JAPANITALY Travel On-line



検索
HOME PAGE

わが町観光自慢
ワイン料理紀行
南イタリア小都市探訪
知られざる博物館

フレッシュレポート
ホテル!
グルメ!
ショッピング!
トピックス!
イベント!

イタリア自然紀行
温 泉
アグリツーリズム
スキー

読み物・エッセイ
イタリア映画の旅
クレモナの工房から
元OL料理修行記
ローマ子育て日記
スポーツ万歳
旅会話レッスン

読者参加スペース
アンケート
メールマガジン申込
私のお気に入り
とっておきの旅

イベントinジャパン
日本で楽しむイタリア
日本における
  イタリア2001


イタリアカレンダー

ア−ト・デザイン
オペラ・バレエ・
クラシック

伝統行事
スポ−ツ

旅行便利帳
旅行前の心得
為替・物価情報リンク集
交通情報リンク集 
イタリアマップリンク集
イタリア情報リンク集
 
JITRAについて
掲載記事一覧

スペシャルガイド
宿泊先
レストラン
ショップ
サービス・その他
州別観光情報
 
バックナンバー
我が町観光自慢
ワイン料理紀行
小都市探訪
知られざる博物館
フレッシュレポート
イタリア自然紀行
読み物・エッセイ

 
読み物・エッセイバックナンバー イタリアスポーツ万歳
19 April 2001

7. がんばれ、イタリア人若手レーサーたち

今野 里美


photo
イタリアのスポーツ新聞各種



パスクア(復活祭)のお休みの最中4月15日(日)にはイモラImolaでサンマリノGP(グランプリ)が開催されます。フェラーリFarrari本社のあるマラネッロMaranelloに近いサーキットで行われるため、ここでもフェラーリのティフォージ(熱烈なファン)たちの派手な応援でスタンドは赤一色に染められることでしょう。

フェラーリはイタリアのシンボルといっても過言でないほどイタリア国民のハートをつかんでいますが、その実情をのぞいてみるとレーサーはドイツ人とブラジル人、ジェネラル・マネージャーはフランス人、重要なポストについているエンジニアの多くがイギリス人という構成になっており、社内のイタリア人は質より量で勝負しているような淋しい状況に立たされているように見受けられます。そこには勝つためにはナショナリズムの理想を語ってなどいられない、厳しい現実があるのかもしれません。

それでもイタリアのチーム・フェラーリが近い将来イタリア人レーサーを起用して大活躍してくれたら、フェラーリはさらにイタリア国民の大きな誇りと自信になることは間違いないはず。現在F1レーサーの中では、イタリア人の若手レーサー二人が非常にがんばっています。TVもファンも、フェラーリばかりを追いかけないでもう少しこのレーサーたちの健闘ぶりに注目してほしいものです。一人はベネトン・ルノーのジャンカルロ・フィジケッラGiancarlo Fisichella(1973年生まれ、ローマ出身)で、もう一人はジョーダン・ホンダのヤルノ・トゥルッリJarno Trulli(1974年生まれ、ペスカーラ出身)。かわいらしいマスクでもれっきとしたパパ(愛娘はカルロッタちゃん)のフィジケッラは、ベネトンですでに表彰台にあがった経験もあり、今年こそ一度は優勝を狙いたいところ。トゥルッリは今年からホンダのワークスエンジンを獲得し勢いにのっているチームで、マシンの性能に泣かされた昨年までの屈辱をはらさなければなりません。

M.シューマッハとフェラーリの契約も2002年までという噂も流れている昨今、次は絶対イタリア人レーサーを起用してほしいと思うのは私だけでしょうか?



著者プロフィール

今野 里美(こんの さとみ)
東京外国語大学イタリア語学科卒業。翻訳・通訳兼フリーライター。主な訳書に「アズーリの歴史」ケイブン社。


 



読み物・エッセイ バックナンバー イタリアスポーツ万歳
このページのトップへHOME PAGEへ


 
http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.