JAPANITALY Travel On-line



検索
HOME PAGE

わが町観光自慢
ワイン料理紀行
南イタリア小都市探訪
知られざる博物館

フレッシュレポート
ホテル!
グルメ!
ショッピング!
トピックス!
イベント!

イタリア自然紀行
温 泉
アグリツーリズム
スキー

読み物・エッセイ
イタリア映画の旅
クレモナの工房から
元OL料理修行記
ローマ子育て日記
スポーツ万歳
旅会話レッスン

読者参加スペース
アンケート
メールマガジン申込
私のお気に入り
とっておきの旅

イベントinジャパン
日本で楽しむイタリア
日本における
  イタリア2001


イタリアカレンダー

ア−ト・デザイン
オペラ・バレエ・
クラシック

伝統行事
スポ−ツ

旅行便利帳
旅行前の心得
為替・物価情報リンク集
交通情報リンク集 
イタリアマップリンク集
イタリア情報リンク集
 
JITRAについて
掲載記事一覧

スペシャルガイド
宿泊先
レストラン
ショップ
サービス・その他
州別観光情報
 
バックナンバー
我が町観光自慢
ワイン料理紀行
小都市探訪
知られざる博物館
フレッシュレポート
イタリア自然紀行
読み物・エッセイ

 
読み物・エッセイバックナンバー
歴史のかおるカフェをたずねて
 
20 Agosto 2002


最終回 カフェ・アル・ビチェリン


Caffè Al Bicerin

〜トリノ Torino 創業1763年〜


牧野 宣彦



photo



※1年間続いた『歴史のかおるカフェ』は今回をもって終了します。次号からは、同じく牧野宣彦さんによる、オペラの旅をお届けする予定です。お楽しみに!


トリノはオーストリアからの独立運動が最も激しく行われた場所である。その為、文学者や愛国者の溜まり場になったカフェの文化が栄えた。またトリノはチョコレート店が多い御菓子の街でもある。トリノで一番有名なカフェといえば、1875年創業のバラッティ&ミラノ Baratti&Milano であろう。イタリア国王や各国王室御用達のチョコレートを作って愛されている。他にイタリアで一番最初にトラメッツィーノ(サンドウィッチ)が発明されたといわれる1907年創業のムラッサーノ Mulassano、ドイツの哲学者ニーチェがアイスクリームを毎日食べに通ったといわれる1780年創業のフィオーリオ Fiorio 、ロッシーニが訪れたといわれる1866年創業のアブラーテ Abrate 、サルデーニア出身の思想家グラムシ Gramsi が通った1828年創業のサン・カルロ San Carlo 、サヴォイアの国王ウンベルトがケーキを食べながら政治談義をしていた1903年創業のトリノ Torinoなど歴史的カフェの宝庫である。その中で私が一番気に入っているのが、コンソラータ聖所記念堂の前にあるアル・ビチェリン Al Bicerinである。

店の名前ビチェリンはホットチョコレートにコーヒーを泡立てた飲み物で、これは何度も味わったが最高に美味しい。他店でも同じ物を味わってみたが、この店のビチェリンが一番おいしいと確信している。また、ザバイオーネの飲み物も10種類以上あり、これも味がくどすぎず、美味である。私の友人で製菓会社に勤めるチョコレートの研究家がいるが、彼女がチョコレート祭が開催された時にお土産に10種類以上のチョコレートを会社の同僚に買って行ったが、ビチェリンのチョコレートが一番美味しかったと皆から褒められたという。この店は飲み物、チョコレートなどが美味しいだけでなく、創業が1763年でトリノで一番古いカフェでもあり、多くの歴史に彩られた場所である。

店内は狭く中央がカウンターになっていて、私がいつも座る入り口のすぐ左の大理石のテーブルは、イタリア王国初代首相カヴールがいつも座っていた場所だという。このカフェを訪れた人にはアレキサンドル・デュマ、ニーチェ、イタロ・カルヴィーノなど多くの有名人がいて、このビチェリンという飲み物は彼らを虜にした。プッチーニのオペラ「ラ・ボエーム」は、1896年トリノのテアトロ・レッジョで初演されたが、この頃プッチーニはこのカフェの近くに住んでいた。オペラの舞台となったのはパリの下町だが、その第2幕にカフェ・モミュスが出てくる。実はこのモミュスのモデルとなったのが、プッチーニが毎日通っていたビチェリンである。私が最初このカフェを見た時、何処かで見たような懐かしい気持ちに襲われたのも、どこかの劇場で同じようなカフェの舞台を見たからかもしれない。

現在の女主人マリーテ・コスタさんも感じのよい素晴らしい婦人であり、この歴史的カフェをアットホームな雰囲気にしている。コーヒーのほろ苦さ、チョコレートの甘さが微妙に溶け合うビチェリンを飲んでいると、「ラ・ボエーム」第2幕のムゼッタのアリアが聞こえて来る様な気がした。





店名:Caffè Al Bicerin 
(カフェ・アル・ビチェリン)

住所:Piazza della Consolata,5 Torino
電話:(国番号39)011-4369325
営業時間:8:30−19:30 ただし土、日曜日は13:00-15:30は閉めている
定休日:水曜日
アクセス:トリノ市内、コンソラータ聖所記念堂前



著者プロフィール

牧野宣彦(まきののぶひこ)
早大卒。1974年、旅行会社にて日本初のニューイヤー、スカラ座オペラツァーを企画。その後コンピュータ会社を経て、1998年よりイタリアに住み、現在ボローニャ在住。フリーのトラベルライターとして、イタリアの旅行、音楽、グルメ関係の執筆、写真撮影を行う。

<著書>
「イタリアのべストラン」(透土社):トスカーナとイタリアのベストレストラン、ワイナリーなどを紹介。イタリア料理の人気の秘密をフランス料理と比較して解説。 「イタリア歴史的ホテル・レストラン・カフェ」(三修社):イタリア各地の歴史的な面白い場所を203箇所紹介。イタリアで一番面白いガイドブック。 「イタリアオペラツァー」(あんず堂):イタリア30都市でのオペラ体験紀行。音楽史跡、劇場、博物館、オペラを聞くために便利なホテル、レストランなど面白い情報を紹介。


 





読み物・エッセイ バックナンバー 歴史のかおるカフェをたずねて
このページのトップへHOME PAGEへ


 
http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.