JAPANITALY Travel On-line


   
イタリア旅行情報サイト JAPAN-ITALY Travel On-line
イタリアのオススメ旅行先
15 ottobre 2014

ミラノ・ナヴィーリオの骨董市

ミラノ在住 高田美智子


ミラノに住んで7年になります。ミラノの街中はかなり歩き回りましたので主な名所や通りなどはほぼ馴染みができました。
ミラノに好きな場所はいろいろありますが、ミラノの風景として一度は訪れていただきたいのはやはり、ナヴィーリオの骨董市ではないかと思います。毎月最終日曜日に、ナヴィーリオ・グランデとナヴィーリオ・パヴェーゼの両運河沿いで開かれるミラノで最も重要な骨董市。ナヴィーリオ(運河)の両岸に400店舗以上の露店の並ぶミラノ名物のマーケットです。

販売されているのはそれこそ何もかも!といってもいい位に多種多様です。
食器やグラス、銀器、彩色されたお盆、様々な形のスプーンやフォークのお店があるかと思えば、ヴィンテージもののハンドバックや皮小物、パーティ用バック、書籍、トランブ類、図版、版画、古地図、インテリア小物やランプ、照明器具、ネックレス、指輪、腕輪、ブローチなどアクセサリー類、手芸品、時計、ソファやテーブル、戸だななど家具類、、、。 ともかく、ええ、こんなものまで?と思うものまで何からなにまで。 

毎月1回開催とはいえ、実際に出かけるのは年に2回位ですが、季節やお天気によって会場となる同じナヴィーリオ自体も、骨董市も大きくイメージが変わって見えるのが興味深い発見です。
春や秋は、散歩がてらに楽しむ人出も多く、特に賑わいをみせます。一方、寒い冬でも太陽がでていると、暖かいコートにブーツ、マフラーやショール、手袋と「武装」した人達が楽しそうに歩いています。


私がここで買ったもので忘れられないのは、オールドファッションの細長いブローチです。お店の人の説明では1930年代に米国で流行った型を再現したものということでしたが、その古めかしいけれどオリジナル性豊かなデザインに魅かれて、日本の母のプレゼントとして購入しました。 もう一つは、寒さの一番厳しい2月末の日曜日の骨董市の時ですが、暖かそうな帽子があったので思わず、一つをとって鏡で見ると、まあ、形になっていたので、即、買いました。それから大事に使っています。

もし、ミラノに月末にいらっしゃる機会があったら、一度はいらしてみて下さい。
全部見て回ると、かなりの運動量になるのも事実です。その後のお茶やランチ、美味しくいただけるに違いありません。 

注:なお、現在、ナヴィーリオの一部が修復整備工事中のため、一時的に骨董市の会場一部がVia Vigevanoにもひろがっています。 (編集部)  


データ 
 

Mercato dell'antiquariato sui Navigli a Milano
ミラノ・ ナヴィーリオ骨董市


http://www.mercatonedellantiquariato.mi.it/
毎月最終日曜日開催(ただし、7月は休み)





イタリアのオススメ旅行先
もっとイタリアを知る このページのTOPへ HOME PAGEへ

http://www.japanitalytravel.com
© JAPAN PLUS ITALY - MILANO 2013 All rights reserved.