JAPAN-ITALY Travel On-Line

小都市を訪ねる旅 かかとの先まで〜プーリア発見の旅
15 Dicembre 2003
 



第6回(最終回) 
ガルガーノ Gargano の聖なる白い町、モンテ・サンタンジェロ Monte Sant'Angelo へ  




 
小森谷 慶子
sicilia1

   
プーリアについては今回が最終回になります。乗馬ブーツの拍車のように、アドリア海に突き出たガルガーノ半島は、プーリア州で最も北に位置するフォッジャ県に相当します。その沖合いに浮かぶトレミティ諸島 Isole Tremiti は、オデュッセウスとともにトロイア戦争を戦った英雄ディオメデスが没した場所とされており、知る人ぞ知るとっておきのリゾートなのですが、私としてはまだ訪れたことがないので、今回ご紹介できないのは残念です。緑深いガルガーノ半島は国立公園に指定されている秘境の地で、「中世の驚異」と呼ばれたフェデリーコ二世も暇をみてはこの地の鳥類を観察して『鷹狩りの書』を著わしたのでした。今日、その周縁部には、ペスキチ Peschici、ヴィエステ Vieste、マッティナータ Mattinata などのリゾート地が発達しています。

このような山地の、標高800メートルの高みにある洞窟に、5世紀末に3度にわたって、天の軍帥、大天使ミカエルが降臨したということで、修道院が開かれることになりました。以後、この聖地は、ランゴバルド族(一部はロンバルディアに王国を建設し、一部は南イタリアに定住して公国を建設した)やノルマン人の騎士によって崇められ、聖地イェルサレムへの巡礼騎士団が行 きと帰りに必ず詣でるべき所とされたのでした。この聖なる洞窟の南方斜面には、真っ白な迷宮とも言うべき、切り妻屋根の並ぶ歴史的な住宅街ユンノ地区が広がっています。溜まりのようなテラス状の広場には、古い教会が建ち、今日ではこじんまりしたレストラン(中でも、若夫婦の経営する「ヤラントゥオメネ」は陣内秀信先生のご用達)もあります。小一時間の散歩を楽しんでみてはいかがでしょうか。ただし、あくまでも住宅街ですので騒ぎ立てず、明るく挨拶などして、住民に対して失礼のないように。

今でもこの聖地を観光バスで訪れる巡礼が多いので、町の西端にある大駐車場から聖なる洞窟にかけては、お土産物やが軒を並べています。名物のお菓子「ホスティア・リピエーナ」(聖体のような平たいおせんべいにロースト・アーモンドの飴がけを挟んだもの)やロザリオなどに混ざって、大天使ミカエルよりもはるかに多く、ある老修道士の絵はがきや額入りの写真が売 られているのに気が付かない人はいないでしょう。これが、その名も知れた最も新しく、最も霊験あらたかな聖人、ピオ神父 Padre Pio なのです。
ピオ神父についての詳細は、インターネットで簡単に知ることができるので、ここにあえてご紹介するのは控えますが、キリストや聖フランチェスコのような聖なる傷痕を両手両足と脇腹に受け、驚くべき奇跡を行ったことが知れわたり、同じくガルガーノ山中のサン・ジョヴァンニ・ロトンド San Giovanni Rotondo の修道院は、1968年に同神父が没する以前から、いつも巡礼でにぎわっていました。目下、レンツォ・ピアノによる超モダンな聖堂を建設中です。

sicilia2   sicilia3

ところで、モンテ・サンタンジェロをツアーではなく、個人で訪れるには、県庁所在地のフォッジャ Foggia が起点になります。駅前から一日に数本直行バスがあります。もしくは、山のふもとのマンフレドニア Manfredonia という港町まで電車かバスで行き、ここから山上の町の目抜き通り(観光スポットへは西に5分ほど進む)までバスで往復することになります。もしも時間が許すなら、この港町にもいくつかの見どころがあることをお伝えしておきましょう。

マンフレドニアは、フェデリーコ二世の愛息マンフレーディによって、古代から中世初期に栄えていたシポント Siponto に代わる港湾として建設されました。
シポントは、河川の沈殿物によって海岸線が遠のき、サラセンの海賊に襲撃されたりして廃れつつあったからです。シポントは、今では地味な海水浴場ですが、往年の司教座聖堂であったサンタ・マリア・ディ・シポント Santa Maria di Siponto は、オリエント風ロマネスクの聖堂建築の類例として重要です。四角いプランの小さな聖堂で、お願いすればクリプタも見学させてもらえます。傍らには初期キリスト教時代の聖堂跡が発掘されています。ここの司教がモンテ・サンタンジェロの聖所を開山したのでした。訪れる観光客が増えているものと見え、近年国道沿いに観光バスの駐車できる路肩が設置されました。

もうひとつの見どころは、マンフレドニア城内に設置されている考古学博物館です。古代にダウニアと呼ばれていたこの一帯からは、他では類例を見ない板状の石に死者の姿を線刻した「ステーレ・ダウニ Stele Dauni」がたくさん出土していますが、ここにはそれらが集められているのです。まだまだ研究の余地があり、定説は確立していません。
ところで、もしもマンフレドニアで食事をするのなら、ぜひズッパ・ディ・ペッシェ Zuppa di Pesce (魚介のスープ)をお試しください。私が初めてここを訪れたとき、レストランで普通の魚介パスタを注文しようとしたら、近くに座っていた人々が皆おせっかいにも、「あら! シニョーラ、ここに来たなら、ズッパ・ディ・ペッシェを食べなくてはいけませんよ!」と教えてくれたものです。トウガラシがきいていて、少しリヴォルノのカチュッコに似ていますが、もう少しあっさりしています。少 しお高いけれど、パンが底に敷いてあるので一皿で満腹です。

さて、オマケといっては何ですが、フォッジャの近郊にはもう一つの歴史的な見どころ、ルチェーラ Lucera があります。ローマ時代にも名の知れた植民市ルケリアであり、円形闘技場の遺構などの見どころもありますが、ムッソリーニの時代にメチャクチャな再現工事が行われてしまったのが残念です。さらに町の外には、フェデリーコ二世の建てた城跡があります。歩いても行けます。ここに彼は、シチリアで反乱を起こしたイスラム教徒を集団移住させ、男どもは、教皇陣営と戦うためのサラセン軍団兵に、若くてきれいな女性は宴会用のサラセン・ダンサー・チーム(よろこび組みたい!)の踊り子として特訓させました。広い城内の一角には皇帝宮殿の遺構が少し残っています。いずれも半日の日帰り遠足で見て廻れるでしょう。



観光のデータ;  
 DATA DI GARGANO 

■フォッジャへのアクセス; バルレッタから国鉄で40~50分。ローマからES (ユーロ・スター)で約3,5時間。ナポリからはカセルタもしくはベネヴェント乗 り換えで約6時間。
*フォッジャの観光局;
Via Perrone 17, Tel.0881-723141, Fax.-725536
*フォッジャのホテル; 以下の駅前の4つ星2軒の他、駅前にたくさんあり。
Cicolella; Tel.0881-688890, Fax.-678984
White House; Tel.0881-721644, Fax.-721646
*モンテ・サンタンジェロへのアクセス; ふもとのマンフレドニアまで国鉄 で25分。同市内のバスターミナルから、山頂の終点 P.za Duca D'Aosta まで約30分。
フォッジャからの直行バスはごくわずか。
*モンテ・サンタンジェロの観光局; Corso Vittorio Emanuele 251,
Tel.0884-561149
*モンテ・サンタンジェロのホテル; 町の外に3つ星が数件ありますが、食べ物の 美味しさを考えると、レンタカー旅行者ならふもとのマンフレドニアやシポント に泊まる方がお勧めです。マッティナータの高級ホテルは2軒ともアジア人に対 する偏見や人種差別があると、観光バスの運転手らが噂していました。今はSARS のこともあるし、避けた方が不愉快な思いをしないですむかもしれません。
*マンフレドニアのホテル; Gargano, Viale Beccarini 2(城から東へ徒歩10分 くらい), Tel.0884-587621
*マンフレドニア考古学博物館; 同城内、Tel.0884-587838


  map

著者プロフィール

小森谷慶子(こもりや けいこ)
東京女子大学文理学部史学科卒。特に南イタリアを対象とするイタリア史研究家。著書に『魅惑のローマ』(グラフィック社)、『シチリアへ行きたい』(新潮社とんぼの本、1998年に国際ジャーナリズム賞審査員特別賞を受賞)、『ローマ古代散歩』、『ナポリと南イタリアを歩く』(いずれも新潮社とんぼの本)。今春には『シチリア歴史紀行』(白水社)を出版された。ご主人で建築家の小森谷賢二氏が写真を担当。




http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.