顔”。町の出発点、ブラ広場Piazza Bra正面にどーんと登場します。円形といいつつ、実は74mと44mの直径をもつ楕円形で、かつての闘技場は、夏のオペラはもちろん、スティングやエルトン・ジョンといったロックの野外コンサートなどにも大活躍。アレーナ左横から町のおへそ、エルバ広場Piazza Erbaまで続くマッツィーニ通りVia Mazziniは、さしずめ“ヴェローナ銀座”。一流ブランドのブティックが連なるショッピング・ストリートです。エルバ広場はローマ時代の公共広場Foroの跡で、野菜市場やお土産屋さんが立ち並び活気があふれるなかにも、フレスコ画が施された品のよい建物Palazziで囲まれた愛らしい一角。一時ヴェローナに滞在していたダンテの彫像が考え深げに立っているシニョーリ広場Piazza dei Signoriはエルバ広場の裏手にあたり、ここは一転して静けさのあふれる空間。階段の美しいラジョーネ宮殿Palazzo della Ragione、スカラ家やヴェネツィア共和国統治時代からの行政機関などが集まっていますが、目を引くのは、ランベルティの塔Torre dei Lamberti(84m)。てっぺんから望むヴェローナの町並みは絶景なので、是非、エレベーターで(体育系・節約派の方は徒歩で)上ってみて下さい。  

写真説明
上:アレーナArena
左下:沈黙の空間が心地よいシニョーリ広場とダンテ像
右下:テアトロ・ロマーノから望むアディジェ川の優しい風景
photo2   photo3

ヴェローナで賢いなあと思うのが、教会。普通、教会といえば、写真・ビデオ撮影などを一切禁じているものですが、ヴェローナの見所である5つの教会、サン・ゼーノ教会Basilica di S.Zeno、サン・ロレンツォ教会Chiesa di S.Lorenzo、ドゥオーモDuomo、サンタナスターシア教会Chiesa di S.Anastasia、サン・フェルモ教会Chiesa di S.Fermoでは、美術遺産保護の基金を共通入場券(5箇所で5ユーロ)で稼ごうということで(?)、観光客の撮影OK。被写体としておすすめは、サン・ゼーノ教会の回廊が美しい中庭、そしてサンタナスターシア教会の2つのせむし男Gobbo。聖水盤の重みを背中で耐えるさえない表情が、なぜか今の世代の私達とだぶって見えてきます。ちなみに祭壇奥左手のドアの向こうには、忽然とローマ時代の遺跡Scaviが広がっていて、いきなりタイムスリップしたような不思議な感覚に襲われます。サンタナスターシア教会からピエトラ橋Ponte della Pietraを渡ると、ヴェローナの町を一望する古代ローマの劇場跡、テアトロ・ロマーノTeatro Romanoと考古学博物館Museo Archeologicoのエリア。古代劇場の階段からアディジェ川を眺めていると、いつしかローマのテヴェレ川の風景とオーバーラップしてしまい、ここが北イタリアなのだということを忘れてしまいます。カステルヴェッキオCastelvecchioは、スカラ家が要塞兼居城としてたてた中世のお城で、ブラ広場からローマ通りVia Romaを西に約200m。お城の内部は現在、美術館となっていて、ヴェネツィア派、ヴェローナ派の絵画・彫刻ファンの方は必見です。

☆“ロミ・ジュリ”巡礼記
ヴェローナまで来たからにはやっぱり見て帰りたいジュリエットの家Casa di Giuliettaは、エルバ広場近く、カペッロ通りVia Cappelloの23番地。世界中から押し寄せてくる恋人達はふとどきにも、壁中所狭しと落書き攻撃…。つたのからまるロマンチックなバルコニーからジュリエットが愛するロミオの名を呼ぶシーンを思い浮かべていた私には、ちょっと興ざめな感がします。ロミオ様の家の方はスカラ家の霊廟Arche Scaligereのあるアルケ通りVia Archeの26番地で、ここは外観を見るのみ。ジュリエットのお墓Tomba di Giuliettaとされているのはブラ広場南東、フレスコ画博物館Museo d'Affreschiの中庭にある地下埋葬所。霊感の強い私は、ひやっとした空気のなかに“なにか”がいる気がしましたが、隣では愛のパワー全開とばかり、ジュリエットの石棺に“腰掛けて”記念写真を撮っているカップルの姿が!かえって、しんみりと見つめていたのは、手をつないでいた男性のカップルの方でした。  

