JAPANITALY Travel On-line

  旅会話レッスン
月5回発行、
JITRAメルマガ
登録はここから!

メ-ルアドレス入力

メルマガ案内
15 dicembre 2009

LEZIONE 124 〜 レトリック編/推量の表現(2)

高田 和文




「レトリック編」では、イタリア語の会話をよりスムーズに進めたり、相手を効果的に説得するためのさまざまな言い回しを取り上げています。前回に引き続き推量の表現を勉強しますが、今回取り上げるのは「・・・ということもありうる」「おそらく・・・だろう」という表現です。微妙にニュアンスが異なる言い方なので、意味をしっかり理解して使ってください。

キーフレーズ
È possibile che ....  ・・・ということもありうる
エ ポッスィービレ ケ ....

È probabile che ....  おそらく・・・だろう
エ ポッスィービレ ケ ....

●こんな場面で

1)possibileはもともとは「可能だ、ありうる」という意味の語です。È possibile che ....とすると、「・・・ということもありうる」という意味になります。これを疑問文にすると「・・・ということがありうるのだろうか?」、また否定文にすると「・・・ということはありえない」という意味になります。あとの動詞は「接続法」と呼ばれる形を使います。接続法とは、事実を主観的に表現する動詞の形で、事実を客観的に述べる「直説法」とは形が違います。接続法の形は辞書の動詞変化表などで調べて、必要な形を覚えるようにしましょう。

È possibile che Luigi sia già partito.  ルイージはもう出発してしまったのかもしれない。
エ ポッスィービレ ケ ルイージ スィア ジャ パルティート

È possibile che Maria abbia dimenticato l'appuntamento?  マリーアが約束を忘れたなんてありうるだろうか?
エ ポッスィービレ ケ マリーア アッビア ディメンティカート ラップンタメント

Non è possibile che Carlo non lo sappia. カルロがそのことを知らないはずはない。
ノネ ポッスィービレ ケ カルロ ノン ロ サッピア

2)probabileはもともと「ありそうな」という意味の語です。È probabile che .... は「・・・ということはありそうだ」「おそらく・・・だろう」という意味になり、È possibile che .... よりも起こりうる確率の高い出来事について使います。また、È molto probabile che ....(・・・ということは大いにありそうだ)、È poco probabile che ....(・・・ということはありそうにない)という形の文もよく使います。あとの動詞はやはり接続法の形にします。

È probabile che Franco l'abbia capito male.  たぶんフランコがそのことを誤解したんだろう。
エ プロバービレ ケ フランコ ラッビア カピート マーレ

È poco probabile cheDaniela ci creda.  ダニエーラがそれを信じるなんてありそうにない。
エ ポーコ プロバービレ ケ ダニエーラ チ クレーダ

※編集部より
高田先生が講師をなさったNHKラジオのイタリア語講座が、この4月から再放送されています。入門編のわかりやすい講座です。ぜひお聴き下さい!
『アンコールイタリア語講座』
NHKラジオ第2 放送:(月〜土) 午後11:20〜11:40 (入門編は月〜木)


講師プロフィール

高田和文(たかだ かずふみ)
ローマ日本文化会館館長。大学やテレビ・ ラジオの講座におけるイタリア語教育、イタリア演劇の研究・紹介活動などが認められ、2006年5月イタリアのカヴァリエーレ勲章を授章。著書に「話すためのイタリア語」(白水社)、「NHKスタンダード40イタリア語」(NHK出版)など。     
http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.