JAPANITALY Travel On-line



検索
HOME PAGE

わが町観光自慢
ワイン料理紀行
南イタリア小都市探訪
知られざる博物館

フレッシュレポート
ホテル!
グルメ!
ショッピング!
トピックス!
イベント!

イタリア自然紀行
温 泉
アグリツーリズム
スキー

読み物・エッセイ
イタリア映画の旅
クレモナの工房から
元OL料理修行記
ローマ子育て日記
スポーツ万歳
旅会話レッスン

読者参加スペース
アンケート
メールマガジン申込
私のお気に入り
とっておきの旅

イベントinジャパン
日本で楽しむイタリア
日本における
  イタリア2001


イタリアカレンダー

ア−ト・デザイン
オペラ・バレエ・
クラシック

伝統行事
スポ−ツ

旅行便利帳
旅行前の心得
為替・物価情報リンク集
交通情報リンク集 
イタリアマップリンク集
イタリア情報リンク集
 
JITRAについて
掲載記事一覧

スペシャルガイド
宿泊先
レストラン
ショップ
サービス・その他
州別観光情報
 
バックナンバー
我が町観光自慢
ワイン料理紀行
小都市探訪
知られざる博物館
フレッシュレポート
イタリア自然紀行
読み物・エッセイ

 
読み物・エッセイバックナンバー
歴史のかおるカフェをたずねて
 
22 Luglio 2002


第11回 カフェ・カンティーナ・メネギーナ・
ランティカ・オフェレッリア


Caffè Cantina Meneghina L'Antica Offelleria

〜ヴィチェンツァ Vicenza 創業1791年〜


牧野 宣彦



photo



「ガリバルディが愛したカフェ」

ヴェネト州県都であるヴィチェンツァは、人口10万人位の中都市だが、世界遺産にも指定されている魅力的な街である。ここには高名な建築家パッラーディオ Palladioの建設した建物が至る所に見られる。特に彼が最後に設計したといわれるテアトロ・オリンピコ Teatro Olympico は16世紀に建てられた最も美しい建築の一つで、1580年に彼が没した後、息子のシッラ Silla が1582年から1583年にかけて完成させた。1786年9月ヴィチェンツァを訪れたゲーテは、オリンピコ劇場を見てパッラーディオを評し、「彼は真に内面的偉大にしてかつ内部から偉大性を発揮した人物である。」と書き残している。又、パッラーディオに感激したゲーテは劇場に隣接する部屋を設計したヴィンチェンツォ・スカモッツィの末裔である建築家で、パッラーディオの本を出版したオッタヴィオ・ベルトッチ・スカモッツィの家まで訪問している。

メネギーナのあるカヴール通り Via Cavour はヴィチェンツァの重要な建物が集まっているシニョーリ広場に近い。ここには12世紀から15世紀に建てられた高さ82メートルのピアツァの塔 Torre di Piazza、パッラーディオの建てたバジリカ Basilica、ロッジャ・デル・カピタニアート Loggia del Capitaniato などがあり、優雅な広場になっている。このカフェ・メネギーナが創業を始めた頃、この地方はオーストリアの支配下にあった。そしてイタリア統一の時代ガリバルディ Garibaldi はこのカフェによく訪れたという。「彼は店のドルチェが美味しかった」という手紙をローマから書いて送って来ている。他にここを訪れた人にヴィチェンツァ出身の有名な作家グイド・ピオヴェネ Guido Piovene がいる。彼は1930年代から小説を書き始め、カトリックの信仰を基盤とする主題の道徳性と心理描写のリアリズムを描き、「暗黒新聞」、「冷たい風」などの作品を残したが、メネギーナの常連だった。

店内に入ると右も左も棚にはびっしりリキュール、ディジェスティーヴォ(食後酒)など多くのボトルが並べられ壮観である。中央奥に優雅なサロンがある。夏には店の前にテントが張られ、爽やかな外の空気に触れながら飲み物を楽しむ事ができる。白ワインの産地ソアーベにも近いメネギーナには、アルト・アディジェで生産された素晴らしいワインも沢山あり、また軽食もできる。歴史に思いを馳せながら涼しい空間でまろやかなカップチーノを口に含んでいると、イタリアにいる事の幸せをつくづく感じた。





店名:Meneghina L'Antica OffelleriaOffelleria
 (メネギーナ・ランティーカ・オフェッレリア)

住所:Via Cavour, 18‐36100 Vicenza
電話:(国番号39)0444‐323305
定休日:月曜日
営業時間:08:00−24:00
アクセス:ヴィチェンツァ中心街



著者プロフィール

牧野宣彦(まきののぶひこ)
早大卒。1974年、旅行会社にて日本初のニューイヤー、スカラ座オペラツァーを企画。その後コンピュータ会社を経て、1998年よりイタリアに住み、現在ボローニャ在住。フリーのトラベルライターとして、イタリアの旅行、音楽、グルメ関係の執筆、写真撮影を行う。

<著書>
「イタリアのべストラン」(透土社):トスカーナとイタリアのベストレストラン、ワイナリーなどを紹介。イタリア料理の人気の秘密をフランス料理と比較して解説。 「イタリア歴史的ホテル・レストラン・カフェ」(三修社):イタリア各地の歴史的な面白い場所を203箇所紹介。イタリアで一番面白いガイドブック。 「イタリアオペラツァー」(あんず堂):イタリア30都市でのオペラ体験紀行。音楽史跡、劇場、博物館、オペラを聞くために便利なホテル、レストランなど面白い情報を紹介。


 





読み物・エッセイ バックナンバー 歴史のかおるカフェをたずねて
このページのトップへHOME PAGEへ


 
http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.