写真説明
左下: バルコニーに上ればジュリエットの気分
右下:ジュリエットが眠ったとされる石棺、中身は今いずこ?
photo4   photo3

☆ 私のおすすめ
マッツィーニ通りに近く、ショッピングにも観光にも断然便利なホテルはクラッシックな雰囲気がすてきなアカデミア。同じく中心街にあるビクトリアは、ジャグジー付のお部屋やフィットネスクラブを完備、旅の疲れも癒せそうです。ヴェローナのホテルのハイシーズンはオペラの開催される夏。通常料金の約2倍に跳ね上がります。見本市が開催される期間も料金は高めで、予約が取りにくいのでご注意。
エルベ広場からサンタナスターシア教会に続くサンタナスターシア通りCorso Sant'Anastasiaは、アンティック・ショップやセレクト・ショップ、優れもののアリメンターレの多い、渋い界隈。25番地のブティック、マリーザMarisaは、D&G、Gucci、Fendiなど、レディースのブランド専門店。気になるお値段は定価の40‐70%オフ!ただしお店の人が留守がちなので、電話でアポイントをとって行く方がベターかも。パンドーロPandoroというクリスマス・ケーキで有名なヴェローナ。名物料理は野性味あふれる馬肉の煮込みPastizzada de cavalやいわしのビゴリ(フレッシュパスタ)Bigoli alle Sardeなど。高級DOCGワインのアマローネAmaroneで牛肉を煮込んだブラザート・アラマローネBrasato all'Amaroneはなかなかの美味。イタリア創作料理としてのすし・刺身の盛り合わせが楽しめるアル・クリストAl Cristoには、オリーブオイル、バルサミコ酢など食にこだわるショップやエノテカが併設されています。

☆ イベント
10月〜5月に交響楽ホールTeatro Filarmonicoで行われる交響楽シーズンStagione Sinfonia、6月〜8月にアレーナで行われるオペラシーズンStagione Liricaは、公式サイトwww.arena.it でプログラムチェック、予約ができます。またDOCGワインを多く産出するワインどころとして、毎年4月、イタリアワイン祭りVinitalyが開催されています。


ヴェローナデータ 
Dati di Verona

■アクセス
列車:ミラノ、ヴェネツィアよりヴェローナ・ポルタ・ヌォーヴァVerona Porta Nuova駅までユーロスターES、インターシティIC利用で約1時間半。
自動車:高速道路Autostrada A4のVerona SudまたはA22のVerona Nordが出口。 飛行機:ヴェローナ・ヴィッラフランカ空港へはヨーロッパ、イタリア各地の空港からアクセス可能。 空港より国鉄ポルタ・ヌォーヴァ駅へ約20分おきにバスが順行、所要時間15分。

■ヴェローナ観光局
Ufficio Promozione Turistica dell'amministrazione provinciale di Verona
Piazza Erbe, 38
37121 Verona
Tel:(国番号39)045-8006997 Fax:(国番号39)045-8010682
HP: www.tourism.verona.it
e-mail: info@tourism.verona.it

■インフォーメーション・オフィス
Uffici di Informazione e Accoglienza Turistica (I.A.T.)
◇ブラ広場Piazza Bra:
Via degli Alpini, 9
Tel:(国番号39)045-8068680 Fax:(国番号39)045-8003638
e-mail: iatbra@tiscalinet.it
オープン:月−土曜9:00−14:00/15:00−19:00(日曜9:00−15:00)
◇国鉄ポルタ・ヌォーヴァ駅Stazione FS Porta Nuova
Piazza XXV Aprile
Tel/Fax:(国番号39)045-8000861
e-mail: iatfs@tiscalinet.it
オープン:月−土曜9:00−18:00(日曜9:00−15:00)
◇ヴェローナ・ヴィッラフランカ空港内 Aeroporto Verona "V.Catullo"-Villafranca
Tel/Fax:(国番号39)045-8619163
e-mail: iataeroporto@tiscalinet.it オープン:月−土曜11:00−17:00(日曜休み)

