JAPANITALY Travel On-line



検索
HOME PAGE

わが町観光自慢
ワイン料理紀行
南イタリア小都市探訪
知られざる博物館

フレッシュレポート
ホテル!
グルメ!
ショッピング!
トピックス!
イベント!

イタリア自然紀行
温 泉
アグリツーリズム
スキー

読み物・エッセイ
イタリア映画の旅
クレモナの工房から
元OL料理修行記
ローマ子育て日記
スポーツ万歳
旅会話レッスン

読者参加スペース
アンケート
メールマガジン申込
私のお気に入り
とっておきの旅

イベントinジャパン
日本で楽しむイタリア
日本における
  イタリア2001


イタリアカレンダー

ア−ト・デザイン
オペラ・バレエ・
クラシック

伝統行事
スポ−ツ

旅行便利帳
旅行前の心得
為替・物価情報リンク集
交通情報リンク集 
イタリアマップリンク集
イタリア情報リンク集
 
JITRAについて
掲載記事一覧

スペシャルガイド
宿泊先
レストラン
ショップ
サービス・その他
州別観光情報
 
バックナンバー
我が町観光自慢
ワイン料理紀行
小都市探訪
知られざる博物館
フレッシュレポート
イタリア自然紀行
読み物・エッセイ

 
読み物・エッセイバックナンバー 元OL料理修行記
 
15 March 2001


11.キャンティからの便り その1

大澤 祐子



photo
レストランのテラスからの素晴らしい眺め




Ciao!もう3月も半ばとは時間のたつのは早いものですね。もう少しすれば、そちらでは桜の花がちらほら開き始める頃ではないでしょうか。こちらもまだ風は冷たく感じるものの、桃や杏があちこちに薄ピンク綿あめを散らしたように咲いています。そして、春の到来と共に私も新しいレストランで働き始めました。

ここは、フィレンツェFirenzeから1時間ほどバスで南に下った葡萄とオリーブの丘の連なりが美しいトスカーナToscana州キャンティChianti地方のパンツァーノPanzanoという小さな村です。まだ引越して1週間、働き始めて3日目ですが、すでにこの村の様子はすっかり把握しました。バールが5軒,食品店(というよりは、何でも売っているよろず屋)が4軒,肉屋が2軒,八百屋が1軒,薬局が1軒,郵便局と銀行,そしてトラットリアが1軒,レストランが1軒といったところ。そして、そのレストランで私は今働いています。

レストランは、テラスからも厨房からも素晴らしいキャンティの"黄金の谷"コンカ・ドーロConca d'oro (ワイン用の葡萄と良質のオリーブオイルを生み出す畑の連なることから)が望め、雰囲気は抜群。メニューは、トスカーナ料理がベースではあるものの、シェフがナポリ出身ということで、魚料理もこだわりがあるようです。また、パスタ,デザートはもちろん、パンまでも手作りなので、学ぶことはたくさんありそうです。

こちらに来て知ったのですが、このキャンティ地方という場所は、外国人(特にアメリカ人,ドイツ人)にとって一種“憧れの地”なのだそうです。しかし、四季によって色合いを変える葡萄やオリーブの畑の中にぽつんぽつんと糸杉の立つ、なだらかな丘が連なる風景はなんとも牧歌的で、訪れる人すべての心を癒してくれ、欧米人だけでなくとも憧れる場所です。そんなキャンティの魅力に魅せられた外国人たちの中でもお金持ちは、古い農家を買い取って別荘にし一夏を過ごし、そうでない人達は点在するアグリトゥーリズモAgriturismo(宿泊施設のある農園,農場)で最低1週間のバカンスを過ごします。

私の働いているレストランも、お客さんの大半はそういった外国人らしいのですが、今のところは、まだ本格的な観光シーズンは始まっていないので、のんびりしています。これから4月になって、店内にある古い薪がまで、香草に漬け込んだ羊を焼くイースターメニューを出す頃からとっても忙しくなるそうです。さて、今後8ヶ月間のシーズン中(3月〜11月のみ営業)に、この店でどんなことが習えるか、どんなことが起こるのか、ちょっと怖いけど楽しみです。では、またお便りします。



著者プロフィール

大澤 祐子(おおさわ ゆうこ)
小田原出身。食品製造会社に勤務。98年7月よりイタリアに渡る。語学学校、料理学校を経て、グッビオGubbio,キャンティChiantiのレストランで料理修行を積む。


 




読み物・エッセイ バックナンバー 元OL料理修行記
このページのトップへHOME PAGEへ


 
http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.
reserved.