JAPANITALY Travel On-line


   
イタリアのオススメ旅行先
15 aprile 2005

Passeggiata di Passirio (Merano)


癒しの休日:メラーノの遊歩道

(谷山 昌子 ミラノ在住)



私はミラノで仕事をしています。友人から、「なぜかほっとする、とてもいいところよ」と聞いていたので3月初頭、ボルツァーノに所用で行くことになった前の週末、30キロ先のメラーノまで足をのばすことにしました。

メラーノ駅をおりるとすでに落ち着いたたたずまい。緑が濃いこと、道幅も大きく、小さい町ながら歴史のあるスケールの大きい町であることを感じます。道にはチリ一つ落ちていません。
ホテルは、JITRAに掲載されていたウェスティンホテルを予約しました。まだシーズンオフのため、1泊朝食付きで40―50ユーロ。駅から徒歩5分のところにある同ホテルはリバティー様式の立派なヴィッラ。部屋は簡素ですがきれいにアイロンのかかったリネンが気持ちをなごませてくれます。

さて、同ホテルの庭側の門から外にでると、そこは 「パッシリオ遊歩道」Passeggiata lungo Passirioとなっています。遊歩道を6―7分歩くと、町のチェントロに到着します。私が訪れた日は、空が晴れ渡り、前方にはドロミテ・アルプスの白い頂があり、下をみると 美しい水流が流れています。遊歩道の両側には、19 世紀後半、当時のオーストリアのハプスブルク家の貴族たちが競って建てたという威風堂々とした別邸が並んでいます。自然と建築物が非常に調和していて、その中に身をおいて静かに歩いていくと、さわやかな幸せ感が満ちてきます。
私が散策を楽しんだのはパッシリオ側ぞいの長い遊歩道ですが、小遠足にもなる本格的な遊歩道コースも他にあります。また、ドロミテ地方各地への路線バスも走っています。
チェントロはこじんまりしていますが、ショップも多く一部はポルティコになっていて風情があります。レストランや飲食店もかなりあって、どこもそれほど高くありません。オーストリアの影響でしょうか、ピアットウニコ(一皿料理)ティロル風盛り合わせなどは、これだけでお腹は一杯になります。

メラーノ名物の温泉は、残念ながら全面改装中で、再オープンは2005年秋以降とのこと。短い週末の滞在でしたが「隠れ家」として大切にしておきたい場所になりました。

写真上から:メラーノの遊歩道、チェントロの様子、泊まったホテル

 





データ 

宿泊したホテル
Hotel Westend ホテル・ウエステンド
Address:Via Speckbacher, 9 - 39012 Merano (BZ)
Tel: +39 0473 447654   Fax: +39 0473 222726
E-mail: info@westend.it URL: http://www.westend.it
http://www.japanitalytravel.com/guide/hotel/westend/top.html

交通アクセス
ミラノからボルツァーノまではヴェネツイア行き列車でヴェローナ乗換。約3時間半程度。
ボルツァーノからメラーノまでは列車だと40分、駅のそばのターミナルからバスもあって1時間程度。
それぞれ毎時2本ずつ出発しているので、アクセスは便利。


 

特 集 その2バックナンバーへHOME PAGEへ


 
http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.