JAPANITALY Travel On-line

  旅会話レッスン
月5回発行、
JITRAメルマガ
登録はここから!

メ-ルアドレス入力

メルマガ案内
15 marzo 2007

LEZIONE 95 〜 上級編/過去の2つの動作の表現(2)

高田 和文




前回に続いて、過去の2つの動作を言う表現を勉強しましょう。今回は、「・・・している間に・・・していた」「・・・していたときに・・・していた」というように、同時に行なっていた2つの動作を表現する文を覚えて下さい。よく使う接続詞は mentre(・・・している間)、quando(・・・していたとき)などです。また、動詞はどちらも半過去の形にする点に注意してください。

キーフレーズ

Mentre ........, ........  ・・・している間に・・・していた
メントレ ........, ........

........, quando ........   ・・・していたとき・・・・していた
........, クァンド........

●こんな場面で

1)ふだんの行動を言う
接続詞を使って2つの動作を表現する文は、どうしても長くなってしまいます。ふだんの行動を言う場合にもうまく使えるよう、繰り返し練習しましょう。まず、1つ1つの文をしっかり言えるようにして、それを接続詞でつなぐようにします。接続詞のあとに続く文は、前でも後ろでもどちらでもよい場合がほとんどです。2つの文の順序を変えた形でも言えるようにしましょう。また、前の文と後ろの文で主語が違う場合もあります。いろいろなパターンに慣れてください。

Mentre leggevo la rivista, ascoltavo il CD. 私は雑誌を読んでいる間、CDを聞いていた。
メントレ レッジェーヴォ ラ リヴィスタ アスコルターヴォ イル チーディー

Carlo guardava la TV, mentre io lavavo i piatti. 私がお皿を洗っている間、カルロはテレビを見ていた。
カルロ グァルダーヴァ ラ ティーヴー メントレ イオ ラヴァーヴォ イ ピアッティ

Quando eravamo al bar, parlavamo del più e del meno. 私たちはバールにいるとき、あれこれとおしゃべりをした。
クァンド エラヴァーモ アル バール パルラヴァーモ デル ピュ エ デル メーノ

2)過去の経験を言う
昔のことや過去の経験を言う場合にも、同じような構文が使えます。やはり動詞はどちらも半過去にします。まず同時に並行している動作のイメージを頭に思い描きながら、文を言ってみて下さい。そして次に、過去のいろいろな体験や動作を思い出して、同じ構文で表現する練習をしましょう。
単に書かれている例文を覚えてるだけでなく、自分でいろいろな文を作る訓練をすると、言葉の能力は飛躍的に伸びてゆきます。そして、その基礎になるのは、これまでに学んだ短い文です。次々に文が出て来ない人は、以前勉強した半過去の文をもう一度復習してみて下さい。

Andavo spesso al cinema, quando abitavo a Milano. 私はミラノに住んでいたとき、よく映画に行った。
アンダーヴォ スペッソ アル チネマ クァンド アビターヴォ ア ミラーノ

Mentre viaggiavo, facevo tante foto. 私は旅行をしている間、写真をたくさん撮った。
メントレ ヴィアッジャーヴォ ファチェーヴォ タンテ フォート


講師プロフィール

高田和文(たかだ かずふみ)
静岡文化芸術大学教授。大学やテレビ・ ラジオの講座におけるイタリア語教育、イタリア演劇の研究・紹介活動などが認められ、2006年5月イタリアのカヴァリエーレ勲章を授章。著書に「話すためのイタリア語」(白水社)、「NHKスタンダード40イタリア語」(NHK出版)など。     
http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.