JAPANITALY Travel On-line


 
  旅会話レッスン
 
15 settembre 2006

LEZIONE 89 〜 上級編/未来のことを言う(4)

高田 和文




今回は未来の表現の中で、やや特殊な形になる動詞を取り上げます。また、「たぶん〜するだろう」という推量の表現も勉強しましょう。 動詞の未来の変化を覚えるコツは、まず「私は〜するだろう」という形をしっかり覚えることです。すべての動詞が- -rò という語尾になります。次に、親しい相手に対して使う「君は〜するだろう」という形は、語尾を -rai とします。さらに、「彼は〜するだろう」という形は、語尾を -rà とします。その他の活用形も、語尾は規則的ですから、それほど難しくないはずです。

キーフレーズ

 Verrò....  私は来るだろう・・・
 ヴェロ

 Rimarrò....  私は残るだろう・・・
 リマロ

 Verrà....  彼は来るだろう・・・
 ヴェラ

●こんな場面で

1)自分の予定を言う/相手の予定をたずねる
未来の不規則な形で、よく使うものを覚えておきましょう。まず、venire(来る)の「私は〜するだろう」という未来の形は verrò となります。そして、rimanere(残る)の「私は〜するだろう」という形は rimarrò となります。どちらも最後の母音を強く発音することに注意して下さい。また、「君は〜するだろう」という形はそれぞれ、verrai, rimarrai となります。相手にたずねる文で使うので、これもぜひ覚えておきましょう。

Verrò a scuola anche domani. 私は明日も学校に来る予定です。
ヴェロ ア スクオーラ アンケ ドマーニ

Andrò al mare durante le vacanze. 私は休み中に海に行く予定です。
アンドロ アル マーレ ドゥランテ レ ヴァカンツェ

Rimarrò in città durante le vacanze. 私は休暇の間町に残っている予定です。
リマロ イン チッタ ドゥランテ レ ヴァカンツェ
Quando verrai in Italia? 君はいつイタリアに来る予定?
クァンド ヴェライ イニターリア

2)推量の表現
「彼は〜するだろう」という未来の活用形の語尾は -rà となります。規則的な変化の場合も、不規則な変化の場合も活用の語尾は同じです。また、この場合、「彼はたぶん〜するだろう」という推量の表現になることがほとんどです。「私は〜するだろう」という形をしっかり覚えていれば、語尾を少し変えるだけですから、それほど難しくないでしょう。これまでに勉強したいろいろな動詞について練習してみて下さい。

Franco tornerà a casa tardi.  フランコは遅くに帰宅するでしょう。
フランコ トルネラ ア カーザ タルディ

Mio padre partirà per Roma dopodomani. 私の父は明後日ローマに出発するでしょう。
ミーオ パードレ パルティラ ペル ローマ ドポドマーニ

Verràalla festa anche Sandra. サンドラもパーティーに来るでしょう。
ヴェラ アッラ フェスタ アンケ サンドラ


講師プロフィール

高田和文(たかだ かずふみ)
静岡文化芸術大学教授。大学やテレビ・ ラジオの講座におけるイタリア語教育、イタリア演劇の研究・紹介活動などが認められ、2006年5月イタリアのカヴァリエーレ勲章を授章。著書に「話すためのイタリア語」(白水社)、「NHKスタンダード40イタリア語」(NHK出版)など。     



イタリア旅会話レッスン
アート・カルチャー・イタリア語 アルキーヴィオへこのページのTOPへHOME PAGEへ


 
http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.