JAPANITALY Travel On-line


   
イタリアのオススメ旅行先
15 dicembre 2005

Castello di Spaltenna a Gaiole in Chianti


ガイオーレ・イン・キャンティの休日
カステッロ・ディ・スパルテンナ

(まき・ミラノ在住)



ミラノ在住の私ですが、好きなイタリアの風景はイタリア中部の丘陵地帯。中でもトスカーナ一帯は電車の車窓からその景色を眺めるだけで心が落ち着きます。ただ、車を運転しないのでなかなか田舎の方までは行けませんでした。
ところが、プラダのアウトレットがあることでも有名なモンテヴァルキの駅からタクシーに乗って20分ほどで行けるキャンティ地方の四つ星ホテルがあることを知り、ホテルフリークの私は、先日さっそく行って来ました。

ホテルの名前はカステッロ・ディ・スパルテンナCastello di Spaltenna。西暦1000年代(!)に修道僧が建てた建物を改装してできたホテルで、ロマネスク様式の教会に隣接しています。何でも今年フランスで開かれた「Prix Villegiature」で、ヨーロッパのホテルベスト建築賞を受賞したとか。石造りの素朴な建物は穏やかな周りの風景と調和し、どこかほっとする雰囲気です。
部屋はダブルルームとスイートを合わせて38室。私が宿泊した部屋からはトスカーナの谷とブドウ畑を望むことができました。内装も天井の木の梁とレンガの色合いが落ち着いていて、いい感じ。お風呂はジャグジー付きでした。

アウトドア、インドア施設も整っています。夏は屋外プールを楽しめるし、トスカーナの緑に囲まれて乗馬やテニス、トレッキングもできます。ホテル内には温水プール、サウナ、トルコ風呂、スポーツジムがあり、宿泊客は自由に使えます。その他にも、指圧などの各種マッサージやワインテラピー、オリーブオイルテラピーを有料で受けることも。テラピーで使われるスクラブやクリームはホテルで購入可能です。
そればかりでなく、ここはレストランの食事も美味しい。前菜からプリモ、セコンド、デザートが揃ったセットをいただきましたが、どれも上品な盛り付けで、重すぎず、トスカーナの味覚を味わうことができました。
また、ガイオーレ・イン・キャンティから1キロのところにあるヴェルティネの町の塔Torre di Vertineは、このホテルの特別な豪華スイートになっているそう。屋上からはトスカーナの風景を一望。ただし、各界の著名人にしか利用されていないようです、念のため。

ところで、ホテルのあるガイオーレ・イン・キャンティの町は、ちょうどキャンティ地方の中心にあります。町のチェントロはこじんまりと小さなパラッツォが建ち並び可愛かった。3軒ほどワインを売ってるカンティーナがありました。
でも、やはりこのあたりは車で来るのがベスト。キャンティ地方一帯にはたくさんの歴史あるお城や教会、中世の町が残っていて、それらを見て回るにも車が必要です。ガイオーレ・イン・キャンティの町には「キャンティの城街道Strada dei Castelli del Chianti」が走り、小さな町々をつないでいます。

歴史と美しい自然と豊かな食文化が残るキャンティ地方一帯は、是非訪れてほしいおすすめの場所です。
私は、運転免許を取得した暁には、気候の良い春に行こうか、葡萄の収穫期に行こうかと思案中。

 


参考データ

Castello di Spaltenna  カステッロ・ディ・スパルテンナ
住所: Gaiole in Chianti - 53013 (SI)
Tel: +39 0577.749483  Fax: +39 0473 222726
E-mail: info@spaltenna.it
URL: http://www.spaltenna.it

交通アクセス
フィレンツェからアレッツォ/フォリーニョ方面へ向かう列車に乗り、モンテヴァルキMontevarchiで下車。所要時間約40分〜1時間。そこからはタクシーで約20分。
車の場合、高速A1をValdarno出口で降り、Gaiole in Chianti方面へ。モンテヴァルキでValdarno C asentinese方面への道を進む。80メートル進んだら左折、450メートル進んでViale Cavourを右折、Via Chiantigianaを右折し県道SP408へ。18 km進むとガイオーレ・イン・キャンティの町です。


 

特 集 その2バックナンバーへHOME PAGEへ


 
http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.