* 毎月、第1日曜はジュリエットの墓、テアトロ・ロマーノ、カステルヴェッキオ(展示会日を除く)などへの入場無料。

■ ホテル
◇ブティック街が近いので買い物袋が増えそう? ホテル・アカデミア Hotel Accademia☆☆☆☆
Via Scala 12, 37121 Verona
Tel:(国番号39)045-596222 Fax:(国番号39)045-8008440
HP:www.accademiavr.it
e-mail: accademia@accademiavr.it

◇モダンな設備で快適ホテルライフ ホテル・ビクトリアHotel Victoria☆☆☆☆
Via Adua 8, 37139 Verona
Tel:(国番号39)045-590566 Fax:(国番号39)045-590155
HP: www.hotelvictoria.it
e-mail: victoria@hotelvictoria.it

◇イタリアの普通のご家庭の寝室っぽいインテリアがなぜか新鮮 ホテル・ヴェローナHotel Verona☆☆☆
Corso Porta Nuova 47/49,37122 Verona
Tel:(国番号39)045-595944 Fax:(国番号39)045-594341
HP: www.hotelverona.it
e-mail: info@hotelverona.it

◇キッチン付レジデンス、窓を開ければ目の前に迫るカステルヴェッキオ レジデンス・ヴェローナ・ハウス Residence Verona House
Via Antonio Provolo 3, 37123 Verona Tel:(国番号39)045-8089311 Fax:(国番号39)045-8001177
HP: www.residenceveronahouse.com
e-mail: verhouse@plugit.net

■レストラン ◇パリのビストロの雰囲気が漂う“ワインの工房”ボッテガ・デル・ヴィーノBottega del Vino
Via Scudo di Francia 3, 37121 Verona
Tel:(国番号39)045-8004535
HP:www.ifinet.it/bottega
e-mail: bottega.vino@ifinet.it
火曜休み(ランチ・ディナータイム以外はエノテカとして営業)

◇プリモ+セコンドで13ユーロ、ワインとデザートが豊富なモダンなオステリア ジュリエッタ・エ・ロメオGiulietta e Romeo
Corso S.Anastasia 27,37121 Verona
Tel:(国番号39)045-8009177
日・月曜ランチ休み

◇スローフード協会もご推薦、“通”のおやじであふれかえる郷土料理のお店 オステリア・アル・ドゥオーモ Osteria al Duomo
Via Duomo 7 ,37100 Verona
Tel:(国番号39)045-8004505/045-8007333
12:00-14:00/19:00-22:00日曜休み

◇イタリア人シェフの創作寿し、旅の土産話にトライしてみては?アル・クリストAl Cristo
Piazzetta Pescheria 6,37121 Verona
Tel/Fax:(国番号39)045-594287
HP: www.ristorantealcristo.it
月曜休み

■ショップ
◇有名ブランドの掘り出し物をゲット! ブティック・マリーザBoutique Marisa
Corso S. Anastasia 25 ,37121 Verona
Tel:(国番号39)045-8009725/(国番号39)348-2329291
10:00−13:00/17:00−20:00(日・月休み)

◇お土産に最適、可愛らしいクロスステッチの小物・キッチン用品のお店 ダル・サッコDal Sacco
Via Cairoli 8 ,37100 Verona(ランベルティの塔すぐ下)
Tel:(国番号39)045-8007256
9:00−12:30/15:30−19:30(日・月午前休み)



  map
著者プロフィール

三浦和美(みうらかずみ) 
山口県出身。法政大学卒業後、外資系銀行を経て2年半ロンドンに滞在。JTBローマ支店、全日空ローマ支店に勤務後、14年住み着いたローマを離れ、現在ヴェネト州ヴィチェンツァ在住。セリエA入団を夢見る長男は14歳。



http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.