JAPANITALY Travel On-line



検索
HOME PAGE

わが町観光自慢
ワイン料理紀行
南イタリア小都市探訪
知られざる博物館

フレッシュレポート
ホテル!
グルメ!
ショッピング!
トピックス!
イベント!

イタリア自然紀行
温 泉
アグリツーリズム
スキー

読み物・エッセイ
イタリア映画の旅
クレモナの工房から
元OL料理修行記
ローマ子育て日記
スポーツ万歳
旅会話レッスン

読者参加スペース
アンケート
メールマガジン申込
私のお気に入り
とっておきの旅

イベントinジャパン
日本で楽しむイタリア
日本における
  イタリア2001


イタリアカレンダー

ア−ト・デザイン
オペラ・バレエ・
クラシック

伝統行事
スポ−ツ

旅行便利帳
旅行前の心得
為替・物価情報リンク集
交通情報リンク集 
イタリアマップリンク集
イタリア情報リンク集
 
JITRAについて
掲載記事一覧

スペシャルガイド
宿泊先
レストラン
ショップ
サービス・その他
州別観光情報
 
バックナンバー
我が町観光自慢
ワイン料理紀行
小都市探訪
知られざる博物館
フレッシュレポート
イタリア自然紀行
読み物・エッセイ

 
読み物・エッセイバックナンバー  ローマ子育て日記
 
26 October 2000

ローマ子育て日記
マルコの誕生−その2

のき しのぶ


 



ファテベーネフラテッリ病院


 
「イル・フォコラーレIl Focolare」 (暖炉)と命名されたファテベーネフラテッリFatebenefratelli病院の産院はイタリアでは珍しいルーミング・イン・システム(新生児が母親と同室すること。)を実行している。よって帝王切開の手術後まもなく、私がまだ朦朧としているにもかかわらず、マルコは透明なベビーカートに乗せられて病室に運びこまれた。

急な手術で入院用の説明を一切受けることができなかったので、看護婦をどうやって呼んでよいかも分からず、夜中にマルコが泣き出した時、自分で起きあがってマルコを抱き上げ、授乳を試みた。どこからそんな力が湧いたのか、今でも不思議でたまらない。

出産の翌朝、テヴェレ川に面した明るい二人部屋にマルコとともに連れこまれた。9時ごろ、興奮のため一睡もできなかった夫がそのほか必要なものを持って登場。[手術に立ち会っても気絶しなかったのはきっとイタリアで現在も放送中のアメリカのテレビドラマ、『ER』(緊急病棟)を見て慣らしておいたからだ、などとコメントしつつ。]

産院の室内温度はとにかく高く、夫達や訪問客は暑い、暑いといいながら、セーターやらをすぐに脱ぎ始める。「イル・フォコラーレ」(暖炉)と言う名称はまさにぴったりだなと思った。



著者プロフィール

のき しのぶ
東京都出身。イタリア在住13年。 ドキュメンタリの企画制作、リサーチ、AVID編集などを行なう。イタリア政府給費留学生として来伊、ボローニャ大学文哲学部卒業。

 








読み物・エッセイ バックナンバー ローマ子育て日記
このページのトップへHOME PAGEへ


 
http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.