JAPANITALY Travel On-line



検索
HOME PAGE

わが町観光自慢
ワイン料理紀行
南イタリア小都市探訪
知られざる博物館

フレッシュレポート
ホテル!
グルメ!
ショッピング!
トピックス!
イベント!

イタリア自然紀行
温 泉
アグリツーリズム
スキー

読み物・エッセイ
イタリア映画の旅
クレモナの工房から
元OL料理修行記
ローマ子育て日記
スポーツ万歳
旅会話レッスン

読者参加スペース
アンケート
メールマガジン申込
私のお気に入り
とっておきの旅

イベントinジャパン
日本で楽しむイタリア
日本における
  イタリア2001


イタリアカレンダー

ア−ト・デザイン
オペラ・バレエ・
クラシック

伝統行事
スポ−ツ

旅行便利帳
旅行前の心得
為替・物価情報リンク集
交通情報リンク集 
イタリアマップリンク集
イタリア情報リンク集
 
JITRAについて
掲載記事一覧

スペシャルガイド
宿泊先
レストラン
ショップ
サービス・その他
州別観光情報
 
バックナンバー
我が町観光自慢
ワイン料理紀行
小都市探訪
知られざる博物館
フレッシュレポート
イタリア自然紀行
読み物・エッセイ

 
読み物・エッセイバックナンバー
歴史のかおるカフェをたずねて
 
21 Gennaio 2002


第5回 カフェ・グランデ・イタリア


Caffè Grande Italia

〜 シルミオーネ Sirmione 創業1894年 〜


牧野 宣彦



photo



「文学者、音楽家の愛したカフェ」

イタリア最大の湖ガルダ湖Lago di Gardaは風光明媚な事で知られ、多くの詩人達にその美しさが称えられて来た。ドイツの詩人ゲーテGeotheも「今晩ヴェローナVeronaに行けば行けたのであるが、近くにまだ一つ天然の景勝が残っていて、これがつまり風光絶佳のガルダ湖Lago di Gardaである。これを見落とす事が厭さに回り道をしたのだが、それだけの甲斐はじゅうにぶんにあった。」と書き残している。

13世紀に建てられたデッラ・スカラ家の砦Rocca Scaligera の入口を入ると左側に1892年に創業されたホテル・シルミオーネHotel Sirmione がある。湖のほとりに立っている素晴らしい眺めのホテルで、ヴェルディVerdiのオペラの台本を書いたアルリーゴ・ボーイトArrigo Boitoは、このホテルに逗留し、ガルダ湖に沈み行く夕陽を見ながら「オテッロOtello」、「ファルスタッフFalstaff]の最も美しい詩の一節を書いたといわれている。ホテル・シルミオーネの後ろにあるのが、カルドゥッチ広場Piazza Carducci。ガルダ湖周遊の遊覧船船着き場があり、そこにガルダ湖を愛したローマの詩人カトゥッルスCatullusの胸像がある。

グランデ・イタリアGrande Italiaは、このカルドゥッチ広場にあり、1894年に この近くでホテル・ジェルマニアを経営していたアンジェロ・クラッコAngelo Craccoによって創業されてから、現在5代にもわたり同じ家族が経営している。内部はそれほど広くないが、シックなインテリアだ。冬季は休業してしまうが、店の前の野外に置かれたテーブルの一つに座り、冷えたフレッシュジュースを飲みながら広場を見るのが素晴らしい。燦燦と降り注ぐ明るい陽光の下では多くの人がにこやかに談笑し、楽しそうに行き交い、様々な出会いがある。「ユリッシーズUlysses]を書いたジェームス・ジョイスJames Joiceは、 アメリカの詩人エズラ・パウンドEzra Paundとこの広場で歴史的出会いをしている。またジョイスはこのカフェでサルデーニア産の桃を子供のようにたくさん食べていたという。他にグランデ・イタリアを訪れた人は、詩人のカルドゥッチCarducci、ナオミ・ヤコブNaomi Jacob。指揮者のトスカニーニToscaniniは亡くなる最後の年に訪れている。さらに、ジュゼッペ・ディ・ステファノGiuseppe Di Stefano、往年のメゾソプラノ、ジュリエッタ・シミオナート、ピアニストのベネデッティ・ミケランジェリBenedetti Micherangeli、テノールのマリオ・デル・モナコMario del Monacoなど沢山いるが、シルミオーネに家を所有していた20世紀最大のソプラノ歌手マリア・カラスMaria Callasは家が近い事もあり、よくこのカフェのテラスでコーヒーを楽しんでいたという。ちなみに「マリア・カラスの家」と呼ばれる、カラスの住んでいた家は、マリア・テレジアカラーといわれる美しい建物で、現在は共同住宅になっていて、この広場から数百メートル先にあり、その斜め前に鬱蒼とした樹木に包まれたマリア・カラス公園がある。

店では新鮮な飲み物、クロワッサン、パニーノなどがサービスされ常に多くの人で賑わっている。



店名:Caffè Grande Italia (カフェ・グランデ・イタリア)

住所:Piazza Carducci24, 25019 Sirmione(Brescia)
電話:(国番号39)030-916006
定休日:夏期は9月まで毎日、10月は月曜定休、11月1日から3月15日まで閉鎖。
営業時間:8:00−翌日2時まで
アクセス:ヴェローナからバスで1時間、停留所から徒歩5分、又はディセンツァーノ・シルミオーネ駅Desenzano Sirmioneからタクシーで30分。


◆◆ プレゼントのお知らせ ◆◆

この連載の著者である牧野宣彦さんのサイン入り著作本を抽選で3名様にプレゼント!いたします。
イタリア各地を歩き回るトラベルライターとしてご活躍の牧野さんが自信を持ってお届けする、ホテル、レストラン、カフェのガイド、『イタリア‐歴史的ホテル・レストラン・カフェ』(三修社 定価1900円+税)です。

本で紹介されている203の物件は、全て歴史的にいわれのある面白い場所ばかり。ナポリ民謡の名曲「帰れソレントへ」が作曲された海辺のホテル、創業時は泥棒の集会所だったミラノのレストラン、ヴィスコンティの「夏の嵐」が撮影されたレストランなどなど。イタリア1面白い、旅行必携のガイドブックです。

プレゼントご希望の方は、「牧野さんの本希望」と書いて、住所・氏名・Eメールアドレスをご記入の上、JITRA編集部 jitra@japanitalytravel.com までお送りください。申し込みの受付は1月末までといたします。一緒に牧野さんへのご意見やご感想も大歓迎です。お待ちしています。


著者プロフィール

牧野宣彦(まきののぶひこ)
早大卒。1974年、旅行会社にて日本初のニューイヤー、スカラ座オペラツァーを企画。その後コンピュータ会社を経て、1998年よりイタリアに住み、現在ボローニャ在住。フリーのトラベルライターとして、イタリアの旅行、音楽、グルメ関係の執筆、写真撮影を行う。

<著書>
「イタリアのべストラン」(透土社):トスカーナとイタリアのベストレストラン、ワイナリーなどを紹介。イタリア料理の人気の秘密をフランス料理と比較して解説。 「イタリア歴史的ホテル・レストラン・カフェ」(三修社):イタリア各地の歴史的な面白い場所を203箇所紹介。イタリアで一番面白いガイドブック。 「イタリアオペラツァー」(あんず堂):イタリア30都市でのオペラ体験紀行。音楽史跡、劇場、博物館、オペラを聞くために便利なホテル、レストランなど面白い情報を紹介。


 





読み物・エッセイ バックナンバー 歴史のかおるカフェをたずねて
このページのトップへHOME PAGEへ


 
http